映画-Movie Walker > 人物を探す > ダコタ・ファニング

年代別 映画作品( 2002年 ~ 2019年 まで合計26映画作品)

2019年

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

  • 2019年8月30日(金)公開
  • 出演(Squeaky Fromme 役)

『パルプ・フィクション』などの鬼才、クエンティン・タランティーノ監督による長編9作目。1969年の黄金期のハリウッドを舞台に、落ち目の俳優とその専属スタントマンが映画界で奔走する姿を描く。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが本作で初共演を果たすほか、マーゴット・ロビーやアル・パチーノなど豪華キャスト陣が脇を固める。

監督
クエンティン・タランティーノ
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ ブラッド・ピット アル・パチーノ マーゴット・ロビー
2018年

500ページの夢の束

  • 2018年9月7日(金)公開
  • 出演(ウェンディ 役)

ダコタ・ファニングが『スター・トレック』が大好きな自閉症の少女を演じる青春ドラマ。『スター・トレック』の脚本コンテストに応募するため、愛犬を連れて初めての一人旅に出た少女が、旅先で出会う人々との交流を通して、成長していく姿を描く。『マイレージ、マイライフ』のダニエル・ダビッキが製作を務める。

監督
ベン・リューイン
出演キャスト
ダコタ・ファニング トニ・コレット アリス・イヴ リヴァー・アレクサンダー

オーシャンズ8

  • 2018年8月10日(金)公開
  • 出演(Penelope Stern 役)

ジョージ・クルーニーら豪華キャストが犯罪のプロに扮した人気シリーズ『オーシャンズ』の流れを汲む、女性だけの犯罪のプロフェッショナル・チームの活躍を描くクライム・サスペンス。スゴ腕のチーム8人が“ファッション界のアカデミー賞”と呼ばれるメットガラで、セレブたちからお宝を横取りしようと奮闘する。

監督
ゲイリー・ロス
出演キャスト
サンドラ・ブロック ケイト・ブランシェット ヘレナ・ボナム・カーター サラ・ポールソン

ブリムストーン

  • 2018年1月6日(土)公開
  • 出演(Liz 役)

ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に選出されたスリラー。小さな村で年の離れた夫と2人の子供と暮らす助産師のリズは、言葉を発することはできないが、幸せに生きていた。しかしある日、村にやってきた一人の牧師によって彼女の人生は一変する……。出演は、「エイリアン コヴェナント」のガイ・ピアーズ、「アメリカン・バーニング」のダコタ・ファニング、「海賊じいちゃんの贈りもの」のエミリア・ジョーンズ、「ワルキューレ」のカリス・ファン・ハウテン、「ポンペイ」のキット・ハリントン。監督・脚本は、「恋するレストラン」のマルティン・コールホーヴェン。

監督
マルティン・コールホーヴェン
出演キャスト
ガイ・ピアース ダコタ・ファニング エミリア・ジョーンズ カリス・ファン・ハウテン

シークレット・デイ

  • 2018年1月6日(土)公開
  • 出演(Ronnie Fuller 役)

アンソニー賞&バリー賞受賞の小説『あの日、少女たちは赤ん坊を殺した』の映画化。少女ロニーとアリスは炎天下に放置された赤ん坊を見つけ、保護しようと連れ去った。7年後、頻発する幼児誘拐事件を捜査する刑事ナンシーは、少年院を出た二人に目をつける。監督は、「フロム・イーブル バチカンを震撼させた悪魔の神父」のエイミー・バーグ。出演は、「ボンジュール、アン」のダイアン・レイン、「アイ・アム・サム」のダコタ・ファニング、「ハンガーゲーム」シリーズのエリザベス・バンクス。未体験ゾーンの映画たち2018にて上映。

監督
エイミー・バーグ
出演キャスト
ダイアン・レイン ダコタ・ファニング エリザベス・バンクス ダニエル・マクドナルド
2017年

アメリカン・バーニング

  • 2017年7月15日(土)公開
  • 出演(Merry Levov 役)

ユアン・マクレガーが長編監督デビュー作として、ピューリッツァー賞受賞作を映画化。1960年代、父の事業を継ぎ、順風満帆な人生を歩むスウィード。だが、一人娘が爆弾テロ事件の直後に姿を消したことをきっかけに、彼の幸せな人生が崩壊してゆく……。共演は「ノア 約束の舟」のジェニファー・コネリー、「17歳のエンディングノート」のダコタ・ファニング。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション 2017』にて上映。

監督
ユアン・マクレガー
出演キャスト
ユアン・マクレガー ジェニファー・コネリー ダコタ・ファニング デヴィッド・ストラザーン
2014年

ランナウェイ・ブルース

  • 2014年3月15日(土)公開
  • 出演(アニー・ジェームズ 役)

不器用な兄と優しく繊細な弟の逃避行を描くヒューマンドラマ。「バッド・ルーテナント」のプロデューサーとして知られるアラン・ポルスキーとガブリエル・ポルスキー兄弟が本作で監督デビューを果たした。出演は「イントゥ・ザ・ワイルド」のエミール・ハーシュ、「SOMEWHERE」のスティーヴン・ドーフ、「17歳のエンディングノート」のダコタ・ファニング、「天国の門」のクリス・クリストファーソン。

監督
アラン・ポルスキー ガブリエル・ポルスキー
出演キャスト
エミール・ハーシュ スティーヴン・ドーフ クリス・クリストファーソン ダコタ・ファニング
2013年

17歳のエンディングノート

  • 2013年4月27日(土)公開
  • 出演(テッサ・スコット 役)

『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』の脚本家、オル・パーカーがベストセラー小説をダコタ・ファニング主演で映画化した青春ストーリー。突如、余命宣告を受けた少女が、生きている実感を得ようと奮闘する姿が描かれる。『戦火の馬』のジェレミー・アーヴァインがヒロインの心の支えとなる青年を演じている。

監督
オル・パーカー
出演キャスト
ダコタ・ファニング ジェレミー・アーヴァイン パディ・コンシダイン オリビア・ウィリアムズ
2012年

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2

  • 2012年12月28日(金)公開
  • 出演(ジェーン 役)

人間の少女とヴァンパイアの青年との恋を描き、世界中の人々を魅了してきたラブ・ストーリーの完結編の後編。母となり、ヴァンパイアに転生したベラと、父親になったエドワード、そしてジェイコブ。3人の運命に遂に終止符が打たれる。前作に引き続きメガホンを握るのは『ドリームガールズ』のビル・コンドン。

監督
ビル・コンドン
出演キャスト
クリステン・スチュワート ロバート・パティンソン テイラー・ロートナー ピーター・ファシネリ

トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1

  • 2012年2月25日(土)公開
  • 出演

人間の少女とヴァンパイアの青年との恋を描き、世界中の人々を魅了してきたラブ・ストーリーの完結編の前編。ついに結ばれたベラとエドワードを過酷な運命が待ち受ける。これまでの3作でちりばめられてきた数々の謎も明らかに。監督は『ドリームガールズ』のビル・コンドン。

監督
ビル・コンドン
出演キャスト
クリステン・スチュワート ロバート・パティンソン テイラー・ロートナー ビリー・バーク

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ダコタ・ファニング