TOP > 人物を探す > ジャスミン・トリンカ

年代別 映画作品( 2002年 ~ 2016年 まで合計7映画作品)

2016年

ザ・ガンマン

  • 2016年2月6日(土)
  • 出演

2度のアカデミー賞主演男優賞に輝く名優ショーン・ペンが、元特殊部隊の暗殺者を演じるサスペンス・アクション。暗殺者としての過去を捨て、ひっそりと生きていた男が、何者かに命を狙われ、再び危険な世界に足を踏み込んでいく姿を描く。監督は『96時間』で演技派リーアム・ニーソンをアクションヒーローに仕立てたピエール・モレル。

監督
ピエール・モレル
出演キャスト
ショーン・ペン ハビエル・バルデム イドリス・エルバ レイ・ウィンストン
2015年

サンローラン

  • 2015年12月4日(金)
  • 出演(タリタ 役)

60年代後半に頭角を現し、ファッション界に衝撃を与えた天才デザイナー、イヴ・サンローラン。そんな彼が世界的にブレイクを果たした67年からの10年間を描く人間ドラマ。天才と称えられながらも、その裏でスランプからすべてを見失い、苦悩するサンローランをギャスパー・ウリエルが演じる。

監督
ベルトラン・ボネロ
出演キャスト
ギャスパー・ウリエル ジェレミー・レニエ ルイ・ガレル レア・セドゥ

夫婦の危機

  • 2015年6月27日(土)
  • 出演(テレーザ 役)

元敏腕映画プロデューサーが、若い女性の脚本を映画化しようとしたことをきっかけに騒動が巻き起こる様子を通じて、家庭や仕事、イタリア政治の危機を描くコメディ。監督は「息子の部屋」のナンニ・モレッティ。出演は「恋するローマ、元カレ・元カノ」のシルヴィオ・オルランド、「ローマ法王の休日」のマルゲリータ・ブイ。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
シルヴィオ・オルランド マルゲリータ・ブイ ジャスミン・トリンカ エリオ・デ・カピターニ
2012年

メゾン ある娼館の記憶

  • 2012年6月2日(土)
  • 出演

暴力や病気と常に隣り合わせの、儚く過酷な運命を生きる娼婦たち。高級娼婦の彼女たちが見せる様々な表情を、見事な映像美で描いた群像劇。監督は、「ティレジア」に続き、本作でもカンヌ国際映画祭のコンペティション部門に選出されたベルトラン・ボネロ。クラシックの音楽家という一面も持つボネロ監督は、光と音楽を緻密に配置した絵画を思わせる芸術的映像で、20世紀初頭パリの優雅でデカダンスな娼館を美しく再現する。R18相等。『未体験ゾーンの映画たち』の一作として、ヒューマントラストシネマ渋谷より上映された。

監督
ベルトラン・ボネロ
出演キャスト
ノエミ・ルボフスキー アフシア・エルジ セリーヌ・サレット ジャスミン・トリンカ
2007年

イタリア的、恋愛マニュアル

  • 2007年7月14日(土)
  • 出演(ジュリア 役)

イタリアで大ヒットしたオムニバス・ムービー。ある男女4組の姿を通し、恋、危機、浮気、別離という誰もが経験するであろう“恋愛”の瞬間の数々をコミカルに紡ぐ。

監督
ジョヴァンニ・ヴェロネージ
出演キャスト
シルヴィオ・ムッチーノ ジャスミン・トリンカ フランチェスコ・マンデッリ マルゲリータ・ブイ
2005年

輝ける青春

  • 2005年7月9日(土)
  • 出演(ジョルジア 役)

第56回カンヌ映画祭ある視点部門でグランプリに輝いたイタリア発の家族ドラマ。ローマで暮らすひとつの家族の37年間の物語を、6時間6分かけて丁寧に描いていく。

監督
マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
出演キャスト
ルイジ・ロ・カーショ アレッシオ・ボーニ アドリアーナ・アスティ ソニア・ベルガマスコ
2002年

息子の部屋

  • 2002年1月19日(土)
  • 出演(Irene 役)

2001年カンヌ映画祭パルムドール(最高賞)に輝く感動の人間ドラマ。悲しみのどん底から再生へ向かう家族の姿を、静かな日常生活の中に鮮烈に描き出す珠玉作だ。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
ナンニ・モレッティ ラウラ・モランテ ジャスミン・トリンカ ジュゼッペ・サンフェリーチェ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジャスミン・トリンカ

ムービーウォーカー 上へ戻る