TOP > 人物を探す > ジョセフ・サントリー

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1949年 まで合計9映画作品)

1949年

ブラジル

  • 1949年9月
  • 監督

「恋のブラジル」の歌手でありギター奏手あるティトー・ギザールが主演する音楽喜劇で、「凸凹宝島騒動」のヴァージニア・ブルースと「幽霊ニューヨークを歩く」のエドワード・エヴァレット・ホートンが共演する1944年作品。リチャード・イングリッシュの書き下を「ミネソタの娘」のローラ・カーとフランク・ギル・ジュニアが共力脚色し、リパプリック・専属のジョセフ・サントリーが監督、同じくジャック・マータが撮影した。助演は「我が道を往く」のフォーチュニオ・ボナノヴァ、ロバート・リヴイングストン、リチャード・レーン等で、「ハリウッド玉手箱」の西部劇スターのローイ・ロジャース、「打撃王」のダンス・チーム・ヴエロスとヨランダが特別出演している。なお音楽はアリー・パーローゾが作曲した。

監督
ジョセフ・サントリー
出演キャスト
ティトー・ギザール ヴァージニア・ブルース エドワード・エヴァレット・ホートン ロバート・リヴイングストン
1937年

靴を脱いだ女

  • 1937年
  • 原作

「新人豪華版」「女学生大行進」のジョー・ペナー、「世界の歌姫」「花嫁の秘密」のジーン・レイモンド、「新人豪華版」「当たり屋勘太」のバーキャカーカス、「有頂天時代」「トップ・ハット」のヘレン・プロデリックが共演するミュージカルで、「空中散歩」「町一番のチャッカリ娘」の監督者ジョセフ・サントリーが書き下ろし、「空中散歩」に協力したバート・カルマー、ハリー・ルビーおよびバイオラ・ブラザース・ショーアが再び組んで脚色し、「本人出現」「テンプルちゃんのえくぼ」のウィルアム・サイターが監督に当たり、「世界の歌姫」「新人豪華版」のJ・ロイ・ハントが撮影したもの。ダンスおよび音楽の指揮も「新人豪華版」と同じくサミー・リーとロイ・ウェッブがそれぞれ担当している。なお助演には「オーケストラの少女」のビリー・ギルバート、「新人豪華版」のアン・ミラーおよびリチャード・レーン、「マルクス一番乗り」のマーガレット・デュモン、フランクリン・パングボーン、アン・シューメイカー等が出ている。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ジョー・ペナー ジーン・レイモンド パーキャカーカス ハリエット・ヒリヤード
1936年

町一番のちゃっかり娘

  • 1936年
  • 監督

「空中散歩」「青春万歳」と同じくジーン・レイモンドとアン・サザーンが主演する映画で、「空中散歩」のジョセフ・サントリーが監督した。原作はミューリエル・スケックとH・S・クラフトが共作し、ヴァイオラ・ブラザース・ショーアが脚色した。助演者は「花嫁の秘密」のヘレン・ブロデリック、「大学の人気者」のエリック・ブローア及びエリック・ローズ、ハリー・ジャンス、フランク・ジェンクス等で、撮影は「世界の歌姫」のJ・ロイ・ハントの担当である。

監督
ジョセフ・サントリー
出演キャスト
ジーン・レイモンド アン・サザーン ヘレン・ブロデリック エリック・ブローア

大都会の歓呼

  • 1936年
  • 監督

「カリアンテ」「カジノ・ド・パリ」のフィル・リーガンが舞台俳優として名あるウォルター・C・ケリーおよび「狂恋のつばさ」「ポーリンの冒険」のエヴァリン・ナップと共に主演する映画で、シドニー・サザーランドとウォーレス・サリバン合作のオリジナルをオリーブ・クーパー、ベン・ライアンおよびスタンリー・ローが協力脚色し、「空中散歩」「町一番のちゃっかり娘」のジョセフ・サントリーが監督に当たり、「霧の天国「紳士ギャング」のミルトン・クラスナーがレジー・ラニングと協力撮影したもの。助演者は「ハリウッドスター合戦」のレイ・ウォーカー、「情無用ッ」のウォーレン・ハイマー、「虎鮫島脱獄」のJ・M・ケリガン、「ローズ・マリイ(1936)」のハーマン・ビング、「フランケンシュタインの花嫁」のメアリー・ゴードン、「Gメン」のレイモンド・ハットン等である。

