映画-Movie Walker > 人物を探す > 政岡泰志

年代別 映画作品( 2002年 ~ 2018年 まで合計11映画作品)

2018年

鈴木家の嘘

  • 2018年11月16日(金)公開
  • 出演(神谷 役)

第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品され、作品賞を受賞したユニークな家族ドラマ。突然、長男が亡くなり、そのショックで記憶を失った母親のため、父と長女が嘘をついたことから起きる出来事を描く。橋口亮輔や石井裕也の助監督を務めてきた野尻克己の劇場映画監督デビュー作となる。

監督
野尻克己
出演キャスト
岸部一徳 原日出子 木竜麻生 加瀬亮

素敵なダイナマイトスキャンダル

  • 2018年3月17日(土)公開
  • 出演(長野 役)

1970~80年代にサブカルチャーを牽引した雑誌編集長・末井昭の若き日を柄本佑が演じた青春ドラマ。幼い頃に母が隣家の男とダイナマイトで心中するという壮絶な体験をした末井。上京後彼は発禁と創刊を繰り返しながら、多くの雑誌を世に送り出していく。監督は「南瓜とマヨネーズ」の冨永昌敬。笑いと狂乱に満ちた当時のアンダーカルチャーシーンを浮かび上がらせる。また、末井の母を演じた尾野真千子と原作者である末井昭本人が主題歌『山の音』を歌っている。

監督
冨永昌敬
出演キャスト
柄本佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸
2017年

まんが島

  • 2017年3月25日(土)公開
  • 出演(徳田かおる 役)

「ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS」の脚本を務めた守屋文雄の長編初監督作。絶海の孤島で、マンガに打ち込む5人の売れない中年漫画家たち。ある日、島と文明を繋いでいた船が島へ来なくなってしまう。彼らに残されたのは、マンガへの情熱と狂気だけだった。出演は「怒り」の水澤紳吾、「ローリング」の松浦祐也、川瀬陽太、柳英里紗、「俳優 亀岡拓次」の宇野祥平、「ディアーディアー」の政岡泰志。撮影は「セトウツミ」の高木風太。

監督
守屋文雄
出演キャスト
水澤紳吾 守屋文雄 松浦祐也 宇野祥平
2016年

ディアスポリス -DIRTY YELLOW BOYS-

  • 2016年9月3日(土)公開
  • 出演(サブ 役)

日本の官庁が関与しない警察組織、ディアスポリスの署長・久保塚早紀の活躍を描く、松田翔太主演のバイオレンスドラマの劇場版。誘拐殺害事件を巡って、久保塚らとアジア人犯罪組織、ヤクザによる三つ巴の戦いが繰り広げられる。主人公の相棒役の浜野謙太らドラマ版のキャストが引き続き出演する。監督は『私の男』の熊切和嘉。

監督
熊切和嘉
出演キャスト
松田翔太 浜野謙太 柳沢慎吾 康芳夫
2015年

フリーキッチン

  • 2015年11月28日(土)公開
  • 出演

人気漫画家・福満しげゆきのデビュー作となった短編『娘味』を映画化。幼い頃から母親が料理した人肉を食べ続けてきた内気な高校生の日常と恋愛模様を描いたブラックコメディ。監督の中村研太郎は、本作が劇場用長編デビュー作となる。出演は「ビリギャル」の森田桐矢、「罪の余白」の大貫真代。

監督
中村研太郎
出演キャスト
森田桐矢 大貫真代 延増静美 山崎和如

ディアーディアー

  • 2015年10月24日(土)公開
  • 出演(畠中/犬好きの運転手 役)

幼い頃に幻のシカを見つけたものの信じてもらえなかった3人の兄妹の軌跡を描いたヒューマンコメディ。監督は「ヘブンズストーリー」など助監督として数々の現場を踏んできた菊地健雄。郷里である栃木県足利市を舞台に初監督作に挑んだ。また、「グレート・ラビット」で第62回ベルリン国際映画祭短編部門の銀熊賞を受賞した和田淳がアニメーションを担当。ロックバンド『森は生きている』の岡田拓郎が劇中の音楽を手がけている。酒びたりの妹を「パッチギ! LOVE & PEACE」の中村ゆりが、多額の借金を背負う長兄を「市民ポリス69」の桐生コウジが、心のバランスを崩した次男を「Helpless」など青山真治監督作品の常連・斉藤陽一郎が演じる。

監督
菊地健雄
出演キャスト
中村ゆり 斉藤陽一郎 桐生コウジ 染谷将太

good-bye

  • 2015年3月14日(土)公開
  • 出演

映像産業振興機構“VIPO”が企画した“ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2014”の参加者が、製作実地研修として手掛けた短編作品の1本。ネットカフェ難民となった母子の姿を描く。監督は、日本映画学校卒業生で、映像ディレクターの羽生敏博。出演は「映画 深夜食堂」の安藤玉恵、「ドライブイン蒲生」の吉岡睦雄。

監督
羽生敏博
出演キャスト
安藤玉恵 竹中涼乃 矢崎由紗 吉岡睦雄
2011年

目を閉じてギラギラ

  • 2011年10月22日(土)公開
  • 出演

暴力を嫌い、“お説教”で裏社会を生き抜いてきた元ヤクザの貸金業者と、彼の下に転がり込んだ元甲子園のヒーローが人生の再起を賭けて奮闘する様を描く。監督は、「乱暴と待機」の冨永昌敬。出演は、「ゼブラーマン」シリーズの哀川翔、「うさぎドロップ」の綾野剛、「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の三浦誠己。

監督
冨永昌敬
出演キャスト
哀川翔 綾野剛 三浦誠己 児嶋一哉
2007年

あしたの私のつくり方

  • 2007年4月28日(土)公開
  • 出演

思春期の少女たちが、携帯電話のメールを通じて友情を育む青春映画。「神童」の注目女優・成海璃子とAKB48の前田敦子が、さまざまな悩みを抱える女子高生をリアルに演じる。

監督
市川準
出演キャスト
成海璃子 前田敦子 高岡蒼佑 柄本時生
2002年

ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY

  • 2002年10月18日(金)公開
  • 出演

人気アイドルグループ、嵐の映画初主演作。同じ事務所に所属する、V6の井ノ原快彦の実体験にもとづく原案を、「溺れる魚」の気鋭・堤幸彦監督が映画化した青春ドラマ。

監督
堤幸彦
出演キャスト
相葉雅紀 松本潤 二宮和也 大野智
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 政岡泰志