映画-Movie Walker > 人物を探す > タナダユキ

年代別 映画作品( 2002年 ~ 2020年 まで合計15映画作品)

2020年

ロマンスドール

  • 2020年正月公開
  • 監督、原作、脚本

タナダユキの小説を、タナダ自身が監督・脚本を手掛け映画化する大人のラブストーリー

監督
タナダユキ
出演キャスト
高橋一生 蒼井優 きたろう 渡辺えり
2016年

お父さんと伊藤さん

  • 2016年10月8日(土)公開
  • 監督

『百万円と苦虫女』など登場人物の心の機微を描くのに定評があるタナダユキ監督が、父親と娘、その同棲相手との3人による奇妙な同居生活を描くヒューマンドラマ。上野樹里とリリー・フランキーが年の離れたカップルを、そんな彼らの元に舞い込む父親を藤竜也が演じ、独特の間とユーモアあふれる会話で笑いを誘う。

監督
タナダユキ
出演キャスト
上野樹里 リリー・フランキー 長谷川朝晴 安藤聖
2015年

ロマンス

  • 2015年8月29日(土)公開
  • 監督、脚本

タナダユキ監督、大島優子主演によるユニークなロードムービー。新宿・箱根間を運行する小田急電鉄の特急電車ロマンスカーのアテンダントのヒロインが、自称映画プロデューサーの怪しい男と出会ったのをきっかけに、箱根珍道中に巻き込まれていく姿が描かれる。個性派として知られる大倉孝二が映画プロデューサー役を怪演する。

監督
タナダユキ
出演キャスト
大島優子 大倉孝二 野嵜好美 窪田正孝
2013年

四十九日のレシピ

  • 2013年11月9日(土)公開
  • 監督

テレビドラマ化もされた伊吹有喜の同名小説を『百万円と苦虫女』のタナダユキ監督が映画化したヒューマンドラマ。母親の死をきっかけに実家に戻ったヒロインが、父親と突然現れた男女とともに奇妙な同居生活を通して、母親の愛を再確認する姿をつづる。永作博美がヒロインに扮するほか、岡田将生、二階堂ふみら話題のキャストが集結。

監督
タナダユキ
出演キャスト
永作博美 石橋蓮司 岡田将生 二階堂ふみ
2012年

ふがいない僕は空を見た

  • 2012年11月17日(土)公開
  • 監督

第24回山本周五郎賞に輝いた窪美澄の同名小説を、永山絢斗&田畑智子主演で映画化。アニメの同人誌販売イベントで出会った男子高校生と、コスプレが趣味の主婦との関係を大胆な性愛描写とともに描き出す衝撃作。メガホンを握るのは、『百万円と苦虫女』で日本映画監督協会新人賞に輝くなど話題を呼んだ女流監督タナダユキ。

監督
タナダユキ
出演キャスト
永山絢斗 田畑智子 窪田正孝 小篠恵奈
2008年

俺たちに明日はないッス

  • 2008年11月22日(土)公開
  • 監督

さそうあきらの同名青春漫画を「百万円と苦虫女」のタナダユキ監督が映画化。やり場のない倦怠感を抱えている童貞少年の“性”を、コミカルかつ切なく描き出す。

監督
山崎裕 タナダユキ
出演キャスト
柄本時生 遠藤雄弥 草野イニ 安藤サクラ

百万円と苦虫女

  • 2008年7月19日(土)公開
  • 監督、脚本

テレビやCMなどでも活躍中の蒼井優主演のドラマ。「赤い文化住宅の初子」のタナダユキ監督が、若くして人生に行きづまった女の子の不思議な旅と心の成長をつむぐ。

監督
タナダユキ
出演キャスト
蒼井優 森山未來 ピエール瀧 竹財輝之助
2007年

16[jyu-roku]

  • 2007年5月26日(土)公開
  • 出演

「赤い文化住宅の初子」のスピンオフ作品として企画された、同作の主演女優、東亜優の上京物語。女優を目指す少女が、大人へと少しずつ成長していく姿を描く。

監督
奥原浩志
出演キャスト
東亜優 柄本時生 小市慢太郎 諏訪太朗

赤い文化住宅の初子

  • 2007年5月12日(土)公開
  • 監督、脚本

極貧少女のせつない青春を描いた松田洋子の同名漫画を映画化。「さくらん」の脚本を手がけたタナダユキ監督が、絶望的な日常の中の、いとしい瞬間を映し出す。

監督
タナダユキ
出演キャスト
東亜優 塩谷瞬 佐野和真 鈴木慶一

さくらん

  • 2007年2月24日(土)公開
  • 脚本

原作は、「働きマン」の安野モヨコが江戸時代の花魁をヒロインにした同名コミック。国際的フォトグラファーの蜷川実花が、せつない恋愛物語をあでやかなビジュアルで描いた。

監督
蜷川実花
出演キャスト
土屋アンナ 椎名桔平 成宮寛貴 木村佳乃
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > タナダユキ