映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・カール

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1932年 まで合計27映画作品)

1932年

限りなき旅

  • 1932年当年公開
  • 撮影

「巨星ジーグフェルド」「逢瀬いま一度」のウィリアム・パウエルと「白衣の天使」「母の素顔」のケイ・フランシスが主演する映画で、ロバート・ロードが原作を書き卸し、「餓ゆるアメリカ」「笑う巨人」の脚色に参興したウィルソン・ミズナーがジョセフ・ジャクソンと協力脚色し、「モダン騎士道」「支那海」のテイ・ガーネットが監督に当たり、「宝石泥棒」「拳闘のキャグネー」のロバート・カールが撮影した。助演者は「弾丸か投票か」「頑張れキャグニー」のフランク・マクヒュー、「情無用ッ」のウォーレン・ハイマー、「噫初恋」のアリーン・マクマホン、「二国旗の下に」のハーバート・マンディン、その他である。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ケイ・フランシス フランク・マクヒュー ウォーレン・ハイマー

拳闘のキャグネー

  • 1932年当年公開
  • 撮影

「群集の喚呼」に次ぐジェームル・キャグネー主演映画で、監督は「腕の男」「タクシー」等キャグネー映画をものしているロイ・デル・ルースが当たった。ジェラルド・ポーモンが書卸したストーリーをウィルソン・ミズナーと「男子入用」「支配する声」のロバート・ロードが脚色している。カメラは「シンガポール航路」「夜の大統領」のロバート・カール。助演者は「ほほえみの街」「狼火」主演のマリアン・ニクソンを始め、「母」「ブロンド・ビィナス」のディッキー・ムーア、「ルンペン紳士」「群集の喚呼」のガイ・キッビー、「空の花嫁」のヴァージニア・プルース、「腕白大将」のクラレンス・ミューズ等である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー マリアン・ニクソン ガイ・キッビー クラレンス・ミューズ

恋せざる大盗

  • 1932年当年公開
  • 撮影

「シンガポール航路」のウィリアム・パウエルと「男子入用」「街のをんな」のケイ・フランシスが共演する映画で原作はラディスラス・フォドールの筆になるもの、それをアーウィン・ケルセイが脚色し、「男子入用」「最後の偵察」のウィリアム・ディーターレが監督した。助演者の顔ぶれは「摩天楼の悲劇」「狂へる銀翼」のハーディー・オルプライト、ヘレン・ヴィンソン、アラン・モーブレイ、アンドレ・リュゲ、ヘンリー・コルカー、スペンサー・チャータース、リー・コールマー、ロバート・クレイダ、アイヴァン・リノウ、チャールズ・コールマン等々、カメラは「シンガポール航路」「氷原の彼方」のロバート・カールが担当している。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ケイ・フランシス ヘレン・ヴィンソン アラン・モウブレイ
1931年

禁断の華

  • 1931年当年公開
  • 撮影

「壁の中の声」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、エディス・フィッツジェラルド及びロバート・E・ホプキンス両人の合作になるストーリーから「激流恋をのせて」「ハリウッド盛衰記」のハーヴェイ・シュウが脚色し「悪魔スヴェンガリ」「地獄の一丁目」のアーチー・L・メイヨがメガフォンをとり、「海の巨人(1930)」「氷原の彼方」のロバート・カールが撮影を担任した。助演者は「狼火」のジェームズ・レニー、「近代エロ双紙」のジョーン・ブロンデル、チャールズ・バターウォーズ、「マルタの鷹(1931)」のリカルド・コルテス、ナタリー・ムーアヘッド等々。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ジェームズ・レニー チャールズ・バターウォース ジョーン・ブロンデル

シンガポール航路

  • 1931年当年公開
  • 撮影

「街の紳士」「唇の罪」のウィリアム・パウエルがワーナー入社第1回の主演映画でローランド・パートウィーの原作と「悪魔スヴェンガリ」「海の巨人(1930)」のグラッブ・アレキサンダーが脚色し、「緑の女神」「夜の大統領」のアルフレッド・E・グリーンが監督したものである。助演者は「美しき山賊」のドリス・ケニヨン、「悪魔スヴェンガリ」のマリアン・マーシュ、ルイス・カルハーン、アリソン・スキップワース等で撮影者は「夜の大統領」「氷原の彼方」のロバート・カールである。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ドリス・ケニヨン マリアン・マーシュ ルイス・カルハーン

復活(1931)

