映画-Movie Walker > 人物を探す > スタンリー・クラーク

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2005年 まで合計15映画作品)

2005年

イントゥ・ザ・サン

  • 2005年11月26日(土)公開
  • 音楽

東京を舞台に、スティーブン・セガール演じる伝説のCIAエージェントとヤクザの死闘を描くアクション。日本刀を用いたチャンバラや、大沢たかおら日本人俳優との共演は必見。

監督
ミンク
出演キャスト
スティーヴン・セガール マシュー・デイヴィス 大沢たかお 寺尾聰
2003年

デッドロック

  • 2003年12月20日(土)公開
  • 音楽

刑務所を舞台にした硬派なアクション。獄中の天才ボクサー2人の、対決までの過程を熱いタッチで描く。戦いを欲し続ける男たちの切望が結実した壮絶なクライマックスは圧巻!

監督
ウォルター・ヒル
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス ヴィング・レイムス ピーター・フォーク マイケル・ルーカー

アンダーカバー・ブラザー

  • 2003年8月2日(土)公開
  • 音楽

全米大ヒットを記録したおバカなアクション・コメディ。スパイ・アクションの王道的ストーリーに、数々の作品のパロディとブラック・カルチャーを詰め込んだギャグに思わず爆笑。

監督
マルコム・D・リー
出演キャスト
エディ・グリフィン クリス・カタン デニース・リチャーズ アーンジャニュー・エリス

トランスポーター

  • 2003年2月1日(土)公開
  • 音楽

鬼才リュック・ベッソンが製作・脚本を務めたクライム・アクション。思わぬ事件に巻き込まれるクールなプロの運び屋の活躍を描く。肉弾戦のダイナミックな描写は迫力満点!

監督
ルイ・レテリエ コリー・ユエン
出演キャスト
ジェイソン・ステイサム スー・チー マット・シュルツ フランソワ・ベルレアン
2000年

ロミオ・マスト・ダイ

  • 2000年5月13日(土)公開
  • 音楽

 カメラマンとして豊富な経験を持つA・バートコウィアクが監督デビュー。カンフー・アクションとヒップホップを融合した、独特のリズム感の映像世界がキレ味上々!

監督
アンジェイ・バートコウィアク
出演キャスト
ジェット・リー アリーヤ イサイア・ワシントン ラッセル・ウォン
1996年

エディー 勝利の天使

  • 1996年11月2日(土)公開
  • 音楽

ひょんなことから愛するNBA(プロ・バスケットボール)チーム、ニューヨーク・ニックスのコーチに就任した女性が、弱小チームを建て直すべく奮闘する姿を、涙と笑いも豊かに描いたスポーツ・コメディ。デンバー・ナゲッツのマーク・ジョンソン、シカゴ・ブルズのジョン・サリー、ボストン・セルティックのリック・フォックスら現役のNBAの一流プレーヤーたちが選手役を演じるほか、デニス・ロッドマン、ラリー・ジョンソンらスーパースターたちが特別出演し、彼ら現役選手49人が見せるゲームは本物の迫力。スティーヴ・ザカリアス、シェフ・ブハイ、ジョン・コノリー、デイウィッド・ルーカの原案を、彼らとエリック・チャンプネラ、キース・ミッチェルの6人で脚色。監督には「キャント・バイ・ミー・ラブ」「クイーンズ・ロジック 女の言い分・男の言い訳」のスティーヴ・ラッシュがあたった。製作はデイヴィッド・パーマットとマーク・バーグ、エグゼクティヴ・プロデューサーはザカリアス、ブハイ、ロン・ボズマン。撮影は「狼たちの午後」「ジャッカー」のヴィクター・ケンパー、美術はダン・デイヴィス、編集はリチャード・ハルシー、衣裳はモリー・マギニス。音楽は「パンサー」のスタンリー・クラークがスコアを書き、クーリオが歌う主題歌『イッツ・オール・ザ・ウエイ・ライフ』が試合のシーンを盛り上げる。主演は、実際にニックスの大ファンでもある「ムーンライト&ヴァレンチノ」のウーピー・ゴールドバーグ。共演は「カットスロート・アイランド」のフランク・ランジェラ、「ゲット・ショーティ」のデニス・ファリーナほか。

監督
スティーヴ・ラッシュ
出演キャスト
ウーピー・ゴールドバーグ フランク・ランジェラ デニス・ファリーナ リチャード・ジェンキンス

ザ・ショウ

  • 1996年3月30日(土)公開
  • 音楽

黒人カルチャーの代名詞、ラップ~ヒップホップの世界を紹介したドキュメンタリーの一編。ヒップホップの名門レーベル、デフ・ジャム・レーベルの設立10周年を記念して製作された。ラップ~ヒップホップ界を代表するアーティストが、自身や社会を取り巻く状況を熱く表明するインタビューと、迫力あるライヴ映像をとりまぜて、ラップ~ヒップホップ界を紹介するつくりとなっている。ちなみに、映画中のフィラデルフィア・コンサートは、本作のために行われたスペシャル・ギグ。監督・製作はテレビのドキュメンタリー畑出身のブライアン・ロビンス。共同製作はマイク・トーリン、ロバート・ジョンソン。エグゼクティヴ・プロデューサーはスタン・ラサン。音楽はスコアを名ベーシストでもある、「パンサー」のスタンリー・クラークが担当。出演アーティストは、出演順にスリック・リック、ザ・ノトーリアスB.I.G.、スヌープ&ザ・ドッグ・パウンド、ウータン・クラン、ランD.M.C.、ウォーレンG(以上フィラデルフィア・コンサート)、スリック・リック、ドクター・ドレー、ノーティ・バイ・ネイチャーL.L.クールJ、ショーン・“パフィ”・コームス、ドッグ・パウンド、ラッセル・シモンズほか。

