映画-Movie Walker > 人物を探す > ラフ・ヴァローネ

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1981年 まで合計33映画作品)

1981年

砂漠のライオン

  • 1981年5月16日(土)公開
  • 出演(Diodiece 役)

北アフリカのサハラ砂漠を舞台にイタリアの独裁者ムッソリーニの野望に立ち向かう遊牧民(ベドウィン)反乱軍とその指揮者オマー・ムクターの勇敢な姿を描く。製作・監督は「ザ・メッセージ」のムスタファ・アッカド、脚本はH・A・L・クレイグ、撮影はジャック・ヒルドヤード、音楽はモーリス・ジャール、編集はジョン・シャーリー、製作デザインはマリオ・ガルブリア、シド・ケインが各々担当。出演はアンソニー・クイン、オリバー・リード、イレーネ・パパス、ラフ・ヴァローネ、ロッド・スタイガー、ジョン・ギールグッド、アンドリュー・キーア、ガストーネ・モスキン、タキス・エマニュエル、エレオノラ・スタトポウロなど。

監督
ムスタファ・アッカド
出演キャスト
アンソニー・クイン オリヴァー・リード イレーネ・パパス ラフ・ヴァローネ
1978年

愛はエーゲ海に燃ゆ

  • 1978年10月7日(土)公開
  • 出演(Spyros_Tomasis 役)

エーゲ海を舞台にギリシアの海運王と社交界のファースト・レディとのロマンスを下敷きとして、スーパー・リッチと呼ばれる人々の生活の内幕を描く。製作はアレン・クラインとエリイ・ランドー、監督は「ホワイト・バッファロー」のJ・リー・トンプソン、脚本はニコ・マストラキスとローレンス・マイヤーズとモートン・ファインの原案をモートン・ファインが脚色。撮影はトニー・リッチモンド、音楽はスタンリー・マイヤーズが各々担当。出演はアンソニー・クイン、「ザ・ディープ」のジャクリーン・ビセット、ラフ・ヴァローネ、エドワード・アルバート、ジェームズ・フランシスカス、カミラ・ラパーブ、マリル・トロ、チャールズ・ダーニング、ルチアナ・パルッツィなど。

監督
J・リー・トンプソン
出演キャスト
アンソニー・クイン ジャクリーン・ビセット ラフ・ヴァローネ エドワード・アルバート

真夜中の向う側

  • 1978年3月18日(土)公開
  • 出演(Constantin_Demeris 役)

愛する人に裏切られた女性が歩む波瀾に満ちた人生を描く大河ロマン。製作総指揮はハワード・W・コッチ・ジュニア、製作はフランク・ヤブランス、監督は「1000日のアン」のチャールズ・ジャロット、脚本はハーマン・ローチャーとダニエル・タラダッシュ、原作はシドニー・シェルダン(早川書房刊)、撮影はフレッド・J・コネカンプ、音楽はミシェル・ルグラン、プロダクション・デザイナーはジョン・デ・キュア、衣裳デザインはアイリーン・シャラフ、セットはラフェル・ブレットンとトニー・モンデル、編集はドン・キャムバーンとハロルド・F・クレスが各々担当。出演はマリー・フランス・ピジェ、ジョン・ベック、スーザン・サランドン、ラフ・ヴァローネ、クルー・ギャランガー、クリスチャン・マルカン、マイケル・ラーナー、ソレル・ブック、アンソニー・ポンジニ、ルイス・ゾリック、チャールズ・チオッフィなど。

監督
チャールズ・ジャロット
出演キャスト
マリー・フランス・ピジェ ジョン・ベック スーザン・サランドン ラフ・ヴァローネ
1977年

狼たちの影

  • 1977年7月9日(土)公開
  • 出演(Dr.Lupo 役)

妻子を殺された男が、コンピューターを駆使して復讐をとげていく姿を描くアクション。製作総指揮はテリー・レンズ、製作はフランク・アビアンカ、監督は「アンツィオ大作戦」のエドワード・ドミトリク、脚本はトーマス・ハンターとピーター・パウエル、撮影はクーサマ・ラウィ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はジョージ・ケネディ、ジョン・ミルズ、ラフ・ヴァローネ、バリー・サリヴァン、リタ・トゥシンハムなど。

監督
エドワード・ドミトリク
出演キャスト
ジョージ・ケネディ ジョン・ミルズ ラフ・ヴァローネ バリー・サリバン
1976年

ローズバッド(1975)

  • 1976年1月31日(土)公開
  • 出演(Nikolaos 役)

富豪・要人たちの娘がアラブ・ゲリラに誘拐されたことからおこる政治パニックを描く。製作・監督は「男と女のあいだ」のオットー・プレミンジャー、脚本はエリック・リー・プレミンジャー、原作は文豪ヘミングウェイの孫娘である今年25歳のジョーン・ヘミングウェイとポール・ボンヌカレーヌの共著、共同製作はグレアム・コトル、撮影はデニス・クープ、音楽はローラン・プチジラール、編集はピーター・ソーントンが各々担当。出演はピーター・オトゥール、リチャード・アッテンボロー、クリフ・ゴーマン、クロード・ドーファン、ジョン・V・リンゼイ、ピーター・ローフォード、ラフ・バローネ、アミドゥーなど。

