TOP > 人物を探す > チャールズ・ステューマー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1933年 まで合計40映画作品)

1935年

倫敦の人狼

  • 1935年
  • 撮影

ブロードウェイの舞台俳優ヘンリー・ハルが主演する映画で、「地獄特急」「散り行く花」のワーナー・オーランドが共演する。原作はロバート・ハリスが主演者ハルの為に書き下ろしたもので、「雨」の劇化に当たったジョン・コルトンが脚色し、「幻の合唱」「白い肉体」のスチュアート・ウォーカーが監督に当たり「水兵がんばれ」「土曜日の大観衆」のチャールズ・ステューマーが撮影したものである。助演俳優は「フランケンシュタインの花嫁」「幻の合唱」のヴァレリーホブスン、「花咲く頃」に出演した英国映画俳優レスター・マシューズ、「若草物語(1933)」のスプリング・バイントン、舞台女優として名のあるシャーロット・グランヴィル、「巌窟王(1934)」のローレンス・グラント、「流れる青空」のJ・M・ケリガン、エセル・グリフィス、ゼフィー・ティンベリー等。

監督
スチュアート・ウォーカー
出演キャスト
ヘンリー・ハル ワーナー・オーランド ヴァレリー・ホブソン レスター・マシューズ

征空重爆撃

  • 1935年
  • 撮影

「戦時特派員」「男性の王者」のジャック・ホルトが主演する映画で、エリオット・ギボンス原作、「闇の銃声」のアルバート・デモンド脚色、「海軍士官候補生(1925)」のクリスティー・キャバンヌ監督、「倫敦の人狼」のチャールズ・ステューマー撮影になるもの。主役ホルトを助けて「恋の一夜」「心の緑野」のモナ・バリー、往時のスターで最近は専ら西班牙語版に出演しているアントニオ・モレノを始め「深夜の星」のジーン・ロックハート、グラント・ウィザース、ファニタ・ガルフィアス、バリー・ノートン、ジョージ・ルイス等が出演。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
ジャック・ホルト モナ・バリー アントニオ・モレノ ジーン・ロックハート

大鴉(1935)

  • 1935年
  • 撮影

「黒猫」と同じくボリス・カーロフとベラ・ルゴシが主演する怪奇映画で、エドガー・アラン・ポー作の詩に取材し「美人探し」のデイヴィッド・ポエムが脚色し、「流星二丁拳銃」「百雷猛獣島」等の連続映画監督者たりしルイ・フリードランダーが監督に当たり、「倫敦の人狼」「魔のボムベイ特急」のチャールズ・ステューマーが撮影している。助演者は「倫敦の人狼」のレスター・マシュース、「ボクは芸人」のアイリーン・ウェーア、「シーコウヤ」のサミュエル・S・ハインズ、イネズ・コートニー、スペンサー・チャータース等である。

監督
ルイ・フリードランダー
出演キャスト
ボリス・カーロフ ベラ・ルゴシ レスター・マシューズ アイリーン・ウェーア
1934年

ボンベイ特急

  • 1934年
  • 撮影

「晩餐八時」「彼女の用心棒」のエドモンド・ロウが出演する映画で、L・G・ブロックマンの原作を「戦慄街」「監視装甲車」のトム・リードが脚色し、「轟く凱歌」のエドウィン・L・マリンが監督に当たり「ミイラ再生」「鉄血士官校」のチャールズ・ステューマーが撮影している。助演者は「恋に賭けるな」「恐怖の甲板」のシャーリー・グレイ、「永遠に微笑む」「独立守備隊」のラルフ・フォーブス、「放送室の殺人」「監視装甲車」のオンスロー・スティーヴンス、「シャーロック・ホームズ(1932)」のブランドン・ハースト、「僕はカウボーイ」のジョン・レイ、「風雲の国際連盟」のジョン・デイヴィッドソン、「お気に召すまま(1932)」のヘッダ・ホッパー、「ラスト・パレイド」のトム・ムーア、「今宵ひととき」のフェルディナンド・ゴットシャルク、「お化け大統領」のジェームズン・トーマス、ハントリー・ゴードン等である。

監督
エドウィン・L・マリン
出演キャスト
エドモンド・ロウ シャーリー・グレイ オンスロー・