映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・アシュソン

年代別 映画作品( 1983年 ~ 2013年 まで合計14映画作品)

2013年

マン・オブ・スティール

  • 2013年8月30日(金)公開
  • 衣裳デザイン

これまでに何度も映像化されてきた、DCコミックの人気ヒーロー、スーパーマンの新たな物語を『ウォッチメン』のザック・スナイダー監督が創造。故郷クリプトン星を後にし、地球で育ったスーパーマンが強大な敵に立ち向かう姿が描かれる。新鋭ヘンリー・カヴィルが英国人として初めてスーパーマンを演じる。

監督
ザック・スナイダー
出演キャスト
ヘンリー・カビル エイミー・アダムス マイケル・シャノン ケビン・コスナー
2012年

決闘の大地で

  • 2012年4月14日(土)公開
  • 衣裳デザイン

伝統的な西部劇のスタイルにファンタジックな世界観を融合させた異色ウエスタン・ムービー。『ブラザーフッド』のチャン・ドンゴンが子連れの暗殺者というユニークな役どころでハリウッド初進出。日本からも『GANTZ』のアクション監督・下村勇二が参加している。『アバター』のWETAデジタル社による迫力のVFXに注目。

監督
イ・スンム
出演キャスト
チャン・ドンゴン ケイト・ボスワース ダニー・ヒューストン ジェフリー・ラッシュ
2004年

スパイダーマン2

  • 2004年7月10日(土)公開
  • 衣装デザイン

同名アメコミを映画化した大ヒット・アクションの続編。恋と友情に悩む主人公の葛藤を交え、金属の触手をあやつる強敵VS正義のヒーローの壮絶バトルが展開。

監督
サム・ライミ
出演キャスト
トビー・マグワイア キルスティン・ダンスト アルフレッド・モリーナ ジェームズ・フランコ
2003年

デアデビル

  • 2003年4月5日(土)公開
  • 衣装デザイン

「スパイダーマン」に続く新たなアメコミ・ヒーローが日本上陸。特殊能力をもつ盲目の弁護士が、傷だらけになりながらも巨悪に挑む姿を描くドラマチックな痛快作だ。

監督
マーク・スティーヴン・ジョンソン
出演キャスト
ベン・アフレック ジェニファー・ガーナー マイケル・クラーク・ダンカン コリン・ファレル
2002年

スパイダーマン

  • 2002年5月11日(土)公開
  • 衣装デザイン

62年、米国に登場して以来愛され続けてきたヒーロー物語が、ついに映画化。NYを舞台に、恋に悩み正義に葛藤する等身大ヒーローの活躍をデジタルVFXで描く痛快作だ。

監督
サム・ライミ
出演キャスト
トビー・マグワイア キルスティン・ダンスト ウィレム・デフォー ジェームズ・フランコ
1998年

仮面の男(1998)

  • 1998年8月8日(土)公開
  • 衣装デザイン

太陽王と呼ばれた皇帝ルイ14世と仮面の男の謎を描く大河ロマン。文豪アレクサンドル・デュマの名作『鉄仮面』を、「ブレイブハート」の脚本家で本作が監督デビューとなるランダル・ウォレスの監督・脚本で映画化。製作総指揮は「ブレイブハート」のアラン・ラッド・Jr.。撮影は「マーズ・アタック!」のピーター・サシツキー。美術は「ネイキッド・タンゴ」のアンソニー・ブラッド。衣裳は「恋の闇 愛の光」のジェームズ・アシュソン。出演は「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオ、「チャイニーズ・ボックス」のジェレミー・アイアンズ、「ハムレット」のジェラール・ドパルデュー、「コン・エアー」のジョン・マルコヴィッチ、「エンド・オブ・バイオレンス」のガブリエル・バーン、「リディキュール」のジュディット・ゴドレーシュ、「彼女たちの関係」のアンヌ・パリローほか。

監督
ランダル・ウォレス
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ ジェレミー・アイアンズ ジョン・マルコヴィッチ ジェラール・ドパルデュー
1996年

恋の闇 愛の光

  • 1996年11月30日(土)公開
  • 衣装デザイン

清教徒革命の終焉で新しい国王チャールズ2世を迎えた英国、その繁栄の光と影を、一人の医師の流転を通して描くコスチューム・ドラマ。監督はマイケル・ホフマン。製作は「ザ・プレイヤー」「ショート・カッツ」を製作したアヴニュー・ピクチャーズのキャリー・ブロカウ、アンディ・パターソン、サラ・ライアン・ブラック。出資・配給はミラマックス・フィルムズで、同社の代表である「プレタポルテ」「スモーク」のボブ・ウェインスタインとハーヴェイ・ウェインスタインがドナ・ジグリオッティと共に、共同製作にクレジットされている。エグゼクティヴ・プロデューサーはキップ・ハゴピアン、スーパーヴァイジング・プロデューサーはガース・トーマス。ローズ・トレメインの小説をもとに、ルパート・ウォルタースが脚本を執筆。撮影は「カンザス・シティ」のオリヴァー・ステイプルトン。音楽は「陪審員」のジェームズ・ニュートン・ハワード、美術はイタリア出身で本作でアカデミー賞を受賞したユージニオ・ザネッティ、編集はガース・カーヴァーがそれぞれ担当。衣裳は初の長編劇映画「ラストエンペラー」でアカデミー衣裳デザイン賞に輝いたジェームズ・アチュソンで、本作で二度目のオスカーを獲得している。出演は「ホーム・フォー・ザ・ホリデイ」のロバート・ダウニー・ジュニア、「泉のセイレーン」のサム・ニール、「太陽と月に背いて」のデイヴィッド・シューリス、「戦火の勇気」のメグ・ライアン、「リチャード三世」のイアン・マッケレン、「ウェールズの山」のヒュー・グラントと演技派ぞろい。

