映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァージニア・マドセン

年代別 映画作品( 1984年 ~ 2016年 まで合計21映画作品)

2016年

JOY

  • 2016年公開
  • 出演

ジェニファー・ローレンス主演、貧乏からアイデアひとつで億万長者になった実在の主婦を描いたサクセスストーリー。

監督
デヴィッド・O・ラッセル
出演キャスト
ジェニファー・ローレンス ブラッドリー・クーパー ロバート・デ・ニーロ イザベラ・ロッセリーニ
2011年

赤ずきん

  • 2011年6月10日(金)公開
  • 出演(スゼット 役)

世界的に有名なグリム童話「赤ずきん」の“その後”を描いたファンタジックなラブ・サスペンス。大人になった赤ずきんが危険な三角関係と、殺人を繰り返す人狼の魔の手に翻弄されていく。美しくセクシーな赤ずきんをアマンダ・サイフリッドが好演。『トワイライト 初恋』のキャサリン・ハードウィック監督の手腕にも期待がかかる。

監督
キャサリン・ハードウィック
出演キャスト
アマンダ・セイフライド ゲイリー・オールドマン ビリー・バーク シャイロー・フェルナンデス
2010年

エクトプラズム 怨霊の棲む家

  • 2010年1月22日(金)公開
  • 出演(サラ 役)

長い間、人の住むことのなかった古い屋敷で、ある一家が体験する恐怖を描く戦慄のホラー。幽霊話が数多く残る米国ニューイングランド地方で1987年に起きた実話が基になっている。

監督
ピーター・コーンウェル
出演キャスト
バージニア・マドセン カイル・ガルナー マーティン・ドノバン アマンダ・クルー
2008年

庭から昇ったロケット雲

  • 2008年7月5日(土)公開
  • 出演(オードリー“オーディ”ファーマー 役)

田舎の農場を舞台に、宇宙にあこがれる中年男とその家族が織りなす感動ドラマ。主人公の奇想天外な夢への挑戦を、ユーモラスかつロマン豊かに描き上げる。

監督
マイケル・ポーリッシュ
出演キャスト
ビリー・ボブ・ソーントン ヴァージニア・マドセン ブルース・ダーン ティム・ブレイク・ネルソン
2007年

ナンバー23

  • 2007年11月23日(金)公開
  • 出演(アガサ・スパロウ/ファブリツィア 役)

小説に登場する刑事と自分の半生を重ねた男が、次々と不気味な事件に巻き込まれるミステリー。ジム・キャリー扮する夫が、家族の運命をも狂わせるさまをスリリングに描出。

監督
ジョエル・シューマカー
出演キャスト
ジム・キャリー ヴァージニア・マドセン ローガン・ラーマン ダニー・ヒューストン

今宵、フィッツジェラルド劇場で

  • 2007年3月3日(土)公開
  • 出演(デンジャラス・ウマン 役)

「ショート・カッツ」などの巨匠ロバート・アルトマンの遺作となった音楽映画。得意の群像劇形式で、ユーモラスかつスリリングに人生の哀歓を浮き彫りにしていく。

監督
ロバート・アルトマン
出演キャスト
メリル・ストリープ リリー・トムリン リンゼイ・ローハン ギャリソン・キーラー
2006年

ファイヤーウォール

  • 2006年4月1日(土)公開
  • 出演(ベス・スタンフィールド 役)

ハリソン・フォード主演のサスペンス。家族を人質にとられ、銀行からの大金強奪を迫られた防犯システム専門家の孤独な戦いを、ノンストップのスリルで描き出す。

監督
リチャード・ロンクレイン
出演キャスト
ハリソン・フォード ポール・ベタニー ヴァージニア・マドセン メアリー・リン・ライスカブ
2005年

サイドウェイ

  • 2005年3月5日(土)公開
  • 出演(Maya 役)

