映画-Movie Walker > 人物を探す > ドロレス・デル・リオ

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1989年 まで合計27映画作品)

1989年

恐怖への旅

  • 1989年1月21日(土)公開
  • 出演(Josette 役)

第2次大戦下のトルコを舞台に、武器援助に関する秘密を持つ男が巻き込まれる陰謀を描くサスペンス。エリック・アンブラーの同名小説の映画化で、製作はオーソン・ウェルズ、監督はノーマン・フォスター、脚本・主演はジョセフ・コットンとウェルズ、撮影はカール・ストラッス、音楽はロイ・ウェッブが担当。

監督
ノーマン・フォスター
出演キャスト
ジョゼフ・コットン ドロレス・デル・リオ ルース・ウォリック オーソン・ウェルズ
1988年

舞台裏の戦慄

  • 1988年当年公開
  • 出演(Gaby Seymour 役)

「紳士渡世」「勝利の朝」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアと「潜水艦SOS」「カリアンテ」のドロレス・デル・リオが主演する映画で、「紳士渡世」同様ソーントン・フリーランドが監督したもの。脚色は「勝利の朝」「街のをんな」のゾー・エイキンスが「泰西侠盗傳」のジョージ・バロードと協力して書いた。助演者はイギリス劇壇の女優フローレンス・デスモンド、「紳士渡世」のベイジル・シドニー、セシル・ハンフリー、エスメ・パーシー、ローランド・カルヴァ其の他でキャメラはヴィクター・アーミニーズが担当した。

監督
ソーントン・フリーランド
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア ドロレス・デル・リオ フローレンス・デスモンド ベイジル・シドニー
1968年

イタリア式奇蹟

  • 1968年4月12日(金)公開
  • 出演(Princess Mother 役)

「欲望」のトニーノ・グェラの原作を、彼自身とフランチェスコ・ロージ、ラファエレ・ラ・カプリア、ペッピノ・パトローニ・グリッフィの四人が脚色し、「真実の瞬間」のフランチェスコ・ロージが監督した。撮影はパスカリーノ・デ・サンティス、音楽はピエロ・ピッチオーニが担当した。出演は「伯爵夫人」のソフィア・ローレン、「将軍たちの夜」のオマー・シャリフ、ほかにドロレス・デル・リオ、ジョルジュ・ウィルソンなど。製作はカルロ・ポンティ。

監督
フランチェスコ・ロージ
出演キャスト
ソフィア・ローレン オマー・シャリフ ドロレス・デル・リオ ジョルジュ・ウィルソン
1964年

シャイアン

  • 1964年12月19日(土)公開
  • 出演(Spanish_Woman 役)

マリ・サンドスの同名小説をジェームズ・R・ウェッブが脚色、「リバティ・バランスを射った男」のジョン・フォードが演出した西部劇。撮影はウィリアム・H・クローシア、音楽はアレックス・ノースが担当した。出演は「西部開拓史」のジェームズ・スチュアート、同じくキャロル・ベイカー、「7人の愚連隊」のエドワード・G・ロビンソン、「誰が私を殺したか?」のカール・マルデン、「アラビアのロレンス」のアーサー・ケネディ、「栄光への脱出」のサル・ミネオ、「長い船団」のリチャード・ウィドマーク、「ビッグ・サーカス」のギルバート・ローランドなど。製作はバーナード・スミス。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
リチャード・ウィドマーク キャロル・ベイカー カール・マルデン サル・ミネオ
1962年

逃亡者(1947・アメリカ)

  • 1962年2月23日(金)公開
  • 出演(A_Native_Girl 役)

ジョン・フォードがメリアン・C・クーパーと創立したアーゴシー・プロの第1作でグレアム・グリーンの小説「迷路のような道」の映画化である。脚色は「駅馬車(1939)」その他多くのフォード作品を手がけているダドリー・ニコルズが担当し、フォードが監督した。撮影はメキシコの名手ガブリエル・フィゲロア、音楽はリチャード・ヘイゲマンが担当している。出演はヘンリー・フォンダ、ペドロ・アルメンダリス、ドロレス・デル・リオ、ワード・ボンド、J・キャロル・ナイシュなど。製作はフォード、クーパーのほかにエミリオ・フェルナンデスが協力している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ヘンリー・フォンダ ドロレス・デル・リオ ペドロ・アルメンダリス J・キャロル・ナイシュ
1961年

燃える平原児

  • 1961年4月15日(土)公開
  • 出演(Neddy_Burton 役)