監督
マイケル・ホフマン
出演キャスト
ロバート・ダウニーJr. サム・ニール デイヴィッド・シューリス ポリー・ウォーカー
1995年

フランケンシュタイン(1994)

  • 1995年2月11日(土)公開
  • 衣装デザイン

1816年に発表された恐怖小説の古典を、豪華なスタッフとキャストで、原題のとおりメアリー・シェリー女史の原作のスケール感と雰囲気を忠実に再現、映画化したホラー・ロマン大作。製作は「ドラキュラ(1992)」に続いてモンスター映画の再生に挑んだフランシス・フォード・コッポラと、同作のジェームズ・V・ハート、ジョン・ヴェイチで、エグゼクティヴ・プロデューサーは、コッポラの「ゴッドファーザーPARTIII」のフレッド・フックス。監督・共同製作・主演の三役をこなしたのは、「から騒ぎ」の英国演劇界の鬼才ケネス・ブラナー。脚本は「エルム街の悪夢3 惨劇の館」「ブロブ 宇宙からの不明物体」のフランク・ダラボンと、新鋭女性脚本家ステフ・レイディの共同。撮影は「バットマン(1989)」「未来世紀ブラジル」のロジャー・プラット、音楽はブラナーと共にルネッサンス・シアター・カンパニーの舞台公演を手掛け、彼の「ヘンリー五世(1989)」にも参加したパトリック・ドイル。美術はブラナーの全作品を手掛けたティム・ハーヴェイ、特殊メイクは「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」「リトル・ブッダ」のダニエル・パーカーが担当。クリーチャー(怪物)には「ブロンクス物語 愛に包まれた街」のロバート・デ・ニーロが扮し、「ハワーズ・エンド」のヘレナ・ボナム・カーター、「アマデウス」のトム・ハルスほかが共演。

監督
ケネス・ブラナー
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ ケネス・ブラナー トム・ハルス ヘレナ・ボナム・カーター
1994年

リトル・ブッダ

  • 1994年5月14日(土)公開
  • 美術

ブッダの魂を受け継ぐと告げられた子供たちが、彼の生涯に触れていくさまを通じて、輪廻転生のテーマに迫った大作。原案・監督のベルナルド・ベルトルッチが、「ラストエンペラー」「シェルタリング・スカイ」に続いて“オリエント三部作”の最終章を飾る作品として発表した。製作のジェレミー・トーマス、共同脚本のマーク・ペプロー、撮影のヴィットリオ・ストラーロ、音楽の坂本龍一、美術・衣装のジェームズ・アシュソンと、ベルトルッチ作品の常連が結集。そのほかのスタッフは、共同脚本に「ウインズ」のルディ・ワーリッツァー、編集に「JFK」のピエトロ・スカラ。出演は、本作でデビューした9歳の子役アレックス・ウィーゼンダンガー、「ドラキュラ」(92)のキアヌ・リーヴス、「アサシン」のブリジット・フォンダほか。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
アレックス・ウィーゼンダンガー キアヌ・リーヴス ブリジット・フォンダ クリス・アイザック
1993年

嵐が丘(1992)

  • 1993年7月3日(土)公開
  • 衣装デザイン

エミリー・ブロンテの名作『嵐が丘』の映画史上五度目の映像化。今回は原作を最後まで忠実に映画化している。監督はテレビ・ドキュメンタリー出身のピーター・コズミンスキー。製作はキャスティング・ディレクター出身のメリー・セルウェイ。脚本はアン・デヴリン。撮影は「リトルマン・テイト」のマイク・サウソン。音楽は「ハイヒール」の坂本龍一が担当。主演は「ダメージ」のジュリエット・ビノシュ、英国ロイヤル・シェークスピアカンパニー出身で、本作が映画デビューとなるレイフ・ファインズ。「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」のソフィー・ウォード、「ヘンリー五世」のサイモン・シェパード、世界的な人気シンガーでアイルランド出身のシンニード・オコナーらが共演。

監督
ピーター・コズミンスキー
出演キャスト
ジュリエット・ビノシュ レイフ・ファインズ ジャネット・マクティア サイモン・シェパード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・アシュソン