映画-Movie Walker > 人物を探す > アイリーン・リッチ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1953年 まで合計51映画作品)

1925年

狂恋の夜

  • 1925年
  • 出演(Mrs._James_Borden 役)

「アンクル・トムス・ケヴィン」の著者として名高いハリエット・ビーチャー・ストウ夫人作の小説「私の妻と私」を映画化したもので「海の野獣」「波だの海路」等と同じくミラード・ウェッブ氏が監督した。台本はウェッブ氏とジュリエン・ジョセフソン氏とが合作したものである。主役は「恋の鉄条網」「父を呼ぶ声」「愁いの明星」等出演のアイリーン・リッチ嬢と「胡蝶春秋」「憂いの明星」等出演のハントリー・ゴードン氏で、「白牙に衂りて」等出演のジョン・ハロン氏、「我が子」等出演のコンスタンス・ベネット嬢及びジョン・ローシュ氏、トム・リケッツ氏等が助演している。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
ハントリー・ゴードン アイリーン・リッチ ジョン・ハロン コンスタンス・ベネット

愁いの明星

  • 1925年
  • 出演(Mrs._John_Manneing 役)

ガーディ・ウェントウォース・ジェームズ氏の原作になった小説に基づき、ベス・メレディス女史が脚色し「十番目の女」と同じくジェームズ・フラッド氏が監督したものである。主役は「恋の人形」「子を忘れし母」等出演のアイリーン・リッチ嬢で、ハントリー・ゴードン氏、ジョン・ハロン氏、ジューン・マーロウ嬢、エリノア・フェアー嬢、ガートルード・アスター嬢、ドン・アルバラドー氏等助演。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
アイリーン・リッチ ハントリー・ゴードン ジョン・ハロン ゲイン・ホイットマン

ウインダミア夫人の扇

  • 1925年
  • 出演(Mrs._Erlynne 役)

オスカー・ワイルドの佳作戯曲を映画化したもので「三人の女」「当世女大学」に続いてエルンスト・ルビッチ氏が監督した。映画劇に書き改めたのはジュリエン・ジョセフソン氏である。「ダーク・エンゼル(1925)」「亭主教育」等出演のロナルド・コールマン氏、「愁いの明星」「結婚春秋」等出演のアイリーン・リッチ嬢、「三人の女」「幻の家」等出演のメイ・マカヴォイ嬢、「恋の鉄条網」「スポーツ生活」等出演のバート・ライテル氏が主演し、エドワード・マーティンデル氏、ヘレン・ダンバー嬢等が助演している。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ロナルド・コールマン アイリーン・リッチ メイ・マカヴォイ バート・ライテル
1924年

我が恋捨てて

  • 1924年
  • 出演(Carol_Drayton 役)

ハワード・ラッキー氏の小説によりホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏が脚色し「愛人の迷路」「父を呼ぶ声」と同じくフィリップ・E・ローゼン氏が監督したもので、主役は「父を呼ぶ声」「奔流恋を乗せて」等出演のアイリーン・リッチ嬢で、「焔の女」等出演のリカルド・コルテス氏「鵞鳥を飼う女」等出演のマーク・マクダーモット氏「父を呼ぶ声」等出演のルイズ・ファゼンダ嬢等が助演し、その他クレイトン・ヘール氏、クララ・ボウ嬢、フランク・エリオット氏等も出演している。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
アイリーン・リッチ リカルド・コルテス ルイズ・ファゼンダ フランク・エリオット

ボー・ブラムメル

  • 1924年
  • 出演(Frederica_Charlotte_Dutchess_of_York 役)

有名な戯曲家クライド・フィッチ氏の原作にある舞台劇に基づき、ドロシー・ファーナム女史が脚色し「本町通り」「恋の一太刀」等と同じくハリー・ボウモンが監督したもので、主役は「シャーロック・ホームズ(1922)」「狂える悪魔」等出演のジョン・バリモア氏で、相手は「情夫奮起せば」「女に安全な男」等出演のメアリー・アスター嬢「結婚とは」「ロジタ(1923)」等出演のアイリーン・リッチ嬢、「社交界の誘惑」等出演のカーメル・マイアース嬢の他ウィラード・ルイス氏、アレック・B・フランシス氏等が共演する。1774年から1821年に時代を取り、英国の宮廷及び社交界を背景としたロマンスである。ニュース誌の選んだ昨年度の興業成績表では第9位の特点である。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ジョン・バリモア メアリー・アスター ウィラード・ルイス アイリーン・リッチ