監督
オットー・プレミンジャー
出演キャスト
ピーター・オトゥール リチャード・アッテンボロー クリフ・ゴーマン クロード・ドーファン
1975年

暗黒街抗争実録 マフィア

  • 1975年2月15日(土)公開
  • 出演(Joseph_Bonano 役)

マフィア王国内の血みどろの内部抗争を描く。製作総指揮はチャールズ・フライズ、製作はハロルド・D・コーン、監督は「悪魔のワルツ」のポール・ウェンドコス、脚本はルイス・ジョン・カルリーノ、原作はゲイ・タリーズの同名小説、撮影はアーサー・J・オーニッツとハワード・シュワルツ、音楽はジョージ・ダニングが各々担当。出演はジョセフ・ボローニャ、ブレンダ・ヴァッカロ、ラフ・ヴァローネ、リチャード・カステラーノなど。

監督
ポール・ウェンドコス
出演キャスト
ジョセフ・ボローニャ ブレンダ・ヴァッカロ ラフ・ヴァローネ リチャード・カステラーノ
1973年

サマータイムキラー

  • 1973年8月4日(土)公開
  • 出演(Alfredi 役)

マフィアに父を殺された青年の復讐物語。監督は「ラスベガス強奪作戦」のアントニオ・イサシ。サミュエル・X・アバーバネルの短編小説をレイド・バックレーとブライアン・ディガスが脚色。撮影はファン・ジェルピ、音楽はセルジオ・バルドッティが各々担当。出演はオリヴィア・ハッセー、クリス・ミッチャム、カール・マルデン、ラフ・ヴァローネ、クローディーヌ・オージェ、ジェラール・バレーなど。

監督
アントニオ・イサシ
出演キャスト
オリヴィア・ハッセー クリス・ミッチャム カール・マルデン ラフ・ヴァローネ
1970年

コンドルの砦

  • 1970年11月3日公開
  • 出演(Cordoba 役)

動乱のメキシコを舞台にアメリカ情報将校たちの冒険を描いた作品。製作はヴィンセント・M・フェネリー、監督をポール・ウェンドコスと「新荒野の七人 馬上の決闘」のコンビ、脚本はスティーブン・カンデル、撮影アントニオ・マカソリ、音楽は「大脱走」のエルマー・バーンスタインが担当。出演は「ペンダラム」のジョージ・ペパード、「豹/ジャガー」のジョヴァンナ・ラリ、「クレムリンレター」のラフ・ヴァローネ、ピート・デュエル、ドン・ゴードン、ニコ・ミナードス、ガブリエル・ティンティ、ジョン・ラッセルなど。デラックスカラー、パナビジョン。1970年作品。

監督
ポール・ウェンドコス
出演キャスト
ジョージ・ペパード ジョヴァンナ・ラリ ラフ・ヴァローネ ピート・デュエル

ミニミニ大作戦(1969)

  • 1970年1月15日公開
  • 出演(Altabani 役)

とてつもないスリルとユーモアの中に現代の亀裂をのぞかせる異色作。監督は「密室」のピーター・コリンソン、トロイ・ケネディ・マーティンが脚本を担当。カメラはチック・ウォーターソン、ロニー・マース、ウォリー・バイヤット、音楽は「失われた男」のクインシー・ジョーンズが担当した。製作は「ナック」のマイケル・ディーリー。出演は「空軍大戦略」のマイケル・ケイン、「夕なぎ」のノエル・カワード、「殺しのビジネス」のラフ・ヴァローネ、「湖愁」のロッサノ・ブラッツィ。その他マーガレット・ブライ、ベニー・ヒル、トニー・ベックリーなど。カラー、パナビジョン。1969年作品。

監督
ピーター・コリンソン
出演キャスト
マイケル・ケイン ノエル・カワード マーガレット・ブライ ベニー・ヒル
1966年

殺しのビジネス

  • 1966年11月26日公開
  • 出演(Ardonian 役)

ディノ・マイウリが物語と脚本を担当、ヘンリー・レビンが監督したスパイ・アクション。撮影は「バラバ」のアルド・トンティ、音楽は「国境は燃えている」のマリオ・ナシンベーネが担当した。出演はマイケル・コナーズ、ドロシー・プロバイン、テリー・トーマス、ラフ・ヴァローネほか。製作は「天地創造」のディノ・デ・ラウレンティス。

監督
ヘンリー・レビン
出演キャスト
マイケル・コナーズ ドロシー・プロバイン テリー・トーマス ラフ・ヴァローネ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラフ・ヴァローネ