白人とインディアンの血を受けたハーフを主人公とする西部劇。クレア・ハフェイカーの小説「燃える槍」をナナリー・ジョンソンとハフェイカー自身が脚色。監督にあたったのは「暴力の季節」のドン・シーゲル。撮影をチャールズ・G・クラークが受けもった。音楽担当はシリル・J・モックリッジ。出演するのはドラマティック・ロールを演じる「G・I・ブルース」のエルヴィス・プレスリー、TV出身の新人バーバラ・イーデン、ジョン・マッキンタイア、ドロレス・デル・リオ、スティーヴ・フォレスト、カール・スゥエンソンなど。製作デイヴィッド・ウィスパート。

監督
ドン・シーゲル
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー バーバラ・イーデン スティーヴ・フォレスト ドロレス・デル・リオ
1959年

サン・ブラスの動乱 大砂塵の女

  • 1959年12月2日(水)公開
  • 出演(Chabela 役)

メキシコ革命に活躍した女闘士ラ・クカラチャを描いたドラマ。イスマエル・ロドリゲス、ホセ・ブラニョス・ブラドと、ホセ・ルイス・セリスの共同脚本をイスマエル・ロドリゲスが監督。撮影は「激怒」のガブリエル・フィゲロア、音楽をラウル・ラヴィスタが担当。出演は「悪の決算」のマリア・フェリクス、「激怒」のペドロ・アルメンダリス、「雷雲」の監督エミリオ・フェルナンデス、ドロレス・デル・リオ、アントニオ・アギラ等。製作イスマエル・ロドリゲス。

監督
イスマエル・ロドリゲス
出演キャスト
マリア・フェリクス ドロレス・デル・リオ エミリオ・フェルナンデス ペドロ・アルメンダリス
1958年

ダコタから来た男

  • 1958年12月25日(木)公開
  • 出演

南北戦争で南軍の刑務所から逃亡した2人の北軍兵士を描く西部劇。短縮版。オリジナルは74分。監督はレスリー・フェントン、製作はエドワード・コドロウ、原作はマキンレー・カンター、脚本はローレンス・スターリングス、音楽はデイヴィッド・スネル、ダニエル・アンフィシアトロフ、編集はコンラッド・A・ナーヴィグが担当。出演はウォーレス・ビアリー、ドロレス・デル・リオ、ジョン・ハワードほか。

監督
レスリー・フェントン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ドロレス・デル・リオ ジョン・ハワード
1950年

運命の女(1944)

  • 1950年10月31日(火)公開
  • 出演(Margarita 役)

「真珠」のエミリオ・フェルナンデスが自ら原作を書き監督した映画で、彼は脚色と台詞にもマウリシオ・マグダレーノと協力している。撮影も「真珠」と同じくガブリエル・フィゲロアである。主演は多年アメリカ映画のスターであり、近くはジョン・フォードの「逃亡者」に主演したドロレス・デル・リオが故国に帰っての出演で、相手役は「真珠」のペドロ・アルメンダリスが勤める。主なる助演者は「真珠」「黄金」のアルフオンゾ・ベドイヤ、「真珠」のチャールズ・ルーナーとアルチェロ・ソト・ランゲル等である。

監督
エミリオ・フェルナンデス
出演キャスト
ドロレス・デル・リオ ペドロ・アルメンダリス ヴィクトル・ユンコ アルフォンソ・ベドーヤ
1937年

潜水艦SOS

  • 1937年当年公開
  • 出演(Carmen 役)

「悪魔の空襲」「アリゾニアン」のリチャード・ディックス、「ワンダー・バー」「カリアンテ」のドロレス・デル・リオ及び「舗道の青春」「男性No.1」のチェスター・モリス、が主演する映画で、「悪魔の空襲」「無法地獄」のアール・C・ケントンが監督に当たった。脚本はライアム・オフラーティー、ジェローム・チョドロフ、ダルトン・トランボが協力執筆したもの。助演者は「悪魔の空襲」のジョージ・マッケイ、「黄金の雨」のジョン・ガローデッド、「何が彼をそうさせたか」のピエール・ワトキンス、「嵐の戦捷旗」のワード・ボンド、「虎鮫島脱獄」のフランシス・マクドナルドその他である。カメラは「クレイグの妻」「罪と罰」のルシエン・バラードが担当した。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
リチャード・ディックス ドロレス・デル・リオ チェスター・モリス ジョージ・マッケイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドロレス・デル・リオ