TOP > 人物を探す > ブランコ・ジュリッチ

年代別 映画作品( 2002年 ~ 2016年 まで合計3映画作品)

2013年

最愛の大地

  • 2013年8月10日(土)
  • 出演

アンジェリーナ・ジョリーの初長編監督作となるヒューマンドラマ。92〜95年にかけてヨーロッパで起きたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争により、運命を大きく狂わせていく2人の男女の姿を映し出す。ヒロイン、アイラ役のザーナ・マリアノヴィッチ、相手役のゴラン・コスティックなど紛争を経験した同地の俳優たちが多数起用されている。

監督
アンジェリーナ・ジョリー
出演キャスト
レード・セルベッジア ザーナ・マリアノヴィッチ ゴラン・コスティック ニコラ・デュリッコ
2016年

むかしMattoの町があった

  • 2016年11月19日(土)
  • 出演(Boris 役)

精神科病院の廃絶を決めた通称バザリア法の制定に寄与したイタリア精神保健改革の父フランコ・バザーリアの闘いを描いた伝記ドラマ。主演は「人間の値打ち」で2014年にイタリアのアカデミー賞にあたるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞助演男優賞を獲得したファブリツィオ・ジフーニ。イタリアでは2夜にわたりテレビ放映され、21%の高視聴率をマークした。2012年8月23日に帝京平成大学にてリカバリー全国フォーラム2012の前夜祭として開催されたオープニング自主上映会を皮切りに、全国各地で自主上映。

監督
マルコ・タルコ
出演キャスト
ファブリツィオ・ジフーニ ヴィットリア・プッチーニ ブランコ・ジュリッチ
2002年

ノー・マンズ・ランド

  • 2002年5月25日(土)
  • 出演(Chiki 役)

アカデミー賞外国語映画賞に輝くなど世界で絶賛された異色戦争映画。ボスニア紛争中にいがみ合う男たちの不条理な運命を、皮肉めいた笑いを交えてスリル満点に描き出す。

監督
ダニス・タノヴィッチ
出演キャスト
ブランコ・ジュリッチ レネ・ビトラヤツ フィリプ・ショヴァゴヴィッチ カトリン・カートリッジ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ブランコ・ジュリッチ

ムービーウォーカー 上へ戻る