TOP > 映画監督・俳優を探す > ハリー・O・ホイト

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1925年 まで合計17映画作品)

1933年

猛獣島

  • 1933年
  • 監督

「私重役様よ」「処女読本(1932)」のアニタ・ペイジと「歓呼の涯」「空の花嫁」のチャールズ・スターレットが主演する映画で、かつて映画女優だったリー・ベイアードが原作を書き「ロスト・ワールド」のハリー・O・ホイルがアルバート・ケリーと共同監督し、ハリー・ジャックソンが撮影したもの。助演者は「ロイドの活動狂」のケネス・トンプスン、エディ・ボーデン、クラレンス・ゲルダー等である。

監督
ハリー・O・ホイト
出演キャスト
アニタ・ペイジ チャールズ・スターレット ケネス・トンプソン エディ・ボーデン

戦慄を追う男

  • 1933年
  • 脚本

「大金鉱」のバック・ジョーンズが主演する活劇で、ハリー・O・ホイトが書き下ろした脚本により「アリゾナ(1931)」のジョージ・B・サイツが監督にあたり、「アメリカの暴露」「ナイトクラブの女」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「突進大飛行船」のドロシー・レヴィアを初め、エドワード・ルサン、フランク・ラルウ、ハリー・トッド等である。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
バック・ジョーンズ ドロシー・レヴィア エドワード・ルサン エディ・ケーン
1928年

ワシントン街十三番地

  • 1928年
  • 脚色

ルロイ・スコット氏の小説の映画化でハリー・O・ホイト氏の脚色したものを、「驀進デニー」「マラソン結婚」と同じくメルヴィル・ブラウン氏が監督した。主役は「ステラ・ダラス(1925)」「大陸出没の怪紳士」出演のジーン・ハーショルト氏で、アリス・ジョイス嬢、ジョージ・ルイス氏、ヘレン・ジェローム・エディー嬢、ザス・ピッツ嬢等が助演する。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
ジーン・ハーショルト アリス・ジョイス ジョージ・ルイス ヘレン・フォスター

南京豆小僧競馬の巻

  • 1928年
  • 脚色

「南京豆小僧天空の巻」と同じく、ホイト、クラフト、トライオンの組合せによる映画、すなわちウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が原作を書き、ハリー・O・ホイト氏がそれを脚色し、クラフト氏の監督の下に、グレン・トライオン氏が主演する映画。トライオン氏の相手役は今度も前回と同じくパッシー・ルス・ミラー嬢でそのほかロイド・ウィトロック氏、ジェームズ・ブラッドベリー氏、グレテル・ヨルツ嬢等が助演する。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
グレン・トライオン パッシー・ルス・ミラー グレテル・ヨルツ ジェームズ・ブラッドベリー

幸運デニー

  • 1928年
  • 原作

「我が医者」と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督し、レジナルド・デニー氏が主演する映画である。原作者はハリー・O・ホイト氏で、「私のパパさん」と同じくアール・スネル氏が脚色した。デニー氏の相手役は「ソレルとその子」出演のメアリー・ノーラン嬢と「珍サーカス王」出演のドロシー・ガリヴァー嬢との2人でオーティス・ハーラン氏、ブル・モンタナ氏、ウィリアム・ウォーシントン氏、ウィリアム・B・デイヴィッドソン氏、等の人々が助演する。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
レジナルド・デニー メアリー・ノーラン オーティス・ハーラン ドロシー・ガリヴァー

曲者待った

  • 1928年
  • 台詞

ジョージ・V・ホバート氏作の舞台劇を映画化したもので、ディック・スミス氏が映画用に改作し、ハリー・O・ホイト氏がそれに基づき台本を執筆し「大学生活」と同じくナット・ロス氏によって監督せられた。主役は「恋と拳闘」出演のアーサー・レイク氏と、「私のパパさん」「翼の輝き」出演のバーバラ・ケント嬢、との2人で、これを助けてエディ・グリッボン氏、ワーナー・リッチモンド氏、ウォルター・マッグレイル氏、故ジョージ・シーグマン氏、等が出演する。

監督
ナット・ロス
出演キャスト
アーサー・レイク バーバラ・ケント エディ・グリッボン ワーナー・リッチモンド

君を尋ねて三千里

  • 1928年
  • 監督

「ジャズの酒場」 出演のトム・ムーア氏と「陸軍士官学校」出演のベシー・ラヴ嬢とが共演する映画で、レイ・ジェイスン氏が同名の小唄に暗示を得て書き卸したストーリーからジョン・ビー・クライマー氏が撮影台本を執筆し、それによって新進のウィリアム・ワイラー氏が監督したものである。主役二人を助けて「私のパパさん」出演のトム・オブライエン氏やケイト・プライス夫人、アルフレッド・アレン氏が出演している。

監督
ハリー・O・ホイト
出演キャスト
トム・ムーア ベッシー・ラブ トム・オブライエン ケイト・プライス
1927年

ボストン・ブラッキー

  • 1927年
  • 監督

ジャック・ボイル氏原作の怪盗ボストン・ブラッキー譚の一を映画化したもので、かつて女優たりしリー・ベイアード女史が脚色し「ロスト・ワールド」の監督者で最近では「ワシントン街十三番地」「バラウー」等の脚色者として知られているハリー・オー・ホイト氏が監督した。主役はレイモンド・グレン氏と「ある男の過去」出演のコーリス・パーマー嬢で、ストロングハート(犬)が活躍し、コイト・アルバートソン氏、ウィリアム・ウォーシントン氏、ローズメリー・クーパー嬢等が助演している。主任撮影技師は「炭坑」「男装女キャプテン」のアーネスト・ミラー氏である。

監督
ハリー・O・ホイト
出演キャスト
レイモンド・グレン コーリス・パーマー コイト・アルバートソン ウィリアム・ウォーシントン

バラウー

  • 1927年
  • 脚色

「オペラの怪人(1925)」等で映画界にもお馴染み深いフランスの探偵小説家ガストン・ルルー氏の戯曲「バラオー」の映画化で、脚色はハリー・O・ホイト氏、監督は「野薔薇」「オール持つ手に」と同じくリチャード・ロッスン氏である。主役は「栄光」「宣伝地獄」等出演のエドモンド・ロウ氏で、それを助演する人々は、新進のリーラ・ハイアムス嬢、「栄光」出演のバリー・ノートン氏、「ドン・ファン(1926)」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、「不良老年」のノーマン・トレヴァー氏、力士のジョージ・コツォナロス氏等である。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
エドモンド・ロウ リーラ・ハイアムス グスタフ・フォン・セイファーティッツ E・H・カルヴァート

南京豆小僧天空の巻

  • 1927年
  • 脚本、台詞

「南京豆小僧」「南京豆小僧大成功」と同じくグレン・トライオン氏主演の喜劇で、ジョゼフ・エフ・ポーランド氏監修の下にハリー・O・ホイト氏が原作を書き、O・ホイト氏自ら撮影台本を作ったものから、「南京自小僧」を監督したウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督した映画。相手役は「疾風武者」「南京豆小僧」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢で、バー・マッキントッシュ氏、ロイド・ウィトロック氏、ルース・ドワイヤー嬢などの人々が助演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
グレン・トライオン パッシー・ルス・ミラー バー・マッキントッシュ ロイド・ウィトロック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ハリー・O・ホイト

ムービーウォーカー 上へ戻る