映画-Movie Walker > 人物を探す > ヒューゴー・ライゼンフェルト

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1936年 まで合計8映画作品)

1936年

ボビーの初舞台

  • 1936年公開
  • 音楽

少年テナー歌手として米国のラジオ界で人気あるボビー・ブリーンが主演する映画である。脚本は「大陸の快男児」のダン・ジャーレットとドン・スイフトが協力書卸し「水兵がんばれ」「歓呼の夜」のカート・ニューマンが監督に当たり、ハリー・ニューマンが撮影した。助演は「少年G戦線」「僕は軍人」のヘンリー・アーメッタ、「忘れじの歌」のジョージ・ヒューストン、「男子牽制」のヴィヴィエン・オスボーン、「猛獣国横断」のグラント・ウィザース、「放送豪華版」のイネズ・コートニー、「人生は四十二から」のルシエン・リツルフィード等である。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
ボビー・ブリーン ヘンリー・アーメッタ ジョージ・ヒューストン ヴィヴィエン・オスボーン
1934年

クーパーの餓鬼大将

  • 1934年公開
  • 音楽

「僕はカウボーイ」「宝島(1934)」のジャッキー・クーパーが主演する映画で、ジョージ・W・ペック作の4半世紀前の流行読み物を映画化したもので、「六百万交響楽」のバーナード・シューパートがマーガリット・ロバーツと協力して脚色し、「アフリカは笑ふ」「彼女の奥の手」のエドワード・クラインが監督に当たりフランク・B・グッドが撮影した。助演は「拳骨大売出し」「怪盗往来」のトーマス・ミーアン、「ますらを」のジャッキー・サール、「永遠に微笑む」のO・P・ヘギー、「地獄の市長」のドロシー・ピーターソン、チャールズ・エヴァンス、ガートルート・ハワード等である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ジャッキー・クーパー トーマス・ミーアン ジャッキー・サール O・P・ヘギー
1933年

声なき凱歌

  • 1933年公開
  • 音楽

原作はE・テンプル・サーストンの戯曲で、彼自ら脚色していたが、中途にして病没した。その後をサーストン夫人が夫の計画通り進めたものである。監督はモーリス・エルヴィ、撮影はシドニー・ブライス。主役は「ウィリアム・テル(1933)」「ユダヤ人ジュス」のコンラート・ファイトで、助演者は舞台人で映画初出演のペギー・アシュクロフト、「ユダヤ人ジュス」のジョーン・モード、ゴーモン映画に出演していたアン・グレイ、マリー・ネイの女優を始め舞台人のバートラム・ウォーリス、ベイシル・ギル、フランシス・L・サリヴァン等である。

監督
モーリス・エルヴィ
出演キャスト
コンラート・ファイト マリー・ネイ アン・グレイ ジョーン・モード

メキシコの嵐

  • 1933年公開
  • 音楽監修

「全線」「感傷非曲」に次いでセルゲイ・エイゼンシュティンが監督した映画で、例によって脚色と監督助手はG・アレキサンドロフ、撮影はエドゥアルド・ティッセが担当している。彼の前作と同様に台詞なしの伴奏楽と音響を付したもの。これはアメリカのプロレタリア的作家アプトン・シンクレアの後援のもとにメキシコに於いてその原住民のみを登場人物として撮影したもので、22万尺のネガを費やしたと伝えられている。編集には「女傑」のドン・ヘイスがあたり、字幕は編集監修にあたったハリー・チャンドリーが書いた。伴奏曲は「タブウ」と同じくヒューゴー・ライゼンフェルト博士が選定している。

監督
セルゲイ・エイゼンシュティン
1931年

タブウ(1931)

