映画-Movie Walker > 人物を探す > 松尾崇

年代別 映画作品( 2005年 ~ 2019年 まで合計27映画作品)

2019年

ホットギミック ガールミーツボーイ

相原実貴の人気コミックを乃木坂46の堀未央奈主演で映画化した青春ラブストーリー。3人の男性の間で揺れる女子高生の初恋を、『溺れるナイフ』の山戸結希監督が、みずみずしい映像で描く。ヒロインの弱みを握る同級生を清水尋也、幼なじみのイケメンを板垣瑞生、優しい兄を間宮祥太朗という若手演技派3人が演じる。

監督
山戸結希
出演キャスト
堀未央奈 清水尋也 板垣瑞生 間宮祥太朗
2018年

きみの鳥はうたえる

  • 2018年9月1日(土)公開
  • 助監督

佐藤泰志の同名小説の舞台を現代の函館に移し、「Playback」の三宅唱が映画化した青春ドラマ。書店で働く“僕”は、失業中の静雄と同居している。ふとしたきっかけで関係を持った同僚・佐知子が毎晩のようにアパートを訪れ、3人で過ごすようになる。出演は、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の柄本佑、「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」の染谷将太、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石橋静河。2018年8月25日より函館シネマアイリスにて先行公開。

監督
三宅唱
出演キャスト
柄本佑 石橋静河 染谷将太 足立智充

青夏 きみに恋した30日

  • 2018年8月1日(水)公開
  • 助監督

『先輩と彼女』などの映像化作品で知られる南波あつこの人気コミックを、NHK連続テレビ小説「わろてんか」の葵わかな主演で映画化したラブストーリー。夏休みの間、祖母が暮らす田舎へやってきた都会の女子高生・理緒が地元の高校生・吟蔵と出会い、恋に落ちる。ボーカルダンスユニット、M!LKの一員として活躍する佐野勇斗が吟蔵を演じる。

監督
古澤健
出演キャスト
葵わかな 佐野勇斗 古畑星夏 岐洲匠
2017年

海辺の生と死

  • 2017年7月29日(土)公開
  • 助監督

「死の棘」の原作者である島尾敏雄とその妻・島尾ミホの出会いの物語を「アレノ」の越川道夫監督が、満島ひかり主演で映画化。太平洋戦争末期の奄美を舞台に、島に駐屯する海軍特攻艇部隊隊長・朔と国民学校教師・大平トエが、恋に落ち結ばれるまでを映し出す。共演は「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」の永山絢斗、「帝一の國」の井之脇海、「バンコクナイツ」の川瀬陽太、「かぞくのくに」の津嘉山正種。音楽は「お盆の弟」の宇波拓。

監督
越川道夫
出演キャスト
満島ひかり 永山絢斗 井之脇海 秦瀬生良

ReLIFE リライフ

  • 2017年4月15日(土)公開
  • 助監督

マンガアプリで連載されるや人気となり、アニメや舞台にもなった夜宵草原作のSF青春ストーリーを、中川大志&平祐奈主演で実写映画化。社会復帰実験プログラム“リライフ”に参加し、再び高校生活を送る事になった27歳のニートの青年が、仲間との出会いを機に変わっていく姿が描かれる。監督は『今日、恋をはじめます』の古澤健。

監督
古澤健
出演キャスト
中川大志 平祐奈 高杉真宙 池田エライザ
2016年

太陽

  • 2016年4月23日(土)公開
  • 助監督

第19回読売演劇大賞でグランプリを受賞した前川知大による舞台劇を、神木隆之介、門脇麦らの出演で映画化したSFドラマ。バイオテロにより人類の大半が死滅してしまった近未来を舞台に、健康な肉体や高い知能を持つ一方、光に弱く夜に活動する新人類“ノクス”と彼らに虐げられる旧人類“キュリオ”の関わりが生む騒動を描く。

監督
入江悠
出演キャスト
神木隆之介 門脇麦 古川雄輝 水田航生

セーラー服と機関銃 -卒業-

  • 2016年3月5日(土)公開
  • 助監督

81年に薬師丸ひろ子主演で映画化され、社会現象となった赤川次郎原作「セーラー服と機関銃」の続編を、アイドルグループ、Rev. from DVLの橋本環奈をヒロインに迎えて映画化。普通の高校生としての生活を願いながらも、ヤクザの組長である自身の立場に悩み、成長していくヒロインの姿を描く。『夫婦フーフー日記』の前田弘二が監督を務める。

監督
前田弘二
出演キャスト
橋本環奈 長谷川博己 安藤政信 大野拓朗

シェル・コレクター

  • 2016年2月27日(土)公開
  • 助監督

ピュリッツァー賞作家の同名処女短編集の一編を「美代子阿佐ヶ谷気分」の坪田義史監督が映画化。沖縄の豊かな自然の中で貝を兎集しながら一人静かに暮らしていた盲目の貝類学者が、貝毒を用いて奇病を治したことから波乱を呼んでいく。主演はイラストレーターや小説家、また「凶悪」をはじめ俳優としても活躍するなど多彩な顔を見せるリリー・フランキー。島に流れ着いた女を「キャタピラー」で第60回ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)を獲得した寺島しのぶが、学者の息子を「ぼくたちの家族」の池松壮亮が、奇病に侵された有力者の娘を「寄生獣」シリーズの橋本愛が演じる。

監督
坪田義史
出演キャスト
リリー・フランキー 寺島しのぶ 池松壮亮 橋本愛

俳優 亀岡拓次

  • 2016年1月30日(土)公開
  • 助監督

演劇ユニット『TEAM NACS』の一員で「新宿スワン」他に出演する安田顕を主演にした、「ウルトラミラクルラブストーリー」の横浜聡子監督6年ぶりの長編。地味な生活を続ける脇役俳優が恋をしたことから、彼の人生が動き始める。パフォーマンスグループ『鉄割アルバトロスケット』を主宰する戌井昭人の同名小説を原作にしている。主人公が恋する居酒屋の若女将を「グッモーエビアン!」の麻生久美子が、大女優を「魂萌え!」の三田佳子が演じる。また山崎努、新井浩文、染谷将太、映画監督の大森立嗣が主人公を起用する監督たちとして出演している。劇場公開に先駆け、第28回東京国際映画祭アジアの未来部門で2015年10月25日、30日に上映された。

監督
横浜聡子
出演キャスト
安田顕 麻生久美子 宇野祥平 新井浩文
2015年

シネマの天使

  • 2015年11月7日(土)公開
  • 助監督

1892年に芝居小屋としてスタートし多くの名作を上映してきた広島県福山市の映画館・シネフク大黒座の閉館に向けた町の人々やスタッフらの心模様を、実話を織り交ぜ綴っていくドラマ。劇場を映像に残したいという関係者の思いから生まれた本作は取り壊し間際の大黒座で撮影され、館内の壁に観客が書き残したメッセージが収められているほか、実際の閉館セレモニーや工事の様子も映し出す。監督は数々のドキュメンタリー番組を手がけ同じく広島を舞台にした「ラジオの恋」で劇映画に進出した時川英之。出演は「ももいろそらを」の藤原令子、「テニスの王子様」の本郷奏多、「サッド ヴァケイション」の石田えりほか。2015年10月31日より広島県先行上映。

監督
時川英之
出演キャスト
藤原令子 本郷奏多 ミッキー・カーチス 石田えり
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 松尾崇