映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ハブシュミット

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1971年 まで合計10映画作品)

1971年

恋のマノン

  • 1971年11月13日(土)公開
  • 出演(Simon 役)

アベ・プレポーの原作『マノン・レスコオ』の映画化。この原作の映画化は、アンリ・ジョルジュ・クルーソー監督の「情婦マノン」についで二度目である。監督は「スタンダールの恋愛論」のジャン・オーレル、脚本はセシル・サン・ローランとジャン・オーレルの共同、撮影はエドモン・リシャール、衣装はパリのデザイナー、ウンガロが各々担当。出演は「昼顔」「幸せはパリで」のカトリーヌ・ドヌーヴ、サミー・フレー、ジャン・クロード・ブリアリ、エルザ・マルティネッリ、ロバート・ウェバー、ポール・ハブシュミットなど。

監督
ジャン・オーレル
出演キャスト
カトリーヌ・ドヌーヴ サミー・フレー ジャン・クロード・ブリアリ エルザ・マルティネッリ
1968年

魚雷特急

  • 1968年9月7日(土)公開
  • 出演(Frederich 役)

サイ・バートレットのストーリーを、エドワード・アンハルトが脚色し、「蜃気楼」などで知られるプロデューサーのハリー・ケラーが製作・監督した戦争スペクタクル。撮影は「野良犬の罠」のロイヤル・グリグス、音楽はウィリアム・ラヴァが担当した。出演は「空から赤いバラ」のアンソニー・フランシオサ、「夜の誘惑」のアンジャネット・カマーとガイ・ストックウェル、「パーマーの危機脱出」のポール・ハブシュミットほか。

監督
ハリー・ケラー
出演キャスト
アンソニー・フランシオーサ アンジャネット・カマー ガイ・ストックウェル ポール・ハブシュミット

プレイガール白書 甘い戯れ

  • 1968年3月12日(火)公開
  • 出演(Joachim Steigenwald 役)

「ベルリンからの脱走列車」のウィル・トレンパーが脚本・監督・製作を担当したドイツのプレイガールの実態を描いた作品。撮影はウルフガング・リールセとべンノ・バレンバウム、音楽は「FBIハリケーン大作戦」のピーター・トーマスが担当した。出演は「パーマー危機脱出」のエヴァ・レンツィ、「アマゾンの決闘」のハラルト・ライプニッツ、「パーマー危機脱出」のポール・ハブシュミット、「マドモアゼル」のウンベルト・オルシーニほか。

監督
ウィル・トレンパー
出演キャスト
エヴァ・レンツィ ハラルト・ライプニッツ ポール・ハブシュミット ウンベルト・オルシーニ

パーマーの危機脱出

  • 1968年2月10日(土)公開
  • 出演(Johnny_Vulkan 役)

レン・デイトンの小説をエヴァン・ジョーンズが脚色、「007/ゴールドフィンガー」のガイ・ハミルトンが監督したスパイ・アクション。撮影は「国際諜報局」のオットー・ヘラー、音楽はコンラッド・エルファースが担当した。出演は「泥棒貴族」のマイケル・ケイン、ポール・ハブシュミット、「国際諜報局」のガイ・ドールマン、「戦争と平和」のオスカー・ホモルカ、新星エバ・レンツィほか。総指揮はクリフォード・パークス、製作はチャールズ・カシャー。

監督
ガイ・ハミルトン
出演キャスト
マイケル・ケイン エヴァ・レンツィ ポール・ハブシュミット オスカー・ホモルカ
1967年

エヴァの恋人

  • 1967年10月29日(日)公開
  • 出演(Franchesco 役)

「シエラザード」の監督ピエール・ガスパール・ユイの脚本を、彼自身とウィル・ベルトルが潤色、ピエール・ガスパール・ユイが監督した。撮影はベルネル・レンツ、音楽はジャック・ルーシェが担当。出演は「太陽のサレーヌ」のミレーユ・ダルク、「女は夜の匂い」のジャック・シャリエ、「パリは燃えているか」のダニエル・ジェラン、ポール・ハブシュミットほか。製作はハンス・オッペンハイマー。

監督
ピエール・ガスパール・ユイ
出演キャスト
ミレーユ・ダルク ジャック・シャリエ ダニエル・ジェラン ペーター・ファン・アイク

アッパーセブン 神出鬼没

  • 1967年9月16日(土)公開
  • 出演(Paul 役)

マリア・ピア・ロッコの脚本から、「荒野の10万ドル」のアルベルト・デ・マルティーノが監督したスパイ・アクション。撮影はマリオ・フィオレッティ、音楽は「荒野の10万ドル」のブルーノ・ニコライが担当している。出演者には、「パーマーの危機脱出」のポール・ハブシュミット、「007は二度死ぬ」のカリン・ドール、ほかにヴィヴィ・バッハ、ナンド・ガッツォーロ、グイド・ロロブリジーダなど。製作はエモ・ビストルフィ。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
アルベルト・デ・マルティーノ
出演キャスト
ポール・ハブシュミット ナンド・ガッツォーロ カリン・ドール グイド・ロロブリジーダ
1965年

恍惚(1965)

  • 1965年当年公開
  • 出演(Anderson 役)

ピーター・バーネイズのオリジナル・シナリオを、彼とジョン・アルビンが共同で監督した女性のセックスをめぐる悲劇。撮影はクラウス・フォン・ラウテンフェルト、音楽はハーマン・シームが担当した。出演は「死刑台への招待」のイングリッド・チューリン、「007/サンダーボール作戦」のクローディーヌ・オージェほか。製作は監督のジョン・アルビン。

監督
ジョン・アルビン ピーター・バーネイズ
出演キャスト
イングリッド・チューリン ポール・ハブシュミット ニコス・コルコロス クローディーヌ・オージェ

女と男のある限り

  • 1965年3月6日(土)公開
  • 出演(Diplomat 役)

ヘルベルト・ライネッカーの脚本を「アフリカの星」のアルフレッド・ワイデンマンが監督した恋愛映画。撮影はゲオルク・ブルックバウエル、音楽はチャーリー・ニーセンが担当した。出演は「モンパルナスの灯」のリリー・パルマー、「三文オペラ」のヒルデガード・クネフ、「青い波紋」のダリア・ラヴィ、「危険な関係」のアレクサンドラ・スチュワルト、「あしやからの飛行」のダニエル・ゴーベールなど。

監督
アルフレッド・ワイデンマン
出演キャスト
リリー・パルマー ヒルデガード・クネフ ダリア・ラヴィ アレクサンドラ・スチュワルト
1959年

大いなる神秘 王城の掟

  • 1959年11月14日(土)公開
  • 出演(Harald Berger 役)

インドの秘境に展開するアクション・ドラマ。ヴェルナー・イョルグ・リュデッケの脚本を「口紅殺人事件」のフリッツ・ラングが監督。撮影をリヒャルト・アングスト、音楽をミシェル・ミシェレが担当している。出演は「十戒」のデブラ・パジェット、「鮫と小魚」のポール・ハブシュミット、他にクラウス・ホルム、ザビーネ・ベートマン、ワルター・レヤー、インキジノフ等。製作エベルハルト・マイクマー。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
デブラ・パジェット ポール・ハブシュミット クラウス・ホルム ザビーネ・ベートマン

大いなる神秘 情炎の砂漠

  • 1959年11月14日(土)公開
  • 出演(Harald Berger 役)

音楽担当のゲルハルト・ベッカーを除いて、スタッフ、キャストとも全部「王城の掟」と同じ。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
デブラ・パジェット ポール・ハブシュミット クラウス・ホルム ザビーネ・ベートマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ハブシュミット