映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・ロッスン

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1951年 まで合計12映画作品)

1951年

駆潜艇K-225

  • 1951年2月27日公開
  • 監督

「ヨーク軍曹」のハワード・ホークスの製作により、ジョン・ローズ・スタディーの脚本を、「大自然の凱歌」のリチャード・ロッスンが監督した1943年度作品。撮影は「月光の女」のトニー・ゴーディオ、音楽は「影なき殺人」のデイヴィッド・バトルフ。「西部の裁き」のランドルフ・スコット、この作品で映画にデビューした「容疑者(1944)」のエラ・レインズ、「森林警備隊」のジェームズ・ブラウン、「ハリウッド・アルバム」のバリー・フィッツジェラルド、ファジー・ナイト、アンディ・デヴァイン、ノア・ビアリー・ジュニア、リチャード・レーン、「星は輝く」のトーマス・ゴメス、「カンサス騎兵隊」のデイヴィッド・ブルースらが共演する。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
ランドルフ・スコット ジェームズ・ブラウン エラ・レインズ バリー・フィッツジェラルド
1937年

特ダネ戦線

  • 1937年公開
  • 監督

「黄金(1936)」「奇傑パンチョ」のリー・トレイシーが主演する映画で、トーマス・エイハーンの原作を「嵐の翼」と同じくJ・ロバート・ブレンとエドモンド・L・ハートマンか共同脚色し、「空の軍隊」のリチャード・ロッスンが監督に当たり、「男装」の助撮影者ラッセル・メティが撮影したもの。トレイシーの相手役は「処女散歩」のダイアナ・ギブソンが勤め、「目撃者(1936)」のポール・ギルフォイル、「海賊ブラッド」のドナルド・ミーク、フランク・M・トーマス、フィリップ・ヒューストン、トム・ケネディー等が助演している。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
リー・トレイシー ダイアナ・ギブソン ドナルド・ミーク ポール・ギルフォイル
1935年

空の軍隊

  • 1935年公開
  • 監督

「宝島(1934)」「曲芸団」のウォーレス・ビアリーが主演する映画で、ジョン・モンク・ソーンダースが書き下ろした飛行機物である。脚色には「大空の闘士」「大飛行船」のフランク・ウィード少佐がアーサー・J・ベックハードと協力し、監督にはサイレントの昔に活躍したリチャード・ロッスンが当たり、「エスキモー(1934)」「ターザンの復讐」のクライド・デ・ヴィナが撮影し空中撮影は「夜間飛行」と同じくチャールズ・マーシャルとエルマー・ダイヤーが協力している。助演者は「死の本塁打」「ロスチャイルド」のロバート・ヤング、「白い蘭」「ターザンの復讐」のモーリン・オサリヴァン、「宝島(1934)」「クリスチナ女王」のルイス・ストーン、舞台から来たロザリンド・ラッセル、「自由の魂」のジェームズ・グリースン、新顔のロバート・テイラー、「白衣の騎士」のラッセル・ハーディー、「影無き男(1934)」のヘンリー・ウォズウォース等である。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ロバート・ヤング モーリン・オサリヴァン ルイス・ストーン
1933年

暗黒街の顔役(1932)

  • 1933年3月13日公開
  • 共同監督

ニューヨークの劇団に於いて名優の一人として知られているポール・ムニ主演で「タイガー・シャーク」「群集の喚呼」と同じくハワード・ホークスが監督し「暗黒街」「河宿の夜」の作者ベン・ヘクトが、アーミテージ・トレイルの原作を基に脚色。助演は「毎夜来る女」「闇に踊る(1932)」のジョージ・ラフト、「群集の喚呼」のアン・ヴォーザーク、「アルセーヌ・ルパン」「インスピレーション」のカレン・モーリー、「心を汚されし女」のオスグッド・パーキンス、「マタ・ハリ」のC・ヘンリー・ゴードン、「フランケンシュタイン(1931)」のボリス・カーロフ。撮影には「上海特急」「間諜X27」のリー・ガームスがL・ウィリアム・オコンネルと協力して当たった。ちなみに本映画は「地獄の天使(1930)」と同じくハワード・ヒューズ提供によるもので、監督には前記ホークスを助けてリチャード・ロッソンも力を貸している。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ポール・ムニ アン・ヴォーザーク カレン・モーリー オスグッド・パーキンス
1928年

