TOP > 映画監督・俳優を探す > ヴェラ・ルイス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1938年 まで合計29映画作品)

1927年

独身者御発展

  • 1927年
  • 出演(Mrs.Waddington 役)

流行の英国滑稽小説作家P・G・ウォードハウス氏作の小説を映画化したもので、レックス・テイラー氏が改作脚色し、「愉快な嘘吐き」「スキナーの夜会服」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したジユウエル作品主演のアンドレ・ベランジエ氏で「長駆闇を飛ぶ」出演の新進花形バーバラ・ケント嬢が相手役を勤め、ガートルード・アスター嬢、ルシエン・リッツルフィールド氏、ヴエラ・ルイス嬢、カーメリター・ジエラテイ嬢、ネッド・スパークス氏等が助演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
アンドレ・ド・ベランジェ バーバラ・ケント ルシアン・リトルフィールド ヴェラ・ルイス

親父どうした

  • 1927年
  • 出演(Mrs._Bradberry 役)

メアリー・ロバーツ・ラインハート女史の原作から「赤い酒」のチャールズ・R・コンドン氏が脚色し「男装女キャプテン」のジョン・G・アドルフィ氏が監督したもので撮影は「フォックス・ムービートン・フォリイス」「娘は帰る」「奥様お耳拝借」等のチャールズ・ヴァン・エンジャー氏が担任している。主演者は「フー・マンチュー博士の秘密」「撮影所殺人事件」「支那街の夜」のワーナー・オーランド氏で、他に「五つの魂を持つ女」のフロベル・フェアバンクス嬢、「ブロードウェイ・メロディー」「港々に女あり」のウィリアム・デマレスト氏、「呑気大将巴里流連の巻」「陸軍士官学校」のヒュー・アラン氏、ヴェラ・ルイス嬢、ジョン・ミルジャン氏、キャスリン・カルホーン嬢、ジャン・レファーティー嬢等が出演している。

監督
ジョン・G・アドルフィ
出演キャスト
ワーナー・オーランド フロベル・フェアバンクス ウィリアム・デマレスト ヴェラ・ルイス
1926年

微笑みの女王

  • 1926年
  • 出演(Ma_Cinders 役)

「お洒落娘」に続くコリーン・ムーア嬢主演喜劇で、ウィリアム・コンセルマン氏とチャールズ・プラム氏の喜劇に基づいてフランク・グリフィン氏とマーヴィン・ルロイ氏とが書き下ろした物語をルイス・スティーヴンス氏が脚色し「お洒落娘」「踊り子サリー」と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督し、ロイド・ヒューズ氏が對手役を演じたものである。ヴィェラ・ルイス嬢、ドリス・ベイカー嬢等が助演するほか、ハリー・ラングドン氏や監督グリーン氏も撮影所の場面に顔を見せている。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ロイド・ヒューズ ヴェラ・ルイス Emily Gerdes

極楽トンボ三人連

  • 1926年
  • 出演(Mes._Gardner 役)

E・フィリップス・オッペンハイム作の小説に基づいてマリアン・コンスタンス・ブラックトンが台本を執筆し、「奔流天に騰る」「曲馬団の闘将」等と同じくJ・スチュアート・ブラックトンが監督したもので、主役は「ウインダミア夫人の扇」「三人の女」等出演のメイ・マカヴォイと「放埒新療法」「男は度胸」等出演のウィラード・ルイス及び「バット」「断髪恥ずかし」等出演のルイズ・ファゼンダで「奔流天に騰る」出演のガードナー・ジェームズ、ジェーン・ウィントン、ホームズ・ハーバート、デウイツット・ジェニングズ、ヴェラ・ルイス及びノラ・セシルが助演している。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ウィラード・ルイス ルイズ・ファゼンダ ガードナー・ジェームズ

傷める胡蝶

  • 1926年
  • 出演(Mrs._Ralston 役)

エヴェリン・キャンベル女史作の小説をブラッドリー・キング女史が脚色し「風雲急を告ぐ」「海の洗礼」等と同じくジョン・グリフィス・レイ氏が監督したもので、主役は「風雲急を告ぐ」「サイベリア」「踊り狂う人々」等出演のアルマ・ルーベンス嬢と「黎明のサハラ」「恋の鉄条網」等出演のバート・ライテル氏と、「火中の英雄」等出演のハーバート・ローリンソン氏、「胡蝶春秋」等出演のハントリー・ゴードン氏を始めフランク・キーナン氏、ヴェラ・ルイス嬢、キャロリン・スノーデン嬢、アーサー・ホイト氏等が助演している。