  • 1931年公開
  • 音楽

「サンライズ」「都会の女」のF・W・ムルナウが「モアナ」のロバート・フラハティと協力して組み立てたストーリーを基にして自ら監督、製作にあたった映画である。南太平洋ポリネシア諸島の一部がロケーション地となり、フロイド・クロスビーが撮影を担任、出演者は少数のハーフと中国人を除く他はすべてポリネシア人。ヒューゴー・ライゼンフェルト選曲による伴奏が後に録音された。ちなみにこの映画完成後、製作者ムルナウは奇禍に遭遇してカリフォルニアに物故した。ゆえにこれは彼の遺作となったわけである。

監督
F・W・ムルナウ
出演キャスト
Matahi Reri Hitu Jean
1930年

地獄の天使(1930)

  • 1930年公開
  • 音楽

ルパート・ヒューズの甥で百万長者の相続者たるハワードン・ヒューズが設立したカッド・プロダクション社で製作された映画である「尖端足化粧」「タキシー十三号」の監督者たるマーシャル・ニーランとジョーゼフ・モンキュア・マーチが共同で組み立てたストーリーから「四枚の羽根」「店曝しの天使」のハワード・エスタブルックと「ビッグ・パレード」のハリー・ベーンが脚色し、ヒューズ自身が監督に当たったもので、主なる出演者は「恋の走馬灯」「これぞ天国」のジェームズ・ホール、「青春の夢(1929)」「空中軍団」のベン・ライオン、「鉄青年」のジーン・ハーロウ、「娘乱暴記」「某重大事件」のジョン・ダーロウ、ルシアン・プリヴァル、ジェーン・ウィントン、ウィンダムン・スタンディング・エヴェリン・ホールなどでカメラは「彼女は戦にゆく」「クラック将軍」のガエタノ・ゴーディオ、「空の王者」のエルマー・ダイヤー、ハリー・ヴェリー、バートン・スティーン、ハリー・ゼッヒ、デウイー・リグレーの6人の担任。ちなみにこれはその投資額と撮影日数の長さに於いて米国記録を破れる作品として知られている。

監督
ハワード・ヒューズ
出演キャスト
ベン・ライオン ジェームズ・ホール ジーン・ハーロウ ジョン・ダーロウ

目醒めよ感激

  • 1930年公開
  • 編曲

ブロードウェイの有名なエンタテイナー、ハリー・リッチマンが主演する歌舞映画で製作者の小ジョン・W・コンシダインが自ら原作を書き、「砲煙」「征服群」のエドワード・スローマンが監督し、「紐育の囁き」「壁の中の声」のレイ・ジューンが撮影した。歌詞作曲はアーヴィング・バーリンが執筆したもの。助演者は「海の巨人(1930)」「薫る河風」のジョーン・ベネット、「ハア・マン」のジェームズ・グリースン、リリアン・タッシュマン、アイリーン・プリングル、パーネル・プラット、リチャード・タッカー等である。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ハリー・リッチマン ジョーン・ベネット ジェームズ・グリースン アイリーン・プリングル
1928年

ラッキー・ボーイ

  • 1928年公開
  • 作曲

「珍雄凱旋」で我国に紹介された舞台の人気者ジョージ・ジェッセル氏の主演する映画で、ヴァイオラ・ブラザーズ・ショーア女史の原作にヒントを得て「田舎娘」のノーマン・タウログ氏とチャールズ・シー・ウィルスン氏とが監督したものである。ジョッセル氏の相手役は「ニューヨーク」「瞳を刺す足」出演のマーガレット・クィンビー嬢であるが、そのほか「三人水兵恋行脚」のグェン・リー嬢、ウィリアム・ストラウス氏、ローザ・ロザノヴァ嬢、リチャード・タッカー氏、等も出演している。発声版の方は、パート・トーキーで、それに歌、擬音、伴奏がついている。この方ではジョッセル氏が得意の歌を聞かせるのである。

監督
ノーマン・タウログ チャールズ・C・ウィルソン
出演キャスト
ジョージ・ジェッセル ローザ・ロザノヴァ ウィリアム・ストラウス マーガレット・クィンビー
ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヒューゴー・ライゼンフェルト

ムービーウォーカー 上へ戻る