TOP > 人物を探す > エドワード・アルバート

年代別 映画作品( 1973年 ~ 2002年 まで合計8映画作品)

2002年

ミミックII

  • 2002年5月18日(土)
  • 出演(ダークスーツの男 役)

ほかの生物に擬態する能力をもつ凶暴な昆虫の暴走を描いたヒット作の続編。グロテスクなクリーチャーの造形やサバイバルのスリルが一体となり、恐怖を盛り立てる。

監督
ジーン・デ・セゴンザック
出演キャスト
アリックス・コロムゼイ ブルーノ・カンポス ジョン・ポリト エドワード・アルバート
1995年

不機嫌な赤いバラ

  • 1995年1月14日(土)
  • 出演(Barry Carlilsle 役)

誇り高き元大統領夫人と血気盛んなシークレット・サービスの丁々発止のやりとりをユーモラスに綴った、ハート・ウォーミングなヒューマン・ドラマ。「ポリスアカデミー」のシリーズ1作目を手掛け、『Mr. 早討ちマン』『バーグラー 危機一髪』(共に日本未公開、ビデオのみ)などコメディ・タッチの作品を得意とするヒュー・ウィルソン。脚本はウィルソンと「バック・トゥ・スクール」のピーター・トロクヴェイの共同。製作はネッド・タネンとナンシー・グレアム・タネンの夫婦コンビ。撮影はテレビ界出身のベテラン、ブライアン・J・レイノルズ。音楽は「ドクター」「ウォーターダンス」のマイケル・コンヴァーティノが担当。主演は55年の「ハリーの災難」でデビュー以来、「愛と追憶の日々」「迷子の大人たち」など数々の代表作があるシャーリー・マクレーンと、「あなたに降る夢」のニコラス・ケイジ。共演は「ボビー・フィッシャーを探して」のオースティン・ペンドルトン、「バタフライはフリー」のエドワード・アルバート、「裸の銃を持つ男PART 21/2 」のリチャード・グリフィスら。

監督
ヒュー・ウィルソン
出演キャスト
シャーリー・マクレーン ニコラス・ケイジ オースティン・ペンドルトン エドワード・アルバート
1989年

バトル・ファイター

  • 1989年10月28日(土)
  • 出演(Punchy 役)

無二の親友を殺された男の壮絶なフィスト・ファイトを描くハード・アクション。監督はフランク・ズニガ、製作・原案はカルロス・ヴァサロ、脚本はマックス・ブルーム、撮影はハンス・バーマン、音楽はエミリオ・コーデラーがそれぞれ担当。

監督
フランク・ズニガ
出演キャスト
ジョージ・リヴェロ エドワード・アルバート ブレンダ・バーキ マイク・コナーズ
1980年

世界崩壊の序曲

  • 1980年6月14日(土)
  • 出演(Brian 役)

南太平洋に浮かぶ、観光客で賑わうある島を舞台に、大噴火によって起こる数々の被害と対策を中心に、そこに展開される人間模様を描く。製作はアーウィン・アレン、監督は「ジェット・ローラー・コースター」のジェームズ・ゴールドストーン。ゴードン・トーマスとマックス・モーガン・ウィッツの原作を基にカール・フォアマンとスターリング・シリファントが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はラロ・シフリン、編集はエドワード・A・ビアリーとフリーマン・デイヴィス、製作デザインはフィリップ・M・ジェフェリーズ、特殊効果はL・B・アボットが各々担当。出演はポール・ニューマン、ジャクリーン・ビセット、ウィリアム・ホールデン、エドワード・アルバート、レッド・バトンズ、バーバラ・カレラ、ヴァレンティナ・コルテーゼ、ベロニカ・ハメル、アレックス・カラス、バージェス・メレディス、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・フランシスカス、ジョン・コンシダイン、シーラ・アレンなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、パナビジョン。1980年作品。

監督
ジェームズ・ゴールドストーン
出演キャスト
ポール・ニューマン ジャクリーン・ビセット ウィリアム・ホールデン エドワード・アルバート
1978年

愛はエーゲ海に燃ゆ

  • 1978年10月7日(土)
  • 出演(Nico_Tomasis 役)

