TOP > 人物を探す > ケヴィン・コナリー

年代別 映画作品( 2002年 ~ 2019年 まで合計5映画作品)

2019年

ギャング・イン・ニューヨーク

  • 2019年3月22日(金)
  • 監督

ジョン・トラボルタが伝説的ギャングスター、ジョン・ゴッティを演じ、自ら製作総指揮も務めた実録犯罪ドラマ。イタリア系の貧しい家に生まれ、ファミリーのドンにのし上がったゴッティ。社会に不満を抱く民衆のヒーローとなった彼をFBIが追い込んでいく。「そんな彼なら捨てちゃえば?」など俳優としても活動するケヴィン・コナリーがメガホンを取り、ダッパー・ドン(粋なドン)とも呼ばれたゴッティの血塗られた人生を描いた。ゴッティの妻を、ジョン・トラボルタの実の妻であるケリー・プレストンが演じている。特集『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。

監督
ケヴィン・コナリー
出演キャスト
スペンサー・ロフランコ クリス・マルケイ ウィリアム・デメオ ジョン・トラヴォルタ
2009年

男と女の不都合な真実

  • 2009年9月18日(金)
  • 出演(ジム 役)

人類にとって永遠のテーマである恋愛。男女間の恋愛感の微妙なズレを描き、時に笑わせ、時にホロリとさせる、キャサリン・ハイグル&ジェラルド・バトラー主演のラブ・ストーリー。

監督
ロバート・ルケティック
出演キャスト
キャサリン・ハイグル ジェラルド・バトラー ブリー・ターナー エリック・ウィンター

そんな彼なら捨てちゃえば?

  • 2009年8月1日(土)
  • 出演(コナー・バリー 役)

全米ベストセラーの“恋愛バイブル”を人気女優の共演で映画化。男の本音を都合よく受け取る女たちの恋愛模様をせつなくもコミカルに描き出す。多彩なエピソードに共感必至!

監督
ケン・クワピス
出演キャスト
ベン・アフレック ジェニファー・アニストン ドリュー・バリモア ジェニファー・コネリー
2003年

きみの帰る場所 アントワン・フィッシャー

  • 2003年4月26日(土)
  • 出演(Slim 役)

アカデミー賞受賞の名優デンゼル・ワシントンが初監督に挑む人間ドラマ。過去と向き合う青年の姿を実話に基づいて描く。家族愛や恋愛を知っていく主人公の成長が感動的。

監督
デンゼル・ワシントン
出演キャスト
デレク・ルーク ジョイ・ブライアント デンゼル・ワシントン サリー・リチャードソン
2002年

あのころ僕らは

  • 2002年1月12日(土)
  • 出演(Jeremy 役)

人気スターのレオナルド・ディカプリオやトビー・マグワイアらがブレイク前に出演した幻の青春映画。仲間同士のなにげない会話のなかに、若者世代特有の不安定さをリアルに描き出す。

監督
アール・ディー・ロブ
出演キャスト
アンバー・ベンソン スコット・ブルーム ケヴィン・コナリー レオナルド・ディカプリオ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ケヴィン・コナリー