TOP > 映画監督・俳優を探す > トーマス・バッキンガム

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1930年 まで合計5映画作品)

1930年

ハア・マン

  • 1930年
  • 脚色、台詞

「空中大曲芸団」のヘレン・トウェルヴトウリース、舞台出のマージョリー・ランボー、「イバニエズの激流」のリカルド・コルテス、「悪魔の日曜日」のフィリップス・ホームスの主演映画。「脱走兵」「波乗り越えて」のハワード・ヒギンと「旅役者」のテイ・ガーネットが同時に監督している。撮影はエドワード・スナイダー。その他、ジェームズ・グリースン、ハリー・スウィート、フランクリン・パングボーン、マシュー・ベッツ、セルマ・トッド等が助演している。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ マージョリー・ランボー リカルド・コルテス フィリップス・ホームス
1926年

トニー大暴れ

  • 1926年
  • 監督

「破竹の勢い」「八面六臀の勇」等と同じくトム・ミックス氏主演西部劇で、ヘンリイ・ニップス氏の原作をエドフリッド・A・ビンガム氏とロバート・ロード氏とが脚色し、「危機一髪」「大旋風騎手」等と同じくトーマス・バッキンガム氏が監督したもの。ミックス氏の相手女優は「怒号する天地(1925)」「喧嘩両成敗」等出演のジャクリーン・ローガン嬢で、マリオン・ハーラン嬢、ローフォード・デヴイッドソン氏、デユーク・リー氏等が助演している。

監督
トーマス・バッキンガム
出演キャスト
トム・ミックス ジャクリーヌ・ローガン ローフォード・デイヴィッドソン デューク・リー
1924年

驀進列車

  • 1924年
  • 監督

「最大急行」「震大動地」等と同じくリンカーン・J・カーターで、これをフレッドジャクスンとロバート・N・リーが脚色し、センチュリー喜劇に長く監督をしていたトーマス・バッキンガムが監督の任に当たった。主役は「虚栄地獄」「村の鍛冶屋」等出演のデイヴィッド・バトラー「田園懐し」「天魔空を駆ける」等出演のポーリン・スターク「龍虎相搏つ」出演のイヴリン・ブレントで、その他なかなか良い顔触れ。徹頭徹尾の大々的活劇である。

監督
トーマス・バッキンガム
出演キャスト
デイヴィッド・バトラー イヴリン・ブレント ポーリン・スターク William Hamphley

大旋風騎手

  • 1924年
  • 監督

「ファスト・メイル」「驚天動地」と同じくリンカーン・J・カーター氏原作になる舞台劇である。監督は「驀進列車」のトーマス・バッキンガム氏で、主役はレイアートの「電光ロマンス」主演のリード・ハウス氏。相手役として「男の誓」「男子の本領」等出演のアルマ・ベネット嬢「砂漠の星影」等出演のエヴェリン・ブレント嬢が出演している。高層建築上の大格闘と猛烈な自動車競走が山場になっている大活劇である。

監督
トーマス・バッキンガム
出演キャスト
リード・ハウス アルマ・ベネット ウィリアム・ノートン・ベイリー Margaret McWade

危機一髪

  • 1924年
  • 原作、脚色、監督

トーマス・バッキンガム氏がジョン・ストーン氏と共に原作脚色したものを「大旋風騎手」「驀進列車」等と同じく氏自ら監督したものである。主役は「幸福の扇」「女性礼讚」等出演のロバート・エイニュー氏で相手役は「母よ恋し」「乙女は恋した」等出演のミルドレッド・ジューン嬢が演じ「快傑ディック・ターピン」等出演のアラン・ヘール氏助演。

監督
トーマス・バッキンガム
出演キャスト
ロバート・エイニュー ミルドレッド・ジューン アラン・ヘイル Bruce Covington
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > トーマス・バッキンガム

ムービーウォーカー 上へ戻る