映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ミュラー

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1988年 まで合計8映画作品)

1988年

イタリア旅行

  • 1988年12月9日(金)公開
  • 出演

結婚生活が危機にあるとある夫婦のイタリア旅行の道中を描く。製作はマリオ・デル・パパとマルチェロ・ダミーコ、監督・脚本はロベルト・ロッセリーニ、共同脚本はヴィタリアーノ・ブランカーティ、音楽はレンツォ・ロッセリーニが担当。出演はイングリッド・バーグマン、ジョージ・サンダースほか。

監督
ロベルト・ロッセリーニ
出演キャスト
イングリッド・バーグマン ジョージ・サンダース マリア・モーバン アン・プロクレマー
1975年

奇跡の詩(1974)

  • 1975年7月26日(土)公開
  • 出演(Hans_Koepcken 役)

1971年、ペルーのリマからアンデス山脈を越え、アマゾンに到る途中で旅客機が落雷のために墜落。乗客92名のうち91名が死亡したが。17歳の少女が奇跡的に助かり、単身でジャングルからの脱出に成功した実話の映画化。監督・脚本は「アメリカの夜」のジョゼッペ・スコテーゼ、撮影はジョルジオ・トンティ、美術はサベリオ・ドジェルニオが各々担当。出演はスーザン・ペンハリゴン、グラッツィラ・ガルバーニ、ポール・ムラー、クライド・ピータースなど。

監督
ジョゼッペ・スコテーゼ
出演キャスト
スーザン・ペンハリゴン グラッツィラ・ガルバーニ ポール・ミュラー クライド・ピータース
1972年

シューベルト物語

  • 1972年3月25日(土)公開
  • 出演(Ludwing 役)

楽聖シューベルトが世に認められるまでのさまざまな葛藤を描いた作品。製作はトンマソ・サゴネ、監督は「ほほにかかる涙」のエットーレ・M・フィザロッティ、脚本は「貴方にひざまづいて」のジョヴァンニ・グリマルディ、撮影はマリオ・カプリオッティが各々担当。音楽はシューベルトの佳曲をラヴァニーノが編曲。挿入曲は〈菩提樹〉〈野ばら〉〈鱒〉〈セレナーデ〉〈未完成交響曲〉など。出演はカンツォーネ歌手のアル・バーノ、「哀愁の湖」ロミナ・パワー、アゴスティーナ・ベリ、ポール・ミュラーなど。

監督
エットーレ・M・フィザロッティ
出演キャスト
アル・バーノ ロミナ・パワー アゴスティーナ・ベリ ポール・ミュラー
1970年

スタントマン(1969)

  • 1970年5月公開
  • 出演(Lamb 役)

命しらずのスタントマンを主人公にしたアクション。製作はツーリ・ヴァシール、監督はマルチェロ・バルディ。脚本はマルチェロ・バルディとサンドロ・コンティネンザ、台詞をデニス・ホールが担当。撮影はカルロ・カリン、スタント・シーンをレミー・ジュリアンと彼のスタント・チームが担当している。出演は「さらば恋の日」のジーナ・ロロブリジーダ、「黄金の眼」のマリサ・メル、「戦うンパンチョビラ」のロバート・ヴィハーロ。他にポール・ミュラー、ジャン・クロード・ベルク、ジュゼッペ・ラウリセーラ、クラウディオ・ペローネ、ベニート・ボッギーノなど。テクニカラー、スタンダード。1969年作品。

監督
マルチェロ・バルディ
出演キャスト
ジーナ・ロロブリジーダ マリサ・メル ロバート・ヴィハーロ ポール・ミュラー
1961年

アドリアの女海賊

  • 1961年10月5日公開
  • 出演(Duke Doruzza 役)

十六世紀の初め頃アドリア海をあばれまわった女海賊をヒロインにした海洋冒険活劇。監督に当ったのはマリオ・コスタ。撮影をラファエル・マシオッチが受けもっている。出演しているのはジャンナ・マリア・カナーレ、マッシモ・セラート、シーラ・ガベル、ポール・ミュラー、ルビオ・ロレンゾン、モイラ・オルフェイ、ホセ・ハスペなど。製作はオッタヴィオ・ポッジ。フェラニアカラー・スーパーシネスコープ。

監督
マリオ・コスタ
出演キャスト
ジャンナ・マリア・カナーレ マッシモ・セラート シーラ・ガベル ルビオ・ロレンゾン
1957年

スピードを盗む男

  • 1957年3月30日公開
  • 出演(Petersen 役)

アルプス山脈のハイ・ウェイに繰展げられた自動車競争に活劇を絡ましたアクション・ドラマ、「潜水戦隊帰投せず」のロビン・エストリッジのオリジナル・シナリオを「ロマンス・ライン」のラルフ・トーマスが監督、同じくアーネスト・スチュワードが撮影監督を担当した。音楽は新鋭ブルース・モンゴメリーが作曲、「リチャード三世」ミューア・マシーソンが演奏指揮をつとめた。主演は「黒い天幕」のアンソニー・スティール、「アレクサンダー大王」のスタンリー・ベイカー、マリナ・ヴラディの姉、「若い恋人たち」のオディール・ヴェルソワを中心に「ロマンス・ライン」のジェームズ・ロバートソン・ジャスティスなど。

監督
ラルフ・トーマス
出演キャスト
アンソニー・スティール オディール・ヴェルソワ スタンリー・ベイカー ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス
1953年

人間魚雷

  • 1953年7月5日公開
  • 出演(Levantino 役)

一九五三年に製作された軍事劇。マルカントニオ・ブラガディン、ルイジ・ドランデ・ラ・ペンネ、ドゥイリオ・コレッティ(「シーラ山の狼」)の三人合作の脚本をドゥイリオ・コレッティが監督した。撮影は「ポー河の水車小屋」のアルド・トンティ、音楽は「平和に生きる」のニーノ・ロータ。出演者は潜航艇生残り隊員六人と新進ピエール・グレソワ、エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ及び「街は自衛する」のポール・ミュラーなど。

監督
ドゥイリオ・コレッティ
出演キャスト
エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ ピエール・グレソワ ポール・ミュラー Girolamo Manisco
1952年

街は自衞する

  • 1952年9月1日公開
  • 出演(Guido Marchi 役)

「無法者の掟」のピエトロ・ジェルミが監督する一九五一年度作品で、「戦火のかなた」のフェデリコ・フェリーニ以下、トゥリオ・ピネリ、ルイジ・コメンチーニが書卸した原案を、ジェルミ、フェッリーニ、ピネッリ及びジュゼッペ・マンジョーネが脚本にした。撮影は「自転車泥棒」のカルロ・モントゥオーリ、音楽はカルロ・ルスティケリの担当である。出演者は「白い国境線」のジーナ・ロロブリジーダ他、レナート・バルディーニ、ポール・ミュラー、ファウスト・トッツィ、コゼッタ・グレコ、エンツオ・マッジョら。

監督
ピエトロ・ジェルミ
出演キャスト
ジーナ・ロロブリジーダ レナート・バルディーニ ポール・ミュラー ファウスト・トッツィ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ミュラー