映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァレリオ・マスタンドレア

年代別 映画作品( 2002年 ~ 2019年 まで合計10映画作品)

2019年

ザ・プレイス 運命の交差点

米国ドラマ『The Booth ~欲望を喰う男』を原作に「おとなの事情」のパオロ・ジェノヴェーゼが監督したサスペンス。カフェ“ザ・プレイス”にいつもいる謎の男の元に、9人の相談者が訪ねてくる。彼らは願いを叶えるために、無理難題を命じられる。出演は、「おとなの事情」のヴァレリオ・マスタンドレア、「神様の思し召し」のマルコ・ジャリーニ、「夏をゆく人々」のアルバ・ロルヴァケル、「グレート・ビューティー 追憶のローマ」のサブリーナ・フェリッリ。2018年イタリア・アカデミー賞7部門ノミネート、第12回ローマ国際映画祭クロージング作品。

監督
パオロ・ジェノヴェーゼ
出演キャスト
ヴァレリオ・マスタンドレア サブリーナ・フェリッリ ジュリア・ラッツァリーニ アルバ・ロルヴァケル
2018年

あのバスを止めろ

  • 2018年7月7日(土)公開
  • 出演

「愛の勝利を ムッソリーニを愛した女」のジョヴァンナ・メッツォジョルノと「甘き人生」のヴァレリオ・マスタンドレア共演によるサスペンス。借金の返済を迫られている気弱な深夜バスの運転手フランツ。ある日、彼のバスに裸足の美女レイラが乗り込んでくる。イタリア・ナポリ出身のダヴィデ・マレンゴ監督による長編劇映画デビュー作。撮影を「母よ、」のアルナルド・カティナーリが務める。2018年6月23日より開催される特集企画『Viva!イタリア vol.4』にて上映。

監督
ダヴィデ・マレンゴ
出演キャスト
ジョヴァンナ・メッツォジョルノ ヴァレリオ・マスタンドレア エンニオ・ファンタスティキーニ フランチェスコ・パンノフィーノ
2017年

甘き人生

  • 2017年7月15日(土)公開
  • 出演(マッシモ 役)

第69回カンヌ国際映画祭監督週間のオープニングを飾ったマルコ・ベロッキオ監督のヒューマンドラマ。9歳の少年マッシモの母親がある日突然いなくなる。数十年後、ジャーナリストになった彼は心を閉ざして生きていたが、女医エリーザと運命的に出会い……。出演は、「おとなの事情」のヴァレリオ・マスタンドレア、「アーティスト」のベレニス・ベジョ。原作は、ジャーナリストのマッシモ・グラメリーニによる自伝小説。

監督
マルコ・ベロッキオ
出演キャスト
ヴァレリオ・マスタンドレア ベレニス・ベジョ バルバラ・ロンキ グイド・カプリーノ

おとなの事情

  • 2017年3月18日(土)公開
  • 出演(レレ 役)

イタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞を受賞したコメディ。7人の友人夫婦が集まった食事会。参加者の一人、エヴァの提案で、かかってきた電話やメッセージをオープンにすることに。女性陣に詰め寄られ男性陣も渋々応じ、テーブルに7台のスマホが出揃う。アメリカ・トライベッカ国際映画祭脚本賞、ノルウェー国際映画祭観客賞受賞。出演は、「ある海辺の詩人 小さなヴェニスで」のジュゼッペ・バッティストン、「ハングリー・ハーツ」のアルバ・ロルヴァケル、「天使が消えた街」のヴァレリオ・マスタンドレア、「カプチーノはお熱いうちに」のカシア・スムトゥニアク。

監督
パオロ・ジェノベーゼ
出演キャスト
ジュゼッペ・バッティストン アルバ・ロルヴァケル ヴァレリオ・マスタンドレア アンナ・フォッリエッタ
2015年

ローマに消えた男

  • 2015年11月14日(土)公開
  • 出演(アンドレア 役)

