TOP > 映画監督・俳優を探す > ビアフラ

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2011年 まで合計6映画作品)

2011年

トレンテ4

  • 2011年9月18日(日)
  • プロダクションデザイン

ドジで間抜けな元警官が刑務所で繰り広げる騒動を描くコメディ。スペインで1998年の第1作以降大ヒットを続けている人気コメディシリーズ第4弾。監督・脚本・製作・主演は「どつかれてアンダルシア(仮)」のサンティアゴ・セグラ。2011年9月15日より、東京・新宿バルト9にて開催された「第8回 ラテンビート映画祭」にて上映。

監督
サンティアゴ・セグラ
出演キャスト
サンティアゴ・セグラ キコ・リヴェラ カニータ・ブラヴァ
2005年

マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾

  • 2005年10月15日(土)
  • 美術

マカロニ・ウエスタンへオマージュを捧げた痛快活劇。過去に葬られようとする元スタントマンたちが、村の買収を阻止すべく闘う姿を哀感たっぷりに活写する。

監督
アレックス・デ・ラ・イグレシア
出演キャスト
サンチョ・グラシア アンヘル・デ・アンドレス・ロベス カルメン・マウラ エウセビオ・ポンセーラ
2002年

クィーン&ウォリアー

  • 2002年5月11日(土)
  • 美術

スペイン映画界の新星ダニエル・モンソン監督のデビュー作。現実と虚構が交錯する奇妙な世界で、死の呪いをかけられた主人公の孤独な闘いを、創造力豊かに描き出す。

監督
出演キャスト
フェルナンド・ラマリョ ネウス・アセンシ ジョエル・ジュアン サンティアゴ・セグラ

みんなのしあわせ

  • 2002年1月12日(土)
  • 美術

アパートで発見された大金を巡り、不動産セールスの女性と住人たちの死闘が展開。むき出しの欲望が激突する壮絶なバトルのなかに、突拍子もない笑いの見せ場が!

監督
アレックス・デ・ラ・イグレシア
出演キャスト
カルメン・マウラ エドュアルド・アントゥニャ マリア・アスケリノ エミリオ・グティエレス・カバ
2001年

どつかれてアンダルシア(仮)

  • 2001年3月31日(土)
  • 美術

ドツキ漫才を売りにした漫才コンビがたどる、破滅的な運命を描くコメディ。ネタが暴力的になるほど憎しみも強くなる迷コンビぶりの描写は、ブラックユーモア満点!

監督
アレックス・デ・ラ・イグレシア
出演キャスト
サンティアゴ・セグラ エル・グラン・ワイオミング アレックス・アングロ カルラ・ヒラルゴ
1995年

ビースト 獣の日

  • 1995年
  • 美術

神父、超心理学者でテレビの人気者、デス・メタルの愛好家という三人の奇妙な中年男が、悪魔による世界殲滅の野望を打ち砕くまでを描いたSFホラー・アクション・コメディ。「ハイル・ミュタンテ! 電撃××作戦」で気を吐いた新鋭アレックス・デ・ラ・イグレシア監督の第二作目。脚本(イグレシアとの共同)は監督の前作も手掛けたホルヘ・ゲリカエチェバーリア、美術にやはり監督の前作も担当したホセ・ルイス・アリサバラガとビアフラのコンビ。製作はアルモドヴァル、サウラ、ビガス・ルナなどスペイン映画界の名匠の作品を多数プロデュースしてきた重鎮アンドレ・ビセンテ・ゴメス。撮影に「赤いドレスの女」のフラビオ・メデネス・ラビアーノ、音楽にバティッサ・レナ。出演はアレックス・アングロ、「浴室」のアルマンド・デ・ラッツァ、「あなたに逢いたくて」のサンティアゴ・セグーラなど個性派が勢ぞろい。

監督
アレックス・デ・ラ・イグレシア
出演キャスト
ティボール・ド・モンタレンベール ロッシュ・レボヴィッチ マリアンヌ・ドニクール ベルナンド・バレット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ビアフラ

ムービーウォーカー 上へ戻る