映画-Movie Walker > 人物を探す > ケン・ゴールドスミス

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1938年 まで合計3映画作品)

1938年

北半球SOS

  • 1938年当年公開
  • 製作

「平児原」「たくましき男」のチャールズ・ビックフォード、「暗黒街の弾痕」「大森林」のバートン・マクレーン、「愛の弾丸」「海の巨人(1937)」のプレストン・フォスター、「殺したのは俺だ」「海の若人」のトム・ブラウン、「民衆のために」「天使の花園」のナン・グレイ、「スイングの女王」のアンディ・デヴァイン及びフランク・ジェンクス、「わが家の楽園」のサミュエル・S・ハインズ等が共演する映画で、ヒュウ・キングとダニエル・ムーアが協力して脚本を書卸し「楽天伯爵」「民衆のために」のハロルド・ヤングが監督に当り、「地獄街」「紳士ギャング」のミルトン・クラナスが撮影した。

監督
ハロルド・ヤング
出演キャスト
チャールス・ビックフォード バートン・マクレーン プレストン・フォスター トム・ブラウン

花婿往来

  • 1938年当年公開
  • アソシエイト・プロデューサー

「赤ちゃん教育」「ホウ導線」のチャールズ・ラグルズが主演する映画で、キャサリン・カヴァノー作の喜劇「アダムの番」に基づいて「子供の世界」「海底の巨人」のエドワード・エリスキュがバット・C・フリック及びモートン・グラントと協力して脚本を執筆し、「玩具の国」を共同監督したガス・マインが監督にあたり、「誘拐団」「箱入り亭主」のヘンリー・シャープが撮影した。助演者はブロードウェイの舞台から来たオナ・マンスン及びマリオン・マーティン、ヘビー級ボクサーだったマクシー・ローゼンブルーム、「狙われたお嬢さん」のステビンフェチット、「箱入り亭主」のベニー・ベイカー、「靴を脱いだ女」のリチャード・レーン等である。

監督
ガス・マインス
出演キャスト
チャールズ・ラグルズ オナ・マンスン マキシー・ローゼンブルーム マリオン・マーティン
1936年

嵐の戦捷旗

  • 1936年当年公開
  • 製作

「麗しのパリ」「水兵万歳」のルー・エイヤースと「歓楽の女王」「悪夢」のイザベル・ジュウェルが主役を勤める映画で、ウェリン・トットマンとジェイムス・グルーエンが書き下ろし、「弾丸か投票か」のシートン・I・ミラーが脚色、「疾風無敵男」「僕は軍人」のハワード・ブレザートンが監督に当たり、「恐怖の夜」のアーネスト・ミラーが撮影した。助演者は「疾風無敵男」のジミー・エリソン、「ロビンフッドの復讐」のJ・キャロル・ナイシュ、「野生の叫び」のジェイムス・バークを始め、クレイ・クレメント、メイナード・ホームズ、ジョセフ・ソーヤー等。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
ルー・エイヤース イザベル・ジュウェル ジミー・エリソン ジェームズ・バーク
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ケン・ゴールドスミス