TOP > 映画監督・俳優を探す > Fred Herzog

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1926年 まで合計4映画作品)

1926年

真紅の文字

  • 1926年
  • 出演(Jailer 役)

ナサニエル・ホーソンの代表的名作小説を映画化したもので、フランセス・マリオン女史が脚色し、「殴られる彼奴」「男の名を言え」等と同じくヴィクトル・シエストレム氏が監督した。主役は「ロモラ」「ホワイト・シスター(1923)」等主演のリリアン・ギッシュ嬢と「呪いの絆」「運命の焔」等出演のラルス・ハンソン氏が演じ、ヘンリイ・ウォルソール氏、マウセル・コルデエ嬢、カール・デーン氏及びジョイス・ゴード嬢が助演している。

監督
ヴィクトル・シェーストレム
出演キャスト
リリアン・ギッシュ ラルス・ハンソン ヘンリー・ウォルソール カール・デーン
1921年

大冒険(1921)

  • 1921年
  • 出演(Whiskey_Joe 役)

リーヴス・イースン君の子息ブリージー・イースン君が主役を演じ、新進のガートルード・オルムステッド嬢やリー・シャムウェイ氏の共演である。ジェームズ・エドワード・グランド・ハンガーフォード氏の監督で、ウァールド誌は「少年と犬との悲しい運命は石のような心の人をも動かさずにいられない」とその興味深いことを称えている。

監督
リーヴス・イースン
出演キャスト
リーヴス・イースン・ジュニア Fred Herzog リー・シャムウェイ Mollie Shafer
1919年

曠野の武人

  • 1919年
  • 出演(Joe_Laramie 役)

「虹の山道」と同じくゼーン・グレイ氏原作の活劇で、ウィリアム・ファーナム氏が同じく主役を演じている。相手は先頃「孤児」「胡蝶の如く」にも出演したルイズ・ラヴリー嬢である。その他例によってレイモンド・ナイ氏等が悪役に廻っている。美しい天然背景と、猛烈な活劇で全篇を彩っている。

監督
J・ゴードン・エドワーズ
出演キャスト
ウィリアム・ファーナム ルイズ・ラヴリー G・レイモンド・ナイ チャールズ・クラリー

禁断の道

  • 1919年
  • 出演(Har an 役)

バック・ジョーンズ主演の活劇で、相手役は最近「赤手空拳」出演のウィニフレッド・ウェストーヴァー。監督は「曲馬団の処女」などと同じくスコット・ダンラップである。

監督
スコット・ダンラップ
出演キャスト
バック・ジョーンズ Fred Herzog スタントン・ヘック ウィニフレッド・ウェストーヴァー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > Fred Herzog

ムービーウォーカー 上へ戻る