TOP > 映画監督・俳優を探す > カール・ハーボー

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1928年 まで合計5映画作品)

1928年

キートンの蒸気船

  • 1928年
  • 脚本

スラップスティック喜劇の王様、バスター・キートンのサイレント晩期の代表的傑作。クライマックスの大暴風雨による町の崩壊シーンと、その中を逃げまくるキートンのパフォーマンスによって、キートン映画の中でも特に知られている作品。監督は「ベター・オール」のチャールズ・F・ライズナー、脚本はカール・ハーボー、撮影はデヴ・ジェニングズとバート・ヘインズ、技術監督はフレッド・ガブリー、助監督はサンディ・ロスがそれぞれ担当。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
バスター・キートン アーネスト・トーレンス トム・ルイス トム・マクガイアー

君よさらば

  • 1928年
  • 原作

マック・セネット氏が「モリー・オー」以来久方振りで自ら監督制作した長編喜劇で、セネット氏が新たに発見した3人の新映画俳優ジョニー・バーク氏、サリー・アイラース嬢及びマティー・ケンプ氏が主演したもの。原作はジェファーソン・モフィット氏、フィル・ホワイトマン氏及びカール・ハーボー氏が共同執筆した。助演者はアルマ・ベネット嬢、ウィーラー・オークマン氏、ライオネル・ベルモア氏、カーメリタ・ジェラティ嬢等である。

監督
マック・セネット
出演キャスト
ジョニー・バーク サリー・アイラース マティー・ケンプ ウィーラー・オークマン
1924年

夜半の狂魂

  • 1924年
  • 原作

「舞踏王国」「フランス人形」に続くメイ・マレイ主演映画で、ジョン・ラッセル氏とカール・ハーボウ氏の原作脚色を、例によってロバート・Z・レオナード氏が監督したもの。対手は「舞踏王国」「舞姫悲し」等と同じくモント・ブルー氏である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
メイ・マレイ ロバート・エディソン ポール・ウェイゲル アール・シェンク
1923年

南海の情火(1923)

  • 1923年
  • 出演(Waki 役)

ケイリー・ウィルソンの原作を、パウル・ベルンが脚色し、「世界を敵として」セレナーデ」等と同じくラウール・ウォルシュが監督したもの。主役は「嵐」「人類の心」等出演のハウス・ピータース、「渓谷の乙女」等出演のアントニオ・モレノ、「田園懐かし」等出演のポーリン・スタークの3人で、その他可憐な子役メアリー・ジェーン・アーヴィング、「メアリー・ゴー・ラウンド」のジョージ・シーグマン、「絶海の黄金」出演のローズマリー・セビー等、良い役割である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ハウス・ピータース ポーリン・スターク アントニオ・モレノ メアリー・ジェーン・アーヴィング

沈黙の命令

  • 1923年
  • 出演(Menchen 役)

ルーファス・キングの原作になる小説を、「ネロ」「牧人王ダビデ」「幻に戦きつつ」等と同じくJ・ゴードン・エドワーズが監督したもの。主役は最近フォックスのスターになったエドモンド・ロウで、対手役はアルマ・テルと、昨年暮れ不慮の死を遂げたマーサ・マンスフィールドとである。アメリカ大西洋艦隊の出動する大活劇である。

監督
J・ゴードン・エドワーズ
出演キャスト
エドモンド・ロウ ベラ・ルゴシ カール・ハーボー マーティン・ファウスト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > カール・ハーボー

ムービーウォーカー 上へ戻る