監督
ジョセフ・サントリー
出演キャスト
フィル・リーガン ウォルター・C・ケリー エヴァリン・ナップ レイ・ウォーカー

空中散歩

  • 1936年
  • 監督

「青春万歳」と同じくジーン・レイモンドとアン・サザーンが主演する映画で、フランシス・M・コックレルの原作をバート・カルマー、ハリー・ルビー、ビィオラ・ブラザーズ・ショーア、ライアン・ジェームズ、の4氏が協力脚色し、「空中大曲芸団」のジョセフ・サントリーが監督にあたり、「愛情無限」J・ロイ・ハントが撮影したもの。助演者は「パリは夜もすがら」のジェーシー・ラルフ、「米国の機密室」のヘンリー・スチブンスン、「当たり屋勘太」のゴードン・ジョーンズ、「不在証明なき犯罪」のジョージ・ミーカー、「艦隊を追って」りマクシーン・ジェニングス、その他である。

監督
ジョセフ・サントリー
出演キャスト
ジーン・レイモンド アン・サザーン ジェシー・ラルフ ヘンリー・スティーブンソン
1934年

君と唱へば

  • 1934年
  • 脚色

「青い部屋」「透明人間」のグローリア・スチュアートが主演する映画で、ハリー・ソーバーの原作をチャンドラー・スプレイグとジョセフ・サントリーが脚色し「流れる青空」のハリー・ラックマンが監督にあたり、「歓呼の夜」のチャールズ・ステューマーが撮影した。助演者は「スポーツ・パレード」のマリアン・マーシュ、「男の一頁」のシャーリー・グレイ、「海の荒鷲(1933)」のノエル・マディソン、「令女学」のルシル・グリーソン、マーナ・ケネディー、ミッキー・ルーニーその他である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
グロリア・スチュアート ロジャー・プライア マリアン・マーシュ シャーリー・グレイ
1933年

五十六番街の家

  • 1933年
  • 原作

「女性二重奏」「南風の恋歌」のケイ・フランシスが出演する映画で、ジョセフ・サントリー作の小説を「狂乱の上海」のオースティン・パーカーとシェリダン・ギブニーが共同脚色し、「モルグ街の殺人」のロバート・フローリーが監督にあたり、「巨人ジョーンズ」のアーネスト・ホーラーが撮影した。助演者は「青春の頬杖」のリカルド・コルテス、「戦線の嵐」のマーガレット・リンゼイ、「フットライト・パレード」のフランク・マクヒュー、「恐怖の甲板」のジョン・ハリデイ、ヘンリー・オニール、ハーディー・オルブライト等である。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ケイ・フランシス リカルド・コルテス ジーン・レイモンド ジョン・ハリデイ
1930年

空中大曲芸団

  • 1930年
  • 監督、原作

「ココナッツ」のジョセフ・サントリー氏がパテ社に招かれて監督に当たった作品で同氏及びジェームズ・シーモア氏合作のストーリーからジェームズ・シーモア氏及びレイ・マッケリー氏が脚色した。主役を演ずるのは「踊るカレッジ」「青空」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ嬢とフレッド・スコット氏で他に「懐しのアリゾナ」のドロシー・バージェス嬢、「結婚行進曲」のジョージ・フォーセット氏、「想夫舞曲」のダフネ・ポラード夫人、「恋のかけひき」のブライアント・ウォッシュバーン氏、ニック・スチュアート氏、サリー・スター嬢、ステピン・フェチット氏、ベン・ターピン氏、ミッキー・ベネット君、ジョン・シーハン氏等が助演、キャメラは「母よ愚なれ」「通り魔」のデイヴィッド・エーベル氏が担任。

監督
ジョセフ・サントリー
出演キャスト
ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ フレッド・スコット ドロシー・バージェス ジョン・シーハン
1929年

ココナッツ

  • 1929年
  • 監督

サム・H・ハリス氏により最初に演出せられたるジョージ・S・カウフマン氏の原作舞台劇よりモーリス・リスキン氏が脚色し、「壁の穴(1929)」「ナイトクラブ」の俳人監督者ロバート・フローリー氏がジョージフ・サントリイ氏と共同監督したもので、ブロードウェイの有名な寄席芸人グルーチョ、チコー、ハーポ、ゼッポ、のマルクス4人兄弟が主演し、舞台出身のメーリィ・イートン嬢、同じくオスカー・ショウ氏、ケイ・フランシス嬢、シリル・リング氏、マーガレット・デュモン嬢その他が出演したレビューを取り入れたナンセンス喜劇である。カメラは「壁の穴(1929)」「手紙」「新聞記者」のジョージ・フォルシー氏が担任。

監督
ジョセフ・サントリー ロバート・フローリー
出演キャスト
グルーチョ・マルクス ケイ・フランシス シリル・リング オスカー・ショウ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジョセフ・サントリー

ムービーウォーカー 上へ戻る