監督
ジョン・グリフィス・レイ
出演キャスト
アルマ・ルーベンス バート・ライテル ハントリー・ゴードン フランク・キーナン
1925年

ステラ・ダラス(1925)

  • 1925年
  • 出演(Miss_Tibbets 役)

原作はオリーヴ・ヒギンス・プラウティ夫人作の小説でかつて劇化されてレスリー・カーター夫人が演じて好評を博したものである。フランセス・マリオン女史が脚色し「ロモラ」「ホワイト・シスター(1923)」等と同じくヘンリー・キング氏が監督したもので、主役はかつてトライアングル社の専属女優だったベル・ベネット嬢が特に選ばれて演じ、「楽園の盗賊」等出演のロナルド・コールマン氏、「職業婦人」等出演のアリス・ジョイス嬢、「嘆きのピエロ」等出演のロイス・モーラン嬢、「ドン・Q」等出演のジーン・ハーショルト氏及びダグラス・フェアバンクス・ジュニアが共演する傑出した人間劇である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ロナルド・コールマン ベル・ベネット アリス・ジョイス ジーン・ハーショルト
1924年

縺れ行く情火

  • 1924年
  • 出演(Mrs._Smith 役)

オーウェン・デイヴィス氏の原作になる舞台劇を現代化してダグラス・Z・ドーティー氏が脚色し、チャップリン氏の助監督からウォーナー社の監督の昇進したモンタ・ベル氏の第一回作品である。主役は「巴里の女性」で有名になったアドルフ・マンジュウ氏、今メトロ・ゴールドウィンで売り出しのノーマ・シアラー嬢、「ボー・ブラムメル」「楽園の毒草」等出演のカーメル・マイアース嬢「蜂雀」等出演のエドモンド・バーンズ氏等立派な顔ぶれである。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ ノーマ・シアラー アンナ・Q・ニルソン エドモンド・バーンズ

涙の海路

  • 1924年
  • 出演(Agatha_Quinn 役)

アーネスト・パスカル氏原著の小説「黒い白鳥」に基づき、フレデリック・J・ジャクソン氏が脚色し、「子を忘れし母」と同じくミラード・ウェッブ氏が監督したもので、主役は「三人の女」「恋の舞台姿」主演のモント・ブルー氏及びマリー・プレヴォー嬢。その他「女性解放」「単騎突進」等出演のヘレン・チャドウィック嬢、「パリの女性」出演のカール・ミラー氏、「絶海の猛漢」等出演のメアリー・マクラレン嬢、「女難讐来」等出演のリリアン・タシュマン嬢という良い顔振れである。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー ヘレン・チャドウィック ジョン・パトリック

妻君教育法

  • 1924年
  • 出演(Mrs._Bancks 役)

モンク・ベル氏がワーナー・ブラザース社で製作した処女作品である。原作は恋愛小説家として名高いエリノア・グリン女史で、グラント・カーペンター氏が脚色した。「結婚哲学」で妙技を示したマリー・プレヴォー嬢、モント・ブルー氏、クレイトン・ヘール氏等競演し老巧なクロード・ギリングウォーター氏や花形のベティー・フランシスコ嬢、エドワード・アール氏等も出演しネリー・ブライ・ベイカー嬢も顔を見せている。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー クレイトン・ヘール ベティー・フランシスコ

追いつめられて(1924)

  • 1924年
  • 出演(Mrs._Wells 役)

ドドスン・ミッチェル氏とゼルダ・シアース女史原作になる舞台激に基づき、ホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「町の小英雄」「そばかす編集長」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督した。主役は「女は曲者」「結婚とは」等出演のマリー・ブレヴォー嬢。相手は「信号塔」出演のロックリフ・フェローズ氏「異郷の露」等出演のレイモンド・ハットン氏で、ニューヨーク暗黒街の悪漢激。プレヴォ嬢は2役を演じている。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
マリー・プレヴォー ロックリフ・フェローズ レイモンド・ハットン ジョン・ローシュ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ヴェラ・ルイス

ムービーウォーカー 上へ戻る