  • 1931年当年公開
  • 撮影

以前にも手がけたことのあるトルストイ伯の有名な小説『復活』を再びエドウィン・カリューが監督したもので、当時と同じ脚色者フィニス・フォックスが台本及び台詞を執筆し「リオ・リタ」「エヴァンジェリン(1929)」のロバート・カールが撮影した。主役は「リオ・リタ」「キング・オブ・ジャズ」のジョン・ボールズと「嵐」「激流恋をのせて」のルーペ・ヴェレスでウィリアム・ケイリー、ナンス・オニール、ローズ・タップレイ、マイケル・マークが助演している。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ジョン・ボールズ ルーペ・ヴェレス ウィリアム・ケイリー ナンス・オニール

夜の大統領

  • 1931年当年公開
  • 撮影

「犯罪王リコ」「法の外(1930)」のエドワード・G・ロビンソンが主演する映画で、キュベック・グラスモン、ジョン・ブライト、ルシエン・ハバード、ジョセフ・ジャクソンが共同して原作脚色し台詞をつけ、「生娘二人入用」「モダン出世鏡」のアルフレッド・E・グリーンが監督し、「復活(1927)」「氷原の彼方」のロバート・カールが撮影した。助演者は「千万長者」「氷原の彼方」のエヴァリン・ナップ、「地獄の一丁目」「氷原の彼方」のジェームズ・カグニー、「ビッグ・マネー」のマーガレット・リヴィングストン及びモーガン・ウォーレス、「河上の別荘」のノール・フランシス、その他ボリス・カーロフ、ポール・ポルカシ、モーリス・ブラック、ラルフ・ハロルド等である。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン エヴァリン・ナップ ジェームズ・キャグニー ノール・フランシス
1930年

海の巨人(1930)

  • 1930年当年公開
  • 撮影

かつてジョン・バリモア氏が主演したことのあるハーマン・メルヴィル作の小説を映画化した「海の野獣」を全発声映画として制作したもので、「支那の鸚鵡」「クラック将軍」のJ・クラブ・アレキサンダーが脚色し、「シンギング・フール」「子守歌(1929)」のロイド・ベーコンが監督し、「リオ・リタ」「復活(1927)」のロバート・カールが撮影した。主役バリモア氏を助けて「薫る河風」「ブルドッグ・ドラモンド」のジョーン・ベネットをはじめ、「愛の訪れ」「恋のサーカス」のロイド・ヒューズ、「曲線悩まし」のメイ・ボーレー、「メリケン波止場」のウォルター・ロング、「鉄仮面」のナイジェル・ドゥ ・ブリュリエ、ノーブル・ジョンソン、トム・オブライエン等が出演している。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジョン・バリモア ジョーン・ベネット ロイド・ヒューズ メイ・ボーレー

氷原の彼方

  • 1930年当年公開
  • 撮影

かつて無声映画として製作されたことのあるジェームズ・オリヴァー・カーウッド作の大衆小説を映画化したもので、「ショー・ボート」「オフィスワイフ」のチャールズ・ケニヨンが脚色して台詞を書き、「女給時代」「大地の果てまで」のマイケル・カーティズが監督、「復活(1927)」「海の巨人(1930)」のロバート・カールが撮影した。主役は「アンナ・クリスティ」「ダイナマイト(1929)」のチャールズ・ビックフォードが勤め新進のエヴァリン・ナップが相手役で、「最後の一人」「悪に咲く華」のJ・ファーレル・マクドナルド、「モンテカルロ」「アルプスの悲劇」のザス・ピッツ、「少年軍兵士」のジュニアー・コーラン、「消え行く燈明」のデイヴィッド・トーレンス、ウォルター・マッグレイル、故トム・サンチ等が助演している。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
チャールス・ビックフォード エヴァリン・ナップ J・ファーレル・マクドナルド デイヴィッド・トーレンス
1929年

エヴァンジェリン(1929)

  • 1929年当年公開
  • 撮影

「黄金の世界へ」「紅の踊」と同じくドロレス・デル・リオ嬢主演の映画でロングフェローの有名な叙事詩よりフィニス・フォックス氏が脚色し「復活(1927)」「ラモナ(1927)(1927)」のエドウィン・カリュー氏が監督したもの。俳優としては主演者の他に「ラモナ(1927)(1927)」のローアンド・ドルウ氏「悲恋の楽聖」のアレック・ビー・フランシス氏、ドナルド・リード氏、ポール・マッカリスター氏、ジェームズ・マーカス氏その他が助演している。カメラは「四枚の羽根」「ラモナ(1927)」のロバート・カール氏が担当。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ドロレス・デル・リオ ローランド・ドリュー アレック・B・フランシス ドナルド・リード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・カール