映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャリル・レスペール

年代別 映画作品( 2003年 ~ 2016年 まで合計5映画作品)

2016年

ブルゴーニュで会いましょう

  • 2016年11月19日(土)公開
  • 出演

フランス・ブルゴーニュ地方で撮影し、ワイナリーを営む家族の再生を綴った人間ドラマ。ワイン評論家のチャーリーは、実家のワイナリーが倒産の危機に陥っていることを知り、急遽帰郷。頑固な父と衝突しながら、家族を守るため最高のワインを作ろうとする。監督は「ラスト・アサシン」(未)のジェローム・ル・メール。美しい自然と伝統的な建築物が織りなすブルゴーニュの風景とともに、家族の結びつきを描き出す。チャーリーを「イヴ・サンローラン」を監督したジャリル・レスペールが、不器用な父を「そして友よ、静かに死ね」のジェラール・ランヴァンが演じる。

監督
ジェロール・ル・メール
出演キャスト
ジェラール・ランヴァン ジャリル・レスペール アリス・タグリオーニ ローラ・スメット
2014年

イヴ・サンローラン

  • 2014年9月6日(土)公開
  • 監督、脚本

ファッション界に多大な足跡を残した伝説のファッションデザイナー、イヴ・サンローラン。若くしてその才能を認められ、大きな成功を手に入れた一方、彼が抱えていた知られざる孤独や苦悩をも映し出した人間ドラマ。新星ピエール・ニネがサンローランに扮し、かつての恋人に“まるで本人のよう”と言わせるほどの熱演を披露する。

監督
ジャリル・レスペール
出演キャスト
ピエール・ニネ ギョーム・ガリエンヌ シャルロット・ルボン ローラ・スメット
2013年

パリ、ただよう花

  • 2013年12月21日(土)公開
  • 出演(ジョバンニ 役)

リウ・ジエがインターネット上で発表した小説『裸』を、「スプリング・フィーバー」のロウ・イエが監督・脚本を手がけ映画化。パリと北京を舞台に、女性の“愛の問題”を描く。出演は、フランス生まれの中国人モデル兼女優のコリーヌ・ヤン、「預言者」のタハール・ラヒム。撮影は、「四川のうた」のユー・リクウァイ。

監督
ロウ・イエ
出演キャスト
コリーヌ・ヤン タハール・ラヒム ジャリル・レスペール ヴァンサン・ロティエ
2004年

巴里の恋愛協奏曲(コンチェルト)

  • 2004年12月25日(土)公開
  • 出演(Charley 役)

「恋するシャンソン」の名匠、アラン・レネによるオペレッタ映画。'20年代風のゴージャスなファッションや美術が、歌と踊りたっぷりの恋のさや当てを華やかに彩る。

監督
アラン・レネ
出演キャスト
オドレイ・トトゥ サビーヌ・アゼマ イザベル・ナンティ ピエール・アルディティ
2003年

発禁本 SADE

  • 2003年5月24日(土)公開
  • 出演(Augustin 役)

サディズムの語源にもなった、仏の作家マルキ・ド・サドを主人公にした問題作。死と背中合わせの牢獄生活を送るサドと、好奇心旺盛な伯爵令嬢とのひそかな愛をつづる。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ マリアンヌ・ドニクール ジャンヌ・バリバール グレゴワール・コラン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャリル・レスペール