映画-Movie Walker > 人物を探す > マーロン・ハミルトン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1931年 まで合計18映画作品)

1931年

船出の朝

  • 1931年
  • 出演(Mr.Glendenning 役)

「野性の蘭」「恋多き女」と同じくグレタ・ガルボが主演する映画である。原作はアデラ・ロジャース・セント・ジョンの小説から取材したもので脚色には「踊る娘達」「喇叭手クーガン」のジョセフィン・ラヴェット、監督には「上海夜話」「夜襲」のジョン・S・ロバートスンがあたった。助演者は「野性の蘭」のマルス・アスター、「踊る娘達」のジョン・マック・ブラウン、「踊る娘達」のドロシー・セバスティアン、ジョエル・マクリー、レーン・チャンドラー、マーロン・ハミルトン、キャスリン・ウィリアムスその他でカメラは「悪魔の仮面」「大自然の惑乱」のオリヴァー・T・マーシュが担任している。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
グレタ・ガルボ ニルス・アスター ドロシー・セバスチャン ジョン・マック・ブラウン
1929年

母なれば

  • 1929年
  • 出演(Jim 役)

ブロードウェイの唄い手としてその名を知られているソフィー・タッカー嬢がワーナー社に招かれて主演した映画でレスリイ・バローズ氏の原作から「空中サーカス」「シンギング・フール」のC・グレアム・ベイカー氏が脚色し「シンギング・フール」「地熱」のロイド・ベーコン氏が監督したもの。主演者のほかに「空の王者」「愛の曳綱」のライラー・リー嬢、「破壊」のジョージ・ダーイー氏、「栄光」のマーロン・ハミルトン氏、オードリー・フェリス嬢ジョン・T・マレイ氏等が出演している。キャメラは「言論の自由」「懐かしの思い出」のベン・レイノルヅ氏が担任。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ソフィー・タッカー ライラ・リー オードリー・フェリス ジョージ・ダーイー
1923年

懐かしの紐育

  • 1923年
  • 出演(Washington_Irving 役)

リダ・ジョン・ヤング氏の原作になる舞台劇をルーサー・リード氏が脚色し、「背中を掻いて頂戴」「蜂雀」等と同じくシドニー・オルコット氏が監督した。主役は「武士道華やかなりし頃」「アダムとエヴァ」等と同じくマリオン・デイヴィース嬢。相手役は「影に怖えて」等出演のハリソン・フォード氏、「愛の栄光」等出演のマーロン・ハミルトン氏である。

監督
シドニー・オルコット
出演キャスト
マリオン・デイヴィス スティーヴ・カー J・M・ケリガン ハリソン・フォード

滅亡への道

  • 1923年
  • 出演(Larry_Devereaux 役)

1923年に出版されたアーサー・トレイン氏原作の小説に基づき、「放埒娘」「8度目の妻」等と同じくモント・M・カッタージョン氏の脚色、サム・ウッド氏の監督で作られたもので、主役は「激闘の天地」「刺激を追う女」等主演のビービー・ダニエルス嬢、新進の花形ドロシー・マッケール嬢、ジーグフェルド・フォーリスから映画界に入ったばかりのメアリー・イートン嬢の3人で、相手役にはドロシー・ギッシュ嬢の夫君ジェームズ・フォーセット氏、ヘール・ハミルトン氏、マーロン・ハミルトン氏等の腕利きが出演している。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ドロシー・マッケール ジェームズ・レニー ジョージ・フォーセット

心を盗む者

  • 1923年
  • 出演(John_Dennis 役)

H・R・デューラントとジュリー・ハーンとが合作になる「武器と乙女」“Arms and the Girlを、「幌馬車」等と同じくジャック・カニンガムが脚色し、「剣劇の響」「野の花」等と同じくウェズリー・ラッグルズが監督したもの。主役は「爆音千里」「野良犬と金剛石」等主演のアグネス・エイアースと「女は誓いぬ」「或る愚者有りき」等出演のマーロン・ハミルトンとである。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
アグネス・エイアース マーロン・ハミルトン チャールズ・ラグルズ Frazer Coulter

