映画-Movie Walker > 人物を探す > ディアナ・ドース

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1974年 まで合計13映画作品)

1974年

呪われた墓

  • 1974年4月13日(土)公開
  • 出演(Mabel 役)

四つの話で構成されたオムニバス形式の物語で、それぞれ、とある骨董店から手に入れた骨董品によって恐怖の世界が展開するスリラー。製作はマックス・J・ローゼンバーグ、ミルトン・サボツキー、監督はケヴィン・コナー、脚本はロビン・クラークとレイモンド・クリストドーロー、原作はR・チェトウインド・ヘイズ、撮影はアラン・ヒューム、音楽はダグラス・ガムレイ、編集はジョン・アイアランドが各々担当。出演はイアン・バネン、イアン・カーマイケル、ピーター・カッシング、ディアナ・ドース、マーガレット、レイトン、ドナルド・プレゼンス、ニーリー・ドーン・ポーター、デイヴィッド・ワーナー、イアン・オギルビーなど。

監督
ケヴィン・コナー
出演キャスト
イアン・バネン イアン・カーマイケル ピーター・カッシング ディアナ・ドース
1972年

ハメルンの笛吹き

  • 1972年7月15日(土)公開
  • 出演(Lisas Mother 役)

有名なドイツ民話『パイド・パイパー』の映画化。製作はデイヴィッド・パトナム、監督はジャック・ドゥミー、脚本はアンドリュー・バーキン、ジャック・ドゥミー、マーク・ペプロー、撮影はピーター・シャシスキー、音楽はドノヴァンが各々担当。出演はドノヴァン、ジャック・ワイルド、キャスリン・ハリソン、ドナルド・プレゼンス、ジョン・ハート、ディアナ・ドースなど。

監督
ジャック・ドゥミー
出演キャスト
ドノヴァン ジャック・ワイルド キャスリン・ハリソン ドナルド・プレゼンス

早春(1970)

  • 1972年5月27日(土)公開
  • 出演(Lady client 役)

火となって燃えあがる十五歳の少年のういういしい異性への願望を描く。製作はヘルムート・イエデレ、監督はポーランド出身の新鋭イェジー・スコリモフスキー、脚本はスコリモフスキーとJ・グルーザ、B・サリク、撮影はチャーリー・スティンベルガー、音楽はキャット・スティーブンス、編集はバリー・ビンズが各々担当。出演は「きんぽうげ」のジェーン・アッシャー、「初恋(1971)」のジョン・モルダー・ブラウン、ディアナ・ドース、カール・マイケル・フォーグラー、クリストファー・サンフォード、バート・クウォーターなど。2018年1月13日よりデジタル・リマスター版が公開(配給:コピアポア・フィルム)。

監督
イェジー・スコリモフスキー
出演キャスト
ジェーン・アッシャー ジョン・モルダー・ブラウン ディアナ・ドース カール・マイケル・フォーグラー
1970年

水滴(しずく)

  • 1970年3月14日公開
  • 出演(Liz 役)

愛くるしい容貌に女の性を秘めた少女の、陰影に富んだ姿を描いた作品。製作指揮はマイケル・クリンガー、製作はグイド・コーエン、監督は新人アラステア・リード。ティナ・チャッド・クリスチャンの原作をアラステア・リード、グイド・コーエン、マイケル・クリンガーが共同脚色。撮影はデスモンド・ディキンソン、音楽はマックス・ハリス、編集をジョン・グレンが担当。出演は新人リンダ・ヘイドン、キース・バロン、アン・リン、ドレク・ラムデン、ディック・エミリー、「謀略ルート」のディアナ・ドースなど。

監督
アラステア・リード
出演キャスト
リンダ・ヘイドン キース・バロン ディアナ・ドース アン・リン
1968年

姿なき殺人(1967)

  • 1968年6月15日公開
  • 出演(Matilda 役)

ハーマン・コーエンとアベイン・カンデルの脚本を、「チビッコの大脱走」のジム・オコナリーが監督したホラー映画。撮影はデスモンド・ディキンソン、音楽はパトリック・ジョン・スコットが担当した。出演は「何がジェーンに起ったか?」のジョーン・クロフォード、「いつも心に太陽を」のジュディ・ギーソン、「バルジ大作戦」のタイ・ハーディン、「ロンドン・パリ大脱線」のディアナ・ドース、マイケル・ガウほか。

