映画-Movie Walker > 人物を探す > エイドリアン・ライン

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2003年 まで合計8映画作品)

2003年

運命の女

  • 2003年1月11日(土)
  • 監督、製作

「危険な情事」のエイドリアン・ライン監督が、リチャード・ギア&ダイアン・レイン主演で描く衝撃のサスペンス。年下青年との情事におぼれる妻と、妻の不倫を知った夫の葛藤をスリリングに描く。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
リチャード・ギア ダイアン・レイン オリヴィエ・マルティネス エリック・ペア・サリヴァン
1999年

ロリータ(1999)

  • 1999年5月1日(土)
  • 監督

中年の仏文学者が12歳の娘を愛するあまり義理の父となり、ふたりで放浪する様を描いたインモラルな愛のドラマ。原作はロリータ・コンプレックスという言葉を生んだウラディーミル・ナボコフの同名小説。62年にスタンリー・キューブリック監督、ピーター・セラーズ、スー・リオン主演による映画化に続く、2度めの映画化。米国では1年半の間公開が見送られていたが、98年秋に小規模公開された。監督は「危険な情事」「幸福の条件」のエイドリアン・ライン。脚本は『ザ・ニューヨーカー』や『ヴァニティ・フェア』誌で活躍するジャーナリストで、これが初の映画脚本となるスティーヴン・シフ。製作は「スターゲイト」のマリオ・カサールとジョエル・B・マイケルズ。撮影はハワード・アサートン。音楽は「Uターン」のエンニオ・モリコーネ。美術はジョン・ハットマン。編集はジュリー・モンローとデイヴィッド・ブレナー。衣裳は「プラクティカル・マジック」のジュディアナ・マコフスキー。出演は「仮面の男」のジェレミー・アイアンズ、これが映画デビューとなり、本作のあと「フェイス/オフ」に出演したドミニク・スウェイン(撮影時は15歳)、「疑惑の幻影」のメラニー・グリフィス、「エディー 勝利の天使」のフランク・ランジェラほか。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
ジェレミー・アイアンズ ドミニク・スウェイン メラニー・グリフィス フランク・ランジェラ
1993年

幸福の条件

  • 1993年5月22日(土)
  • 監督

夫婦の間に1人の男が入って繰り広げる愛憎ドラマ。監督は「ジェイコブス・ラダー」のエイドリアン・ライン。製作は「ブラック・レイン」のシェリー・ランシング。エグゼクティヴ・プロデューサーはトム・シュルマンとアレックス・ガードナー。ジャック・エンゲルハードの原作を基にエイミー・ホールデン・ジョーンズが脚色。撮影は「危険な情事」のハワード・アサートンが担当。主演は「スニーカーズ」のロバート・レッドフォード、「ア・フュー・グッドメン」のデミ・ムーア、「ハードプレイ」のウディ・ハレルソン。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
ロバート・レッドフォード デミ・ムーア ウディ・ハレルソン シーモア・カッセル
1991年

ジェイコブス・ラダー(1990)

  • 1991年4月6日(土)
  • 監督

夢と現実との区別がつかなくなって悪夢の中を彷徨う男の恐怖の体験を描くサイコ・スリラー。エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサールとアンドリュー・ヴァイナ、製作はアラン・マーシャル、監督は「危険な情事」のエイドリアン・ライン、脚本は「ゴースト ニューヨークの幻」のブルース・ジョエル・ルービン、撮影はジェフリー・キンボール、音楽はモーリス・ジャールが担当。出演はティム・ロビンス、エリザベス・ペーニャほか。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
ティム・ロビンス エリザベス・ペーニャ ダニー・アイエロ マット・クレイヴン
1988年

危険な情事

  • 1988年2月11日(木)
  • 監督

わずか一度の情事を楽しんだことから女につきまとわれる男の悪夢を描く。製作は「クレイマー、クレイマー」のスタンリー・R・ジャッフェとシェリー・ランシング、脚本はジェームズ・ディアデン、監督は「ナインハーフ」のエイドリアン・ライン、撮影はハワード・アサートン、音楽はモーリス・ジャール、美術はメル・ボーンが担当。出演はマイケル・ダグラス、グレン・クロース、アン・アーチャーほか。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
マイケル・ダグラス グレン・クローズ アン・アーチャー エレン・ハミルトン・ラトセン
1986年

ナインハーフ

  • 1986年4月26日(土)
  • 監督

ニューヨークを舞台に一組の男女の9週間半の愛を描く。製作はアンソニー・ルーファス・アイザックス、ザルマン・キング、エグゼクティヴ・プロデューサーは、キース・バリッシュ、フランク・コニグスバーグ、監督は「フラッシュダンス」のエイドリアン・ライン。エリザベス・マクニールの原作(「飼われた猫のように」早川書房刊)を基にパトリシア・ノップとキングが脚色。撮影はピーター・ピジウ、音楽はジャック・ニッチェ、プロダクション・デザインはケン・デイヴィスが担当。出演はミッキー・ローク、キム・ベイシンガーなど。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
ミッキー・ローク キム・ベイシンガー マーガレット・ウィットン デイヴィッド・マーグリース
1983年

フラッシュダンス

  • 1983年7月30日(土)
  • 監督

ブロのダンサーをめざす19歳の溶接工の愛、友情、そして夢を描く。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラック・ハイマー。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・ピータースとピーター・グーバーがつとめている。監督は「フォクシー・レディ」(80)のエイドリアン・ライン。トム・ヘドリーの原案に基づき、ヘドリー自身と「フィスト」のジョー・エスターハスが脚本を執筆。撮影はドン・ピーターマン、音楽はジョルジォ・モロダー、編曲・指揮はシルヴェスター・リーヴェイが担当。主題歌をアイリーン・キャラが歌っている。振付けはジェフリー・ホーナディが手掛けている。出演は四千人のなかから選ばれたエール大学の1年生のジェニファー・ビールス、マイケル・ヌーリー、リリア・スカラ、ベリンダ・バウアー、サニー・ジョンソンなど。82年10月18日、ピッツバーグのロケ撮影で製作を開始し、LAロケを含む3カ月間で主要場面の撮影を終了した。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。イーストマン・カラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
ジェニファー・ビールス マイケル・ヌーリー ベリンダ・バウアー リリア・スカラ
1980年

フォクシー・レディ

  • 1980年8月23日(土)
  • 監督

南カリフォルニアのダウンタウンを舞台に、恵まれない家庭環境に絶望しながらも、厳しい現実の中で泥まみれになりながら成長していく4人の少女たちの姿を描く。製作はデイヴィッド・パットナムとジェラルド・エアーズ、監督はエイドリアン・ライン、脚本はジェラルド・エアーズ、撮影はレオン・ビジュー、音楽はジョルジオ・モロダー、編集はジム・コブレンツ、美術はマイケル・レベスクが各々担当。出演はジョディ・フォスター、スコット・バイオ、サリー・ケラーマン、ランディ・クエイド、ロイス・スミス、アダム・フェイス、チェリー・カーリー、マリリン・ケーガン、キャンディス・ストローなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、ビスタサイズ。1980年作品。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
ジョディ・フォスター スコット・バイオ サリー・ケラーマン ランディ・クエイド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エイドリアン・ライン