光明の彼岸へ

  • 1928年公開
  • 監督

「雲晴れて愛は輝く」「タイタニック」「おしゃれ哲学」等出演のヴァージニア・・ヴァリ嬢が、「青鷲」「拳闘修羅士」出演のウィリアム・ラッセル氏と共演する映画で、「バラウー」を同じくリチャード・ロッスン氏の監督作品である。原作はポール・アームストロング氏作の舞台劇で、ポール・ショーフィールド氏が脚色した。主役二役を助けて薪進ナンシー・ドレクセル嬢や「親爺若返る」のジョージ・ミーカー氏、ウィリアム・デマレスト氏、ジェームズ・ゴードン氏等が出演する。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
ウィリアム・ラッセル ヴァージニア・ヴァリ ナンシー・ドレクセル ジョージ・ミーカー
1927年

金髪か黒髪か

  • 1927年公開
  • 監督

ジャック・ブウケエ氏、アンリ・ファルク氏合作の舞台劇を映画化したものでジョン・マクダーモットが脚色し、「野薔薇」と同じくリチャード・ロッスン氏が監督した。主役は「不良老年」「サタンの嘆き」「三日伯爵」など主演のアドルフ・マンジュウ氏が演じ、「ハレムの貴婦人」「漂泊の人」等出演のアルレット・マルシャル嬢が相手役を勤め、メアリー・カー夫人、エミール・ショータール氏が助演している。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ グレタ・ニッセン アルレット・マルシャル メアリー・カー

鉄蹄乱舞

  • 1927年公開
  • 監督

「アリゾナの天地」の作者たるリチャード・アレン・ゲイツ氏作の物語をJ・ウォルター・ルーベン氏とサム・ミンツ氏とが脚色し、「野薔薇」「金髪か黒髪か」「殿様専門娘」と同じくリチャード・ロッスン氏が監督した西部劇で、主役は「青春の喜び」に出演したパラマウント俳優学校卒業生の一人ジャック・ルーデン氏で、「オール持つ手に」出演のサリー・ブレーン嬢と「暗黒街」「決死隊」等出演のフレッド・コーラー氏が相手役を演じている。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
ジャック・ルーデン サリー・ブレーン フレッド・コーラー Loyal Underwood

殿様専門娘

  • 1927年公開
  • 監督

「あれ」の原作者エリノア・グリン女史作の物語をパーシー・ヒース氏とロバート・N・リー氏とが脚色し、「金髪か黒髪か」「野薔薇」等と同じくリチャード・ロッスン氏が監督したもので「猫の寝巻」「芝居の世の中」等出演のベテイー・ブロンソン嬢が主演している。相手役は「帝国ホテル」「令嬢無銭旅行」等出演のジェームズ・ホール氏で、ウィリアム・オースティン氏、ジョーン・スタンディング嬢、ジョージ・ニコルズ氏などが助演している。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
ベティー・ブロンソン ジェームズ・ホール ウィリアム・オースティン ジョーン・スタンディング

バラウー

  • 1927年公開
  • 監督

「オペラの怪人(1925)」等で映画界にもお馴染み深いフランスの探偵小説家ガストン・ルルー氏の戯曲「バラオー」の映画化で、脚色はハリー・O・ホイト氏、監督は「野薔薇」「オール持つ手に」と同じくリチャード・ロッスン氏である。主役は「栄光」「宣伝地獄」等出演のエドモンド・ロウ氏で、それを助演する人々は、新進のリーラ・ハイアムス嬢、「栄光」出演のバリー・ノートン氏、「ドン・ファン(1926)」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、「不良老年」のノーマン・トレヴァー氏、力士のジョージ・コツォナロス氏等である。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
エドモンド・ロウ リーラ・ハイアムス グスタフ・フォン・セイファーティッツ E・H・カルヴァート

捲いた靴下

  • 1927年公開
  • 監督

フレデリカ・サガー女史作の物語をパーシー・ヒース氏が脚色し、「金髪か黒髪か」「殿様専門娘」等と同じくリチャード・ロッソン氏が監督した大学生生活を背景とした喜劇で「夜会服」「駄法螺大当たり」等出演のルイズ・ブルックス嬢と「男装女剣客」「帝国ホテル」等出演のジェームズ・ホール氏とが主演し、新進のリチャード・アーレン氏を始め、エル・ブレンデル氏、デイヴィッド・トーレンス氏、ナンシイ・フィリップス嬢等が助演している。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
ジェームズ・ホール リチャード・アーレン ルイズ・ブルックス デイヴィッド・トーレンス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リチャード・ロッスン