映画-Movie Walker > 人物を探す > リー・レイ

年代別 映画作品( 1933年 ~ 1937年 まで合計3映画作品)

1937年

氷上乱舞

  • 1937年当年公開
  • 出演(Singer 役)

「銀盤の女王」と同じくシドニー・ランフィールドが監督したソニア・ヘニー主演映画で「勝鬨」「四つの恋愛」のタイロン・パワーが共演する。アッチラ・オルボックの喜劇をボリス・イングスターとミルトン・スパーリングが協力脚色したもの。助演者は「愛と光」のアーサー・トリーチャー、「舗道の青春」のレイモンド・ウォルバーン、新顔のジョーン・デービス、リー・レイ等。撮影はロバート・ブランクとエドワード・クロンジェガーが共同した。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
ソニヤ・ヘニー タイロン・パワー アーサー・トリーチャー レイモンド・ウォルバーン
1936年

銀盤の女王

  • 1936年当年公開
  • 出演(Girl_in_Band 役)

フィギュア・スケートの世界選手ソーニャ・ヘニーの映画入り初主演作品で、「野性の叫び(1935)」「復活(1934)」のレオナード・プラスキンスがマーク・ケリーと協力して脚本を書卸し「バーレスクの王様」「ムーラン・ルージュ」のシドニー・ランフィールドが監督し、「ロバータ」のエドワード・クロンジェガーが撮影した。助演者は「ロイドの牛乳屋」のアドルフ・マンジュウ、「四つの恋愛」のドン・アメチ「五つ児王国」のジーン・ハーショルト、「女学生大行進」のネッド・スパークス、「バーレスクの王様」のアーリーン・シャッジ、ワッツ兄弟、ポラー・ミネヴィッチ等である。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
ソニヤ・ヘニー アドルフ・マンジュウ ジーン・ハーショルト ネッド・スパークス
1933年

坊やはお休み

  • 1933年当年公開
  • 出演(Gabrielle 役)

「今晩愛して頂戴ナ」に次ぐモーリス・シュヴァリエ主演のオペレット映画で、リオ・ホーニマーの原作を「七月の肌着」「マタ・ハリ」のベンジャミン・グレイザーが書き改め、「暴君ネロ(1932)」「今晩愛して頂戴ナ」のウォルデマー・ヤングがナナリー・ジョンソンと共同して脚色し、監督には「お化け大統領」「王様ごっこ」のノーマン・タウログが当たった。助演者は「ハア・マン」「空中大曲芸団」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、「極楽特急」「犯罪都市(1931)」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「競馬天国」「謎の真空管」のエイドリアン・エイムス、特に選ばれたベビィ・レロイ、を始め、アール・フォックス、リー・レイ、ベティー・ロレイン、ガートルード・マイケル等で、キャメラは「地下の雷鳴」「恋を食べる女」のチャールズ・ラングの担任。なお作詞は「君とひととき」「ラジオは笑う」のラルフ・レインジャーがそれぞれ受け持った。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
モーリス・シュヴァリエ ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ エドワード・エヴァレット・ホートン エイドリアン・エイムス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リー・レイ