監督
ジム・オコナリー
出演キャスト
ジョーン・クロフォード タイ・ハーディン ディアナ・ドース マイケル・ガウ

謀略ルート

  • 1968年4月13日公開
  • 出演(Rhoda Gooderich 役)

アンドリュー・ヨークの原作小説をミード・ロバーツが脚色、「妖婆の家」のセス・ホルトが監督したスパイ・アクション。撮影はハリー・ワックスマン、作曲をジョン・メイヤー、音楽監督をフィリップ・マーテルが担当している。出演は「キッスは殺しのサイン」のリチャード・ジョンソン、「太陽の爪あと」のキャロル・リンレイ、「消されたスパイ」のバーバラ・ブーシェ、「クロスボー作戦」のシルヴィア・シムズ、ディアナ・ドース、ハリー・アンドリュース、サム・ワナメーカーなど。

監督
セス・ホルト
出演キャスト
リチャード・ジョンソン キャロル・リンレイ バーバラ・ブーシェ シルヴィア・シムズ
1967年

ロンドン・パリ大脱線

  • 1967年11月21日公開
  • 出演(Diana Dors 役)

脚本はロベール・デリーとピエール・チェルニア、潤色・台詞を前記二人にジャン・ロートとコレット・ブロッセが加わり、「ミス・アメリカ パリを駆ける」に次いで、これが二本目のロベール・デリーが監督したコメディー。撮影はジャン・トゥルニエ、音楽はジェラール・カルヴィが担当した。出演はデリーのほかに、実生活ではデリー夫人のコレット・ブロッセ、「でっかい札束」のディアナ・ドース、アンリ・ジュネス、ロバート・ロリスなど。

監督
ロベール・デリー
出演キャスト
ロベール・デリー コレット・ブロッセ ディアナ・ドース アンリ・ジュネス
1962年

売春街襲撃

  • 1962年12月5日公開
  • 出演(Vicki 役)

パトリック・アレクサンダーの脚本を、アルヴィン・ラコフが監督したロンドンの売春街を扱った暗黒街もの。撮影はニック・ロイ、音楽は「泥棒株式会社」のケン・ジョーンズ。製作はジョン・クレイン。出演者は「替え玉作戦」のディアナ・ドース、「札束がすべて」のエディ・コンスタンティーヌ、「エル・シド」のハーバート・ロム「三十九階段」のブレンダ・デ・バンジー、ロバート・ブラウン、オディール・ヴェルソワなど。

監督
アルヴィン・ラコフ
出演キャスト
ディアナ・ドース エディ・コンスタンティーヌ ハーバート・ロム オディール・ヴェルソワ
1961年

ダニー・ケイの替え玉作戦

  • 1961年11月5日公開
  • 出演(Sergeant_Bridget_Stanhope 役)

ジャック・ローズとメルヴィル・シェイヴェルソン共作の脚本をシェイブルスンが監督した喜劇。撮影はハリー・ストラドリング。音楽担当はシルヴィア・ファイン。出演するのはダニー・ケイ、ダナ・ウィンターら。製作ジャック・ローズ。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
ダニー・ケイ ダナ・ウィンター マーガレット・ラザフォード ウィルフリッド・ハイド・ホワイト

でっかい札束

  • 1961年6月27日公開
  • 出演(Madge 役)

禁酒法時代のアメリカを舞台にしたギャング映画.実在の人物アーノルド・ロスティンを主人公にしてレオ・カッチャーが書いた小説をジョー・スワーリングがシナリオ化し、ジョセフ・M・ニューマンが監督に当った。撮影を担当したのはッカール・ガスリー。音楽はフランツ・ワックスマンである。出演するのはTV映画『名探偵ダイヤモンド』のデイヴィッド・ジャンセンの他、ミッキー・ルーニー、ダイアナ・ドース、ダイアン・フォスター、ジャック・カーソンなど。製作に当ったのはサム・ビスコフとデイヴィッド・ダイヤモンド。

監督
ジョゼフ・M・ニューマン
出演キャスト
デイヴィッド・ジャンセン ミッキー・ルーニー ダイアン・フォスター ジャック・カーソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ディアナ・ドース