映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャネット・ロフ

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1930年 まで合計3映画作品)

1930年

キング・オブ・ジャズ

  • 1930年公開
  • 出演

米国ジャズ・ミュージック界の大立者ポール・ホワイトマンとその率いるバンドを招聘して作ったレヴュー映画で、ジャック・エーレンが作詞し、ミルトン・エーガー氏が作曲したものを基としそれにジョージ・ガーシュウィン、メイベル・ウェイン、ビリー・ローズ、ジェームズ・ディートリッヒ等の作曲を付加し、舞台出の新人ジョン・マレイ・アンダーソンが演出の任に当たった。撮影を担任したのは「ブロードウェイ(1929)」のハル・モーア「仮の塒」のジェローム・アシュ、「放浪の王者(1930)」のレイ・レナハンが舞台方面を指揮しハーマン・ロスがセット及び意匠をデザインしている。主なる出演者はホワイトマン・ジャズ・バンドの人々を始め「リオ・リタ」のジョン・ボールズ、「高等恋愛術」のスタンリー・スミス、ジャネット・ロフ、ヴォードヴィル界の花形ジェニー・ラング、ビリー・ケント、アル・ノーマン、ドン・ローズ、マリオン・スタトラー、その他著名の芸人揃いで、日本語版には特に邦人俳優の駒井哲、山岡アイリスが司会者の役をつとめている。

監督
ジョン・マレイ・アンダーソン
出演キャスト
Paul Whiteman and his band ジョン・ボールズ スタンリー・スミス ジャネット・ロフ

姫君と武官

  • 1930年公開
  • 出演(Greta 役)

「盛り場の大蜘蛛」「略奪者」のベティー・カンプソン、「都会の女」「情熱のメキシコ」のメアリー・ダンカン、「キング・オブ・ジャズ」「大学行進曲」のジャネット・ロフ、それに「幻の街」「恋の大分水嶺」のアイアン・キースの4人が主演する映画である。原作はルドルフ・ロタール、フリッツ・ゴットワルド両氏作の舞台檄でトム・リードが改作し「煩悩」「踊る人生」のベンジャミン・グレイザーが脚色し「カナリヤ殺人事件」「裏街の悲劇」のマルコム・セント・クレアが監督にあたり、「メトロポリス」「ヴァリエテ」のカメラマンとして知られているカール・フロイントがクランクしている。主役を助けて「流行の寵児」のローレンス・グラン氏、「ラヴ・パレイド」のライオネル・ベルモア、「亭主三拝九拝」のアンドレ・ド・ベランジェが出演する。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
ベティー・カンプソン アイアン・キース メアリー・ダンカン ジャネット・ロフ
1928年

大学行進曲

  • 1928年公開
  • 出演(Helen 役)

ヘクター・ターンブル氏の制作した映画で、「学窓の思い出」「恋の修羅城」等と同じくロッド・ラ・ロック氏の主演するものである。オーウェン・デイヴィス氏の舞台劇に基づき、ジョージ・ドロムゴールド氏が脚色を施し、「恋に身を焼く」「長恨悲歌」等と同じくエドワード・H・グリフィス氏が監督した。ラ・ロック氏の相手役は新進ジャネット・ロフ嬢で、弥次喜多物でお馴染みのトム・ケネディー氏、ヒュー・アラン氏、ジョセフ・カウソーン氏、ローレンス・グラント氏等が助演する。

監督
エドワード・H・グリフィス
出演キャスト
ロッド・ラロック ジャネット・ロフ ヒュー・アラン ジョセフ・カウソーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャネット・ロフ