映画-Movie Walker > 人物を探す > ロスコー・アーバックル

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1970年 まで合計5映画作品)

1970年

喜劇王チャップリン

  • 1970年8月11日公開
  • 出演

映画史上、最高最大の喜劇役者チャールズ・チャップリンの足跡を、その作品を折りまぜて編集したもので、1人の芸術家と、その社会的背景の歴史を描いたものである。脚本・監督はバーノン・P・ベッカー、音楽はアルバート・ヘイグが担当した。出演はチャップリンのほかに、ロスコー・アーバックル、シドニー・チャップリン、チェスター・コンクリン、マリー・ドレッスラーらのなつかしいフィルム。ナレーションはダグラス・フェアバンクス・ジュニア。日本語版の説明は牧野周一が担当した。製作は脚本・監督のバーノン・P・ベッカーとメル・メイ。なお製作顧問に往年のコメディアンでチャップリン映画のスタッフでもあったエドワード・A・サザーランド、イギリスの映画評論家ウィリアム・K・エバーソンほか2人。なお、この映画で出てくるチャップリン作品は次の通り。「チャップリンの寄席見物」「成功争い」「ベニスの子供自動車競争」「雨のおかげ」「メイベル自動車の巻」「キャバレーご難の巻」「チャップリンとパン屋」「メイベルの結婚生活」「仮装舞踏会」「雨夫婦」「醜女の深情」「有史以前の過去」「チャップリンの役者」「チャップリンの駈落ち」「チャップリンの悔恨」「アルコール先生夜通し転宅」「チャップリンの放浪者」「三つどもえ事件」「チャップリンのスケート」「チャップリンの移民」「チャップリンの勇敢」「ザ・ボンド」。

監督
バーノン・P・ベッカー
出演キャスト
チャールズ・チャップリン ロスコー・アーバックル シドニー・チャップリン チェスター・コンクリン
1961年

喜劇の王様たち

  • 1961年12月17日公開
  • 出演

昨年公開された「喜劇の黄金時代」と同傾向のサイレント・コメディ抜粋映画。アメリカのプロデューサー、ロバート・ヤングソンが、ハリウッドで往年に全盛をきわめた、スラップスチック・コメディ映画の数々を集めて、再編集したもの。初期1914年のマック・センネットの製作になるものからサイレント時代の幕が降りかけている1928年のハル・ローチ・プロのものに至まで2500巻ものフィルムの中から選び出している。まず、チャップリンがマック・セーネットの下でデビューした当時の作品が3本紹介される。チェスター・コンクリンとの共演の“A Film Johnny”明眸といわれたメイベル・ノーマンドとの共演作品His Trysting Place プロペラ自動車の登場するA Gentleman of Never など。続いては、ファティ(でぶ)の愛称で知られたロスコー・アーバックルとノーマンドとが活躍する、“Fatty and Mabel Adrift”グロリア・スワンソンがウォーレス・ビアリーとの共演で大活劇を演じる“Teddy at the Throttle”など。次はハリー・ラングドンが妖艶さをうたわれたマデリン・ハーロックそのほかとともに名演を見せる作品と20年代に全盛を誇ったハル・ローチ喜劇の代表的なもの2作が続いて紹介される。スナップ・ポラード主演の“It's a Gift”エドガー・ケネディ主演のアイスクリーム騒動珍談“A Pair of Tights”ここでキートンも登場してキーストン・コップス(警官隊)をほんろうする。ほかにやぶにらみの珍優ベン・ターピンのアラスカもの、ビリー・ビーバンの演じる独創的なギャグの数々が紹介される。最後は極楽コンビで知られたローレル=ハーディの登場する“A Big Business”

出演キャスト
チャールズ・チャップリン メイベル・ノーマンド ロスコー・アーバックル グロリア・スワンソン
1921年

スィート・ホーム

  • 1921年公開
  • 出演(Erastus_Berry 役)

「嫁が欲しうてなりませぬ」等と同じくデブ君ロスコー・アーバックル氏主演のパラマウント映画である。米国では例のデブ君ラップ嬢事件等の為に発売されていなかった様である。カーティス・ベントン氏の原作をウォルター・ウッズ氏が脚色し、「ふるさとの家」「剣の輝き」「結婚は失敗か」等多数に優秀作品を製作し喜劇方面では完全に大家となったジェームズ・クルーズ氏が監督した。相手役はクルーズ氏作品になくてはならないいぢらしいライラ・リー嬢、其他ナイジェル・バリー氏、喜劇の天才レイモンド・ハットン氏等が共演している。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ロスコー・アーバックル ライラ・リー ナイジェル・バリー ハーバート・スタンディング

ブルースターの富

  • 1921年公開
  • 出演(Monte_Brewster 役)

ジョージ・バー・マッカッチョン原作の同名の小説をアーサー・ウッズが脚色し、「北国の雄叫」などと同じくジョセフ・ヘナベリーの監督によったもの。主役は先日来朝したデブ・ロスコー・アーバックルで、「我れ若し王者なりせば」「狐」などで出演のベティー・ロス・クラークが共演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ロスコー・アーバックル ベティー・ロス・クラーク フレッド・ハントリー マリオン・スキナー

嫁が欲しうてなりませぬ

  • 1921年公開
  • 出演(Dr._Hobart_Hupp _a_Physician 役)

「石油成金」「デブの当た年」「臆病探偵」等同様ロスコー・アーバックル氏主演のパラマンウト映画で原作はフランク・コンドン氏、脚色は右映画と同じウォルター・ウッズ氏、良い喜劇的気分を出す名手ジェームズ・クルーズ氏が「臆病探偵」同様監督した。「石油成金」「血と砂(1922)」等のライラ・リー嬢が相手役、人気者ブル・モンタナ君の顔を見える。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ロスコー・アーバックル ライラ・リー ルーラ・アンソン エドウィン・スティーヴンス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロスコー・アーバックル