「グレート・ビューティー 追憶のローマ」のトニ・セルヴィッロが一人二役を演じる政治ドラマ。突然失踪した政治家の替え玉となった男が、たちまちメディアや大衆を魅了していく。監督・脚本・原作は「そして、デブノーの森へ」のロベルト・アンドー。共演は「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」のヴァレリオ・マスタンドレア、ミケーラ・チェスコン、「華麗なるアリバイ」のヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、「イル・ポスティーノ」のアンナ・ボナイウート。イタリア映画祭2014にて「自由に乾杯」のタイトルで上映。

監督
ロベルト・アンドー
出演キャスト
トニ・セルヴィッロ ヴァレリオ・マスタンドレア ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ ミケーラ・チェスコン

天使が消えた街

  • 2015年9月5日(土)公開
  • 出演(エドゥアルド 役)

イタリアで実際に起きた英国人女子留学生殺害事件を「いとしきエブリデイ」のマイケル・ウィンターボトム監督が映画化。狂騒的なメディアの報道合戦の中、事件の闇に切り込む映画監督の姿を描く。出演は「ラッシュ プライドと友情」のダニエル・ブリュール、「アンダーワールド」シリーズのケイト・ベッキンセイル、「アンナ・カレーニナ」のカーラ・デルヴィーニュ、「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」のヴァレリオ・マスタンドレア。

監督
マイケル・ウィンターボトム
出演キャスト
ダニエル・ブリュール ケイト・ベッキンセイル ヴァレリオ・マスタンドレア カーラ・デルヴィーニュ
2014年

幸せのバランス

  • 2014年6月14日(土)公開
  • 出演(ジュリオ 役)

一つの過ちをきっかけに、順風満帆な人生が崩壊していく一人の男とその家族の姿を描くヒューマンドラマ。監督は、『V・マックス』など俳優としても活躍するイヴァーノ・デ・マッテオ。出演は「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」のヴァレリオ・マスタンドレア、「ココ・シャネル」のバルボラ・ボブローヴァ。

監督
イヴァーノ・デ・マッテオ
出演キャスト
ヴァレリオ・マスタンドレア バルボラ・ボブローバ マウリツィオ・カサグランデ ローランド・ラヴェッロ
2013年

フォンターナ広場 イタリアの陰謀

  • 2013年12月21日(土)公開
  • 出演(ルイージ 役)

「ペッピーノの百歩」「輝ける青春」が高い評価を受け、「13歳の夏に僕は生まれた」が第58回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品されるなど、イタリアを代表する監督であるマルコ・トゥリオ・ジョルダーナが手がけるサスペンス。1969年に実際に起き現在もなお未解決のままになっているフォンターナ広場爆破事件の謎に迫る。「スズメバチ」のヴァレリオ・マスタンドレア、「炎の戦線 エル・アラメイン」のピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、「13歳の夏に僕は生まれた」のミケーラ・チェスコン、「昼下がり、ローマの恋」のラウラ・キアッティらが出演。東京および大阪で開催されたイタリア映画祭2013でも上映された。

監督
マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
出演キャスト
ヴァレリオ・マスタンドレア ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ ミケーラ・チェスコン ラウラ・キアッティ
2002年

スズメバチ

  • 2002年10月26日(土)公開
  • 出演(Giovanni 役)

フランスからやってきたイキのよい犯罪アクション。マフィアの猛攻にあった警察や強盗団のサバイバルを描く。爆音と弾丸が交錯する、すさまじい銃撃戦は迫力満点!

監督
フローラン・エミリオ・シリ
出演キャスト
ナディア・ファレス ブノワ・マジメル サミー・ナセリ パスカル・グレゴリー

明日、陽はふたたび

  • 2002年9月21日(土)公開
  • 出演(Giovanni Moccia 役)

97年、イタリアのアッシジで起きた大地震をもとにした感動の人間ドラマ。非常事態のもとで懸命に生きる被災者たちの、明るく前向きな姿をつづる心温まる珠玉作だ。

監督
フランチェスカ・アルキブジ
出演キャスト
マルコ・バリアーニ オルネラ・ムーティ ヴァレリオ・マスタンドレア イラリア・オッキーニ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァレリオ・マスタンドレア