監督
ブライアン・ロビンス
出演キャスト
ザ・ノトーリアスB.I.G. メソッド・マン パブリック・エネミー ノーティ・バイ・ネイチャー

パンサー

  • 1996年3月30日(土)公開
  • 音楽

60年代アメリカで、黒人が自衛のために結成した“ブラック・パンサー党”をめぐる実録ドラマ。監督は「ニュー・ジャック・シティ」のマリオ・ヴァン・ピーブルス。脚本は彼の実父で、「スウィート・スウィートバック」などの、“ブラック・ムービーの代表的存在、メルヴィン・ヴァン・ピーブルス。父子の本格的な共同作業は本作が初めてで、二人は特別出演もしている。製作は父子とプレストン・ホームズ、エグゼクティヴ・プロデューサーはエリック・フェルナー、ティム・ビーヴァン、撮影はエディ・ペイ。音楽は「ニュー・ジャック・シティ」でマリオと組んだ、「ハイヤー・ラーニング」のスタンリー・クラーク。音楽監修はラリー・ロビンソンで、ジョージ・クリントンはじめ、有名黒人アーティストが多数参加したのも話題に。美術はリチャード・フーヴァー、編集はアール・ワトソンがそれぞれ担当。出演は「勇気あるもの」のカディーム・ハーディソン、「ポケットいっぱいの涙」のタイリン・ターナー、「コンゴ」のジョー・ドン・ベイカーほか。

監督
マリオ・ヴァン・ピーブルズ
出演キャスト
カディーム・ハーディソン ボキーム・ウッドバイン ジョー・ドン・ベイカー コートニー・B・ヴァンス
1995年

ハイヤー・ラーニング

  • 1995年7月29日(土)公開
  • 音楽

名門大学に入学した3人の若者たちの姿を通してアメリカの今を浮き彫りにした社会派学園ドラマ 。監督・製作・脚本の三役を務めるのは「ボーイズ'ン・ザ・フッド」「ポエティック・ジャスティス 愛するということ」の俊英ジョン・シングルトン。撮影はピーター・リヨンズ・コリスター、名ジャズ・ベース・プレイヤーとして知られる音楽のスタンリー・クラークと編集のブルース・キャノンはシングルトンの前作「ボーイズ'ン・ザ・フッド」に続いての参加。美術は「ポエティック・ジャスティス 愛するということ」のキース・ブライアン・バーンズがあたった。またアルフレッド・ヒッチコック作品で知られる「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のソウル・バスがタイトル・デザインを担当。「マネキン2」のクリスティ・スワンソン、「メジャーリーグ2」のオマー・エップス、「トゥルー・ロマンス」のマイケル・ラパポートが3人の新入生を演じ、ローレンス・フィッシュバーンにラッパー兼俳優のアイス・キューブ(挿入曲も提供)と「愛の地獄」のジェニファー・コネリーが脇を固めている。

監督
ジョン・シングルトン
出演キャスト
オマー・エップス クリスティ・スワンソン マイケル・ラパポート アイス・キューブ

リトル・ビッグ・フィールド

  • 1995年3月25日(土)公開
  • 音楽

大リーグ史上最年少のオーナー兼監督となった少年とチームの選手たちの交流を、ユーモラスかつ感動的に描いた野球映画。グレゴリー・K・ピンカスの原案を、彼とアダム・シェイマンが脚色。「スタンド・バイ・ミー」「恋人たちの予感」などのロブ・ライナー作品で製作や脚本を担当したアンドリュー・シェインマンが初監督作に当たった。製作は「ホワイト・ファング」のマイケル・ロベル、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ア・フュー・グッドメン」のスティーヴ・ニコライデスと、「ハネムーン・イン・ベガス」の監督アンドリュー・バーグマン。撮影は「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」のドナルド・ソーリン、音楽は「ポエティック・ジャスティス 愛するということ」のスタンリー・クラーク、美術は「メジャーリーグ」のジェフリー・ハワード。主演は「マザーズボーイ 危険な再会」のルーク・エドワーズ。共演は「フィラデルフィア」のジェイソン・ロバーズ、「危険な遊び」のアシュレイ・クロウ、「クイズ・ショウ」のティモシー・バスフィールド、「ミッドナイト・ラン」のジョン・アシュトンほか。ランディ・ジョソン、ケン・グリフィー・ジュニア をはじめ現役大リーガーたちが大挙出演し、迫力あるプレイを披露。さらに日本のプロ野球で活躍したブラッド・“アニマル”・レスリーが投手役で出演している。

監督
アンドリュー・シェインマン
出演キャスト
ルーク・エドワーズ ジェイソン・ロバーズ アシュレイ・クロウ ティモシー・バスフィールド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スタンリー・クラーク