エーゲ海を舞台にギリシアの海運王と社交界のファースト・レディとのロマンスを下敷きとして、スーパー・リッチと呼ばれる人々の生活の内幕を描く。製作はアレン・クラインとエリイ・ランドー、監督は「ホワイト・バッファロー」のJ・リー・トンプソン、脚本はニコ・マストラキスとローレンス・マイヤーズとモートン・ファインの原案をモートン・ファインが脚色。撮影はトニー・リッチモンド、音楽はスタンリー・マイヤーズが各々担当。出演はアンソニー・クイン、「ザ・ディープ」のジャクリーン・ビセット、ラフ・ヴァローネ、エドワード・アルバート、ジェームズ・フランシスカス、カミラ・ラパーブ、マリル・トロ、チャールズ・ダーニング、ルチアナ・パルッツィなど。

監督
J・リー・トンプソン
出演キャスト
アンソニー・クイン ジャクリーン・ビセット ラフ・ヴァローネ エドワード・アルバート

ドミノ・ターゲット

  • 1978年2月4日(土)
  • 出演(ross 役)

刑務所に服役している男がある組織の手によって脱獄し、暗殺者にしたてあげられ、そして愛した女のために命を賭ける男を描くサスペンス・アクション。製作総指揮はマーティン・スターガー、製作・監督は「オクラホマ巨人」のスタンリー・クレイマー、脚本・原作はアダム・ケネディ(早川書房刊)、撮影はフレッド・ケーネカンプとアーネスト・ラズロ、音楽はビリー・ゴールデンバーグ、美術はロン・ホップス、特殊効果はフィル・コリー、スタント調整はベア・ハドキンス、録音はディビッド・ロン、編集はジョン・F・バーネットが各々担当。出演はジーン・ハックマン、キャンデヤス・バーゲン、リチャード・ウィドマーク、ミッキー・ルーニー、エドワード・アルバート、イーライ・ウォラック、ケン・スウォッフォード、ネヴァ・パターソン、ジェイ・ノヴェロなど。

監督
スタンリー・クレイマー
出演キャスト
ジーン・ハックマン キャンディス・バーゲン リチャード・ウィドマーク ミッキー・ルーニー
1975年

エーゲ海の旅情

  • 1975年9月24日(水)
  • 出演(Peter_Latham 役)

エキゾチックなエーゲ海の旅で芽ばえた中年女性と青年の愛を描く舞台劇の映画化。製作はM・J・フランコヴィッチ、監督は「バタフライはフリー」のミルトン・カトセラス、舞台用脚色はジェイ・アレン、脚本はレオナード・ガーシュ、撮影はチャールズ・ラング、音楽はミシェル・ルグラン、編集デイヴィッド・ブリューイットが各々担当。出演はリヴ・ウルマン、エドワード・アルバート、ジーン・ケリー、ビニー・バーンズ、デボラ・ラフィン、ビリー・グリーン・ブッシュなど。日本語版監修は野中重雄。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1973年作品。

監督
ミルトン・カトセラス
出演キャスト
リヴ・ウルマン エドワード・アルバート ジーン・ケリー ビニー・バーンズ
1973年

バタフライはフリー

  • 1973年9月15日(土)
  • 出演(Don 役)

サンフランシスコの安アパートで隣り合わせになった盲目の青年と元ヒッピーの女の子の愛を描く。ブロードウェイで大ヒットした同名の舞台劇の映画化で監督のミルトン・カトセラスは舞台でも演出した。製作はM・J・フランコヴィッチ、ハロルド・クレンズの自伝「風との競走」からレオナード・ガーシュが脚本化。撮影はチャールズ・ラング・ジュニア、音楽はボブ・アルシバーが各々担当。出演はゴルディー・ホーン、エドワード・アルバート、アイリーン・ヘッカート、マイケル・グレイザー、マイク・ウォーレンなど。なお、エディ・アルバートの息子エドワード・アルバートは72年度ゴールデン・グローブ賞を、アイリーン・ヘッカートは72年アカデミー最優秀助演女優賞を受賞した。

監督
ミルトン・カトセラス
出演キャスト
ゴールディ・ホーン エドワード・アルバート アイリーン・ヘッカート マイケル・グレイザー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > エドワード・アルバート