クリスチャン

  • 1923年
  • 出演(Horatio_Drake 役)

「マンクス・マン」等を書いたイギリス現代の小説ホール・ケーン卿の原作になった小説及び舞台劇に基づき、「ローナ・ドゥーン」「モヒカン族の最後(1920)」等を製作したモーリス・トゥールヌールが監督したもの、かつて10年ほど前にヴァーイタグラフ社が映画化したことがあるが、本邦へは紹介されなかった。小説では時代を19世紀の初期に取ってあるが、映画では現代に改められている。主演者は「爆音千里」「光栄の愚者」等出演のリチャード・ディックスス、「愚なる妻」のメイ・ブッシュ、「センチメンタル・トミー」「恋文無用」のギャレス・ヒューズ、「海底の大宮殿」のフィリス・ヘイヴァー、「或る愚者有りき」「死後の霊魂」のマーロン・ハミルトン等、見事な役割である。

監督
モーリス・トゥールヌール
出演キャスト
リチャード・ディックス メイ・ブッシュ ギャレス・ヒューズ フィリス・ヘイヴァー
1922年

情熱地獄

  • 1922年
  • 出演(David_Hardy 役)

フォックス社を去りしばらく欺界をさっていたグラディス・ブロックウェル嬢が映画界に復帰ユ社に入って主演した第一回映画でルイス・D・ライトン氏の原作をホープ・ロアリング氏が脚色し、古くから俳優としてお馴染みのアーヴィング・カミングス氏が監督したものである。スチュアート・ホームズ氏マーロン・ハミルトン氏エドナ・マーフィ嬢等立派な共演触れ。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
グラディス・ブロックウェル スチュアート・ホームズ マーロン・ハミルトン リリアン・ウェスト

君が名呼べば

  • 1922年
  • 出演(Sir_Gerald_Adair 役)

ハートリー・マナース原作の舞台劇「わが心のペッグ」を、舞台におけるスターであったローレット・テイラーが映画においても主演して作ったもので、脚色はメアリー・オハラ、監督は「彫刻家の妻」「涙の船唄」等と同じくキング・ヴィダーである。テイラーの対手は、「深夜の女賊」「或る愚者有りき」等出演のマーロン・ハミルトン、その他ラッセル・シンプソン、エセル・グレイ・テリー、ナイジェル・バリー等も共演する。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ローレット・テイラー マーロン・ハミルトン ラッセル・シンプソン エセル・グレイ・テリー

或る愚者有りき

  • 1922年
  • 出演(Tom_Morgan 役)

キプリングの詩「ヴァムパイヤー」からヒントを得てポーター・エマースン・ブラウンが書き下ろした舞台劇に基づき、バーナード・マッコンヴィルが脚色、エメット・J・フリンが監督した映画で、かつてセダ・バラ主演で作られた事があるが、今度は新進女優エステル・テイラー主演。「世界の喝采」「ゼンダ城の虜(1922)」等出演のルイス・ストーンが共演。その他アイリーン・リッチ、マーロン・ハミルトン、マージョリー・ドウ、ウォーレス・マクドナルド等花形揃いの布陣である。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
エステル・テイラー ルイス・ストーン アイリーン・リッチ ミュリエル・フランセス・ダナ

愛着の道

  • 1922年
  • 出演(George_Fournel 役)

「運命の孤児」等のアグネス・エイアース嬢がパラマウント社における主役としての出演の第一回映画である。ギルバート・パーカー卿の原作をユージーン・マリン氏が脚色し、ヴィクター・フレミング氏が監督したもの。相手役は「愚か者の楽園」「緑の誘惑」等で人気を博したセオドア・コスロフ氏及びマーロン・ハミルトン氏である。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
アグネス・エイアース セオドア・コスロフ マーロン・ハミルトン ウィルトン・タイラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マーロン・ハミルトン