映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘンリー・クロンジェガー

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1933年 まで合計10映画作品)

1933年

空軍の覇者

  • 1933年
  • 撮影

「戦時特務機関」と同じくJ・ウォルター・ルーベンが監督したリチャード・ディックス主演映画で、「つばさ」「暁の偵察」のジョン・モンク・ソーンダースが書き下ろした物語を自ら「空中レヴュー時代」のH・W・ヘーンマンと共同して脚色したもの。助演者は「婦人に御給仕」のエリザベス・アラン、「空飛ぶ悪魔」のラルフ・ベラミー、「世界は環る」のシオドア・ニュウトン、「響け応援歌」のジョセフ・ソーアス、フランク・コンロイ、アンダースン・ローラー等で、撮影は「頓珍漢外交ゼネバ行」のエドワード・クロンジェガーの担当である。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
リチャード・ディックス エリザベス・アラン ラルフ・ベラミー セオドア・ニュートン
1929年

リンダ

  • 1929年
  • 撮影

「人類の破滅」「ブロークン・ロー」に主演したウォレス・リード夫人が監督製作した映画で、マーガレット・プレスコット・モンタギュ女史の原作をマキシーン・アルトン女史とフランク・オコナー氏とが改作、ウィルフレッド・ノイ氏が脚色した。出演者は「ラモナ(1927)」「ある男の一生」のワーナー・バクスター氏、「愛馬の巧名」「拳骨先生」のヘレン・フォスター嬢、「赤い鳩」「ボー・ジェスト(1927)」のノア・ビアリー氏等で、ミッチェル・ルイス氏、ベス・フラワース嬢が助演している。

監督
ウォレス・リード夫人
出演キャスト
ワーナー・バクスター ノア・ビアリー ヘレン・フォスター ミッチェル・ルイス
1928年

処女の危機

  • 1928年
  • 撮影

「リンダ」「新聞記者」のヘレン・フォスター嬢が主役を演じた映画で監督にはノートン・S・パーカー氏が当っている。俳優としては主演者の他にヴァージニア・ローイ嬢、トミー・カー氏、グランド・ウィザース氏、それから十数年前にその名を謳われたフローレンス・ターナー嬢等が出演している。カメラは「リンダ」のヘンリー・クロンジェガー氏が担任。

監督
ノートン・S・パーカー
出演キャスト
ヘレン・フォスター ヴァーニジア・ローイ トミー・カー グラント・ウィザース
1927年

焔の女性

  • 1927年
  • 撮影

「昨日への道」「東へ向く三つの顔」「心の歌」等出演のジェッタ・グーダル嬢の主演する映画で、ロジタ・フォーブス女史作の小説『もしも神々が笑ったならば』を村の医者」「オグレス」のビューラー・マリー・ディックス女史が脚色し、ニルス・オラフ・クリサンダー氏が監督したものである。グーダル嬢を助けて「情炎の美姫」「市俄古」のヴィクター・ヴァルコニ氏、「ウィリー・リバー」「突撃」のルイ・ナトオ氏、「言論の自由」「つばさ」のヘンリー・ピー・ウォルソール氏、ジョセフィン・クロウェル夫人、等が出演している。

監督
ニルス・オラフ・クリサンダー
出演キャスト
ジェッタ・グーダル ヴィクター・ヴァルコニ ヘンリー・B・ウォルソール ジョセフィン・クロウェル
1925年

悲恋の勇士

  • 1925年
  • 撮影

T・ハワード・ケリー氏の原作に基づいて、「歩み疲れて」「修羅の闘牛」等と同じくトム・テリス氏が監督したもので、主役は「ピンチ・ヒッター」「小さき巨人」等主演のグレン・ハンター氏が演じ、対手女優は「小さき巨人」「ニューヨークの暗黒面」等出演のエドナ・マーフィ嬢が勤め、ダグラス・ギルモア氏、コラ・ウィリアムス嬢等が助演している。