「アバウト・シュミット」のアレクサンダー・ペイン監督による人間ドラマ。中年男2人がワイナリー巡りを通し、人生の悲哀や希望を感じとる姿を、ユーモアたっぷりに描出。

監督
アレクサンダー・ペイン
出演キャスト
ポール・ジアマッティ トーマス・ヘイデン・チャーチ ヴァージニア・マドセン サンドラ・オー
1999年

ホーンティング

  • 1999年10月2日(土)公開
  • 出演(Jane 役)

怨霊宿る館に集った人々の恐怖を描いたホラー。シャーリー・ジャクソンの恐怖小説の古典『山荘奇談』(邦訳・ハヤカワ文庫)を映画化したロバート・ワイズ監督の63年作「たたり」のリメイクで、監督は「ツイスター」「スピード2」のヤン・デ・ボンがあたった。脚本は新鋭のデイヴィッド・セルフ。製作は「恋は嵐のように」のスーザン・アーノルドとドナ・アーコフ・ロス、「アミスタッド」のコリン・ウィルソン。撮影は「北京のふたり」のカール・ウォルター・リンデンロウブ。音楽は「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」のジェリー・ゴールドスミス。美術は「奇蹟の輝き」のユージニオ・ザネッティ。編集は「プライベート・ライアン」のマイケル・カーン。衣裳は「フェイス/オフ」のエレン・ミロジェニック。視覚効果監修は「スターシップ・トゥルーパーズ」のフィル・ティペットとクレイグ・ヘイズ。特殊効果コーディネーターはジョン・フレイジャー。音響はTHXが導入され、音響編集監修をフランク・E・ユルナー、サウンド・デザインをゲーリー・ライドストロムが担当。出演は「身代金」「I Love ペッカー」のリリ・テイラー、「レ・ミゼラブル」のリーアム・ニーソン、「エントラップメント」のキャサリン・ゼータ=ジョーンズ、「アルマゲドン」のオーウェン・ウィルソン、「ザ・ドライバー」のブルース・ダーン、「ホーム・アローン3」のマリア・セルデス、「グッド・ウィル・ハンティング旅立ち」のヴァージニア・マドセンほか。

監督
ヤン・デ・ボン
出演キャスト
リリ・テイラー リーアム・ニーソン キャサリン・ゼタ・ジョーンズ オーウェン・ウィルソン
1998年

レインメーカー

  • 1998年6月27日(土)公開
  • 出演(Jackie Lemancyzk 役)

悪徳巣食う法廷に挑む若き弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマ。ベストセラー作家ジョン・グリシャムの原作『原告側弁護人』(新潮社刊)を、「ジャック」のフランシス・フォード・コッポラの監督・脚本・製作総指揮で映画化。ナレーションの執筆はマイケル・ハー。製作は「ゲーム」(主演)「フェイス/オフ」(製作)のマイケル・ダグラスと、スティーヴン・ルーサー、フレッド・ファーカス。撮影のジョン・トール、編集のバリー・マルキン、衣裳のアギー・ジェラード・ロジャースは「ジャック」に続いてコッポラと組んだ。音楽は「大脱走」「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」などのベテラン、エルマー・バーンスタイン。美術は「ロング・キス・グッドナイト」のハワード・カミングス。主演は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のマット・デイモン。共演は「ロミオ&ジュリエット」のクレア・デーンズ、「アナコンダ」のジョン・ヴォイト、「マーズ・アタック!」のダニー・デヴィート、「ダブルチーム」のミッキー・ローク、「リーサルウェポン3」のダニー・グローヴァー、「のら猫の日記」のメアリー・ケイ・プレイス、「ミニヴァー夫人」「ある日どこかで」の老女優テレサ・ライト、「キャンディマン」のヴァージニア・マドセン、「蜘蛛女」のロイ・シャイダーなど、多彩な布陣。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
マット・デイモン クレア・デインズ ジョン・ヴォイト ダニー・グローヴァー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァージニア・マドセン