TOP > 人物を探す > Charles Stevenson

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1926年 まで合計5映画作品)

1926年

極楽トンボ三人連

  • 1926年
  • 出演(Fossil 役)

E・フィリップス・オッペンハイム作の小説に基づいてマリアン・コンスタンス・ブラックトンが台本を執筆し、「奔流天に騰る」「曲馬団の闘将」等と同じくJ・スチュアート・ブラックトンが監督したもので、主役は「ウインダミア夫人の扇」「三人の女」等出演のメイ・マカヴォイと「放埒新療法」「男は度胸」等出演のウィラード・ルイス及び「バット」「断髪恥ずかし」等出演のルイズ・ファゼンダで「奔流天に騰る」出演のガードナー・ジェームズ、ジェーン・ウィントン、ホームズ・ハーバート、デウイツット・ジェニングズ、ヴェラ・ルイス及びノラ・セシルが助演している。

監督
J・スチュアート・ブラックトン
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ウィラード・ルイス ルイズ・ファゼンダ ガードナー・ジェームズ
1923年

チート(1923)

  • 1923年
  • 出演(Horace_Drake 役)

かつて早川雪洲がセシル・B・ドミルの監督で主演し、排日映画に利用されて問題を惹起した映画「チート」と同じ原作である。すなわちヘクター・ターンブルの筆になったもので、今度はウィーダ・ベルジェールが脚色し、「キック・イン」「ベラ・ドンナ」に続くジョージ・フィッツモーリスの監督作品である。ポーラ・ネグリが「ベラ・ドンナ」に続いて主演し、対手役には「姿なき男」「悪魔の眠る時」等主演のジャック・ホルト及び、「無法者の掟」主演のシャルル・ド・ローシュが出演する。もと日本人であった役を今度はインド人に改めてあるので、排日映画ではなくなった。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ポーラ・ネグリ ジャック・ホルト シャルル・ド・ローシュ ドロシー・カミングス

笑王ベンターピン

  • 1923年
  • 出演(Luke_Hassen 役)

「戦争ごっこ」「しろうと役者」「結婚生活」「野良に出て」「豪傑ベンターピン」等と同様マックセネット映画で主役は右数映画に出演のお馴染みベン・ターピン氏である。セネット氏総指揮の下に多くのセネット喜劇や「ミッキー」「屋根裏の幽霊」等を監督した喜劇の名手F・リチャード・ジョーンズ氏の監督である。タービン氏の相手はフネットガールの中での美人キャスリン・マクガイア、其他多数に達者な連中が出演している。ユナイテットアーティスツ社の姉妹会社アラインド・プロデューサース・アンド・ディストリビューター会社から発売されたものである。同社発売映画は今後も勿論全部ユー・エー社東京支社に輸入される。。

監督
F・リチャード・ジョーンズ
出演キャスト
ベン・ターピン キャスリン・マクガイア ジョージ・クーパー Ray Grey

絹擦れの音

  • 1923年
  • 出演(Henry_De_Breze 役)

コスモ・ハミルトン原作の小説を、セイダ・コウアンとウィーダ・ベルジェールとが脚色、「四つの顔の女」「西班牙の踊子」等と同じくハーバート・ブレノンが監督した。主役は「四つの顔の女」「椰子の葉蔭」等出演のベティー・カンプソンと、「ベラ・ドンナ」等出演のコンウェイ・タールとで、その他シリル・チャドウィック、アンナ・Q・ニルソン等も共演している。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
ベティー・カンプソン コンウェイ・タール シリル・チャドウィック アンナ・Q・ニルソン
1921年

経験(1921)

  • 1921年
  • 出演(Wealth 役)

「散り行く花」其他グリフィス映画やパ社ドロシー・ギッシュ嬢映画等でお馴染みのリチャード・バーセルメス氏を主役として作ったパラマウント絵画である。かつて上映された「エヴリー・ウーマン」と同様、此の劇に於いては此世に於いて人間が経験する象徴的な事柄を各人物が表現している。所謂 symbolic play「表徴劇」である。ジョージ・V・ホバート氏の舞台劇をウォルデマー・ヤング氏が脚色し、ジョージ・フィッツモーリス氏が監督したものである。相手役はマージョリー・ドウ嬢、其他美しい所が多勢共演している。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
リチャード・バーセルメス マージョリー・ドゥ ベティー・カーペンター ケイト・ブルース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > Charles Stevenson

ムービーウォーカー 上へ戻る