映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェラール・ランドリー

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1972年 まで合計5映画作品)

1972年

甘い告白

  • 1972年4月15日(土)公開
  • 出演(Lopez 役)

強盗容疑で拘留中の若者を手錠のまま結婚させるという警察の温情の陰にひそむ残酷な意図のために踏みにじられる若いカップルの愛情を、アルジェリアの港町を背景に描く。製作はクリスチーヌ・グーズ・レナル、監督は「新・七つの大罪」のエドゥアール・モリナロ、ジョルジュ・アルノーがストーリーを書き、モリナロとジャン・フランソワ・オーデュロイが脚色した。撮影は「告白」のラウール・クタール、音楽は「太陽の下の10万ドル」のジョルジュ・ドルリューが各々担当。出演は、「君に愛の月影を」のフィリップ・ノワレ、「ラスベガス強奪作戦」のロジェ・アナン、「渚の果てにこの愛を」のマルク・ポレル、「愛と死と」のカロリーヌ・セリエなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。イーストマンカラー、メトロスコープ。

監督
エドゥアール・モリナロ
出演キャスト
フィリップ・ノワレ ロジェ・アナン マルク・ポレル カロリーヌ・セリエ
1960年

逆転電撃作戦

  • 1960年6月16日(木)公開
  • 出演(Michel_Navarre 役)

第二次大戦のフランスを舞台にしたレジスタンス映画。ダン・ペパーとバート・ピカードの脚本を「成吉思汗」のジョージ・シャーマンが監督した。撮影は「やくざ特急」のバジル・エモット。音楽はミッシャ・バカライニコフ。出演は「前線目異例」のヴァン・ジョンソン、「今晩おひま?」のダニー・カレル、「大海戦史」のジャン・ピエール・オーモンのほか、ジェラール・ランドリーら。製作サム・カッツマン。

監督
ジョージ・シャーマン
出演キャスト
ヴァン・ジョンソン ダニー・カレル ジャン・ピエール・オーモン ジョン・ヴァン・ドリーンレン

海賊黒鷹

  • 1960年2月12日(金)公開
  • 出演(Riccardo 役)

「狂乱のボルジア家」のセルジオ・グリエコ監督が作った中世を舞台とする海洋冒険ドラマ。セルジオ・グリエコとアルフォンシ・ズーリイの二人が共同で脚本を執筆。撮影にあたったのはヴィンセンツォ・セラトリース。出演するのはブリジット・バルドーの妹ミジャヌー・バルドー、「空中ぶらんこ」のジェラール・ランドリー、エットレ・マンニ、アンドレ・オーレリ、ピナ・ボーティン等。フェラニアカラー・スーパーシネスコープ。

出演キャスト
ジェラール・ランドリー ミジャヌー・バルドー エットレ・マンニ アンドレ・オーレリ
1956年

空中ぶらんこ

  • 1956年8月8日(水)公開
  • 出演(Chikki 役)

華やかな色彩とスリルに富むサーカスの世界を「ヴェラクルス」「マーティ」などを発表したヘクト・ランカスタープロが英国から「文なし横丁の人々」のキャロル・リードを監督に迎え、シネマスコープの広い視野に描いた作品。ジェームズ・R・ウェッブ、潤色はライアム・オブライエン、撮影監督は「夏の嵐」のロバート・クラスカー。音楽は「地中海夫人」のマルコム・アーノルド。出演者は「バラの刺青」のバート・ランカスター、「四角いジャングル」のトニー・カーティス、「ローマの女」のジーナ・ロロブリジーダ、「アメリカの戦慄」のカティ・フラドー。

監督
キャロル・リード
出演キャスト
バート・ランカスター トニー・カーティス ジーナ・ロロブリジーダ カティ・フラード
1950年

獣人(1938)

  • 1950年7月15日(土)公開
  • 出演(Le fils Dauvergne 役)

女性を殺害したくなる発作を持つ鉄道機関士が殺人事件の犯人である人妻に恋したことから起る悲劇を描くサスペンス。監督はジャン・ルノワール。原作はエミール・ゾラ。出演はジャン・ギャバン、シモーヌ・シモンほか。

監督
ジャン・ルノワール
出演キャスト
ジャン・ギャバン シモーヌ・シモン フェルナン・ルドゥー ブランシェット・ブリュノワ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェラール・ランドリー