TOP > 人物を探す > ウォーリー・カンポ

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1964年 まで合計5映画作品)

1964年

黒猫の怨霊

  • 1964年5月17日(日)
  • 出演(Brartender 役)

ポーの同名小説をリチャード・マシスンが脚色、「古城の亡霊」のロジャー・コーマンが製作・演出したミステリー・ドラマ。撮影はフロイド・クロスビー、音楽はレス・バクスターが担当した。出演は「恐怖の振子」のヴィンセント・プライス、ピーター・ローレ、ジョイス・ジェームソン、レニー・ウェインリップなど。

監督
ロジャー・コーマン
出演キャスト
ヴィンセント・プライス ピーター・ローレ ジョイス・ジェームソン レニー・ウェインリップ
1961年

空飛ぶ戦闘艦

  • 1961年12月26日(火)
  • 出演(Turner 役)

空想科学ものの原作者として知られるフランスの作家ジュール・ヴェルヌの原作を「空挺肉弾部隊」のウィリアム・ウィットニーの監督によって映画化したもの。原作の脚色に当たったのは、「縮みゆく人間」のリチャード・マシスン。撮影は「空挺肉弾部隊」のギルバート・ウォーレントン、音楽は「恐怖の振子」のレス・バクスターがそれぞれ担当。出演者は「ビッグ・サーカス」のヴィンセント・プライス、「独立騎兵隊」のチャールズ・ブロンソン、「大海賊」のヘンリー・ハル、「胸に輝く星」のメアリー・ウェブスター、ウォーリーカンポ、ヴィト・スコッティなど。

監督
ウィリアム・ウィットニー
出演キャスト
ヴィンセント・プライス チャールズ・ブロンソン ヘンリー・ハル メアリー・ウェブスター

第八高地突撃隊

  • 1961年9月26日(火)
  • 出演(Gesler 役)

「戦車軍団撃滅」のバート・トッパーが、製作・監督・脚本をワンマン・ショウで担当した戦争映画。撮影を受け持ったものはジャック・マルクェ。音楽担当はロナルド・スタイン。出演するのはトニー・ラッセル、ベインズ・バロン、ウォーリー・カンポ、ボビー・バイルズなど。製作はバート・トッパー。

監督
バート・トッパー
出演キャスト
トニー・ラッセル ベインズ・バロン ウォーリー・カンポ ボビー・バイルズ

戦車軍団撃滅

  • 1961年5月17日(水)
  • 出演(Lazzotti 役)

第二次大戦中イタリア戦線で活躍したアメリカ爆破部隊の戦闘を描いた作品。製作・監督・脚本とワンマン・ショーでバート・トッパーが担当。撮影に当たったのはジョン・ニコラウス。音楽はロナルド・スタインが受けもっている。出演するのはロバート・バロン、舞台出身の新人マギー・ローレンス、「機関銃ケリー」のウォーリー・カンポ、ドナート・ファレッタ、レオ・V・メトランガ、ジャック・ソワーズ、アンソニー・リックなど。

監督
バート・トッパー
出演キャスト
ロバート・バロン マギー・ローレンス ウォーリー・カンポ ドナート・ファレッタ
1960年

機関銃ケリー

  • 1960年4月6日(水)
  • 出演(Maize 役)

メリカ犯罪史上に名高い“機関銃ケリー”の半生を描いたギャング映画。製作者ロジャー・コーマンが、R・ライト・キャンベルのオリジナル・シナリオを自ら監督した。撮影はフロイド・クロスビー、音楽をジェラルド・フリードが担当。出演はチャールズ・ブロンソン、スーザン・キャボット、モリー・アムステルダム、ジャック・ランバートら。

監督
ロジャー・コーマン
出演キャスト
チャールズ・ブロンソン スーザン・キャボット モリー・アムステルダム ジャック・ランバート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ウォーリー・カンポ