父を呼ぶ声

  • 1924年
  • 出演(Suzanne_Schuyler 役)

米国現代の人気作家グレイス・H・フランドロウ女史の小説に基づき、「ボー・ブラムメル」「恋の逢瀬」等を脚色したドロシー・ファーナム女史が脚色し、「ヤング・ラジャー」「愛人の迷路」等と同じくフィリップ・E・ローゼン氏が監督した。主役は「結婚哲学」「妻君教育法」と同じくマリー・プレヴォー嬢とモント・ブルー氏で、「奔流恋を乗せて」のアイリーン・リッチ嬢「人魚踊る」ルイズ・ファゼンダ嬢等も出演している。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー ルイズ・ファゼンダ アイリーン・リッチ

淋しき灯台守

  • 1924年
  • 出演(Isabell_Morton 役)

ユニヴァーサル社を出てソル・レッサー氏の主宰するプリンシパル社に入ったベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢の第一回作品。ローラ・E・リチャーズ女史の原作を、イヴ・アンセル女史とジョン・W・グレイ氏とが脚色し、「少年ロビンソン」「サーカス・デイズ」等と同じくエドワード・クライン氏が監督したもの。ベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢のお対手には「風雲のゼンダ嬢」「虚栄の市(1923)」等出演のホバート・ボスウォース氏、「奔流恋を乗せて」「ロジタ(1923)」出演のアイリーン・リッチ嬢、「文化果つるところ」出演のハリー・T・モーレイ氏、「名家の秘密」等出演のバーバラ・テナント嬢等の腕利きが出演している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー ホバート・ボスウォース アイリーン・リッチ ハリー・T・モーレイ

豪風を衝いて

  • 1924年
  • 出演(Marian_Forrester 役)

「恋に狂える女」に続くアイリーン・リッチ嬢主演映画でウィラ・キャサー女史の原作から「受難のテス」「ボー・ブラムメル」等と同じくドロシー・ファーナム女史が脚色し、「恋の逢瀬」「恋の舞台姿」等と同じくハリー・バーモン氏が監督した。主役は「子を忘れし母」「恋に狂える女」主演のリッチ嬢で「結婚前」等出演のマット・ムーア氏が相手役を演じ、ジュン・ロッシュ氏。ジューン・マーロウ嬢、ジョージ・フォーセット氏等助演、俳優の顔触れもなかなか良いものである。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
アイリーン・リッチ マット・ムーア ジョン・ローシュ ジューン・マーロウ

恋の人形

  • 1924年
  • 出演(Fanny_Randon 役)

「乗合馬車」「異郷の露」等と同じくジョゼフ・ハーゲンマー氏の小説から「ユーモレスク(1920)」「楽園の盗賊」等と同じくフランセス・マリオン女史が脚色し「キック・イン」「楽園の盗賊」等のジョージ・フィッツモーリス氏が監督したもので、俳優は「大界へ挑戦」等出演のアルマ・ルーベンス嬢「女房はお徳に候」等出演のルイス・ストーン氏「オペラの怪人(1925)」等出演のノーマン・ケリー氏「淋しき灯台守」等出演のアイリーン・リッチ嬢の腕比べで、その他「鵞鳥を飼う女」等出演のコンスタンス・ベネット嬢やブランドン・ハースト氏等も出演する。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ルイス・ストーン アイリーン・リッチ アルマ・ルーベンス ノーマン・ケリー
1923年

奔流恋を乗せて

  • 1923年
  • 出演(Lucretia_Lombard 役)

閨秀小説家キャスリーン・ノーリス女史の小説「ルクレチア・ロムバード」に基づき「単騎突進」「無頼漢」等を監督したジャック・コンウェイ氏が監督したもの。主役は「ロジタ(1923)」「結婚とは」等出演のアイリーン・リッチ嬢、「本町通り」「結婚とは」等のモント・ブルー氏「ドロシー・ヴァーノン」「盲目の妻」等出演のマーク・マクダーモット氏「縺れ行く情火」以来人気の出てきたノーマ・シアラー嬢等良い顔ぶれである。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
アイリーン・リッチ モント・ブルー マーク・マクダーモット ノーマ・シアラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アイリーン・リッチ