監督
トム・テリス
出演キャスト
グレン・ハンター エドナ・マーフィ ダグラス・ギルモア Gordon Begg

五十と五十

  • 1925年
  • 撮影

フランス連続映画監督として有名なアンリ・ディアマン・ベルジュー氏が渡米後最初の作品で数年前ノーマ・タルマッジ嬢がトライアングル社で主演した映画と同一の物語でアラン・ドワン氏の原作脚色になり、ディアマン・ベルジュー氏が監督したものである。「晩年の誘惑」出演のホープ・ハンプトン嬢「目醒めよ女性」「巨星燦たり」等主演のライオネル・バリモア氏の共演になるもので久しく映画界を離れていたルイズ・グローム嬢が珍しく顔を見せている。

監督
アンリ・ディアマン・ベルジュー
出演キャスト
ライオネル・バリモア ホープ・ハンプトン ルイズ・グローム J. Moy Bennett
1923年

濃霧を衝いて

  • 1923年
  • 撮影

ジャック・ベチドルト原作の小説を、ポール・ディッキーが脚色し、「逆巻く怒涛」と同じくアーヴィン・V・ウィラットが監督した。主役は「埃乃の月」「逆巻く怒涛」等主演のドロシー・ダルトンと、「嵐は去れり」「月の囁き」等出演のデイヴィッド・パウエルで、その他ヴァイタグラフの昔懐かしいモーリス・コステロや、昨年暮れ死んだマーサ・マンスフィールド等が出演する。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
ドロシー・ダルトン デイヴィッド・パウエル マーサ・マンスフィールド モーリス・コステロ

紫雲の彼方へ

  • 1923年
  • 撮影

ケンマ会社が製作し、パラマウントから発売された作品で、原作はルーサー・リードと、ヘール・ハミルトン合作の舞台劇「親愛なる私よ」“Dear Meに基づき、ルーファス・スティールが脚色し、「平民宰相」「雪の花嫁」等と同じくヘンリー・コルカーが監督した。主役は久し振りで映画界へ復帰したマッジ・ケネディーで、「本町通り」「結婚哲学」等主演のモント・ブルーと、「若きダイアナ」等出演のペドロ・デ・コルドヴァとが対手役を演じている。原名の“Dear Meとは、ヒロインが自分に宛てた手紙を書いて、自分の考えを述べるのから取ったものである。

監督
ヘンリー・コルカー
出演キャスト
マッジ・ケネディー モント・ブルー ペドロ・デ・コルドヴァ エミリー・フィッツローイ
1921年

母性の愛

  • 1921年
  • 撮影

『ユーモレスク』の原作者として斯界に令名を馳せたファニー・ハースト女史の小説「超人」 Superman を映画化したコスモポリタン社作品である。かつてメエリー・ピッグフォード嬢の為に又其他に於いて多数映画脚色を行ったフランセス・マリオン女史が脚色及び監督の掌に当たっている。「茶目小僧」「少年の心」等出演の名少年俳優ルイス・サージェント君が活躍している。フレッド・トムソン氏シグリッド・ホルムキスト嬢等我国には馴染み少ない達者な人が出ている。

監督
フランシス・マリオン
出演キャスト
マーガレット・セドン ルイス・サージェント シグリッド・ホルムキスト エディ・フィリップス

愛の燈明

  • 1921年
  • 撮影

メアリー・ピックフォード嬢のユナイテッド・アーチスツ社第3回作品で、「青春の夢(1920 Powell)」を脚色したフランセス・マリオン女史が原作及び監督をした。対手役はユ社の新連続「鷹の爪」で大活躍をするフレッド・トムソン氏で、その他エディ・フィリップス氏、アルバート・フリスコ氏等が出演する。

監督
フランシス・マリオン
出演キャスト
メアリー・ピックフォード イヴリン・デュモ フレッド・トムソン エディ・フィリップス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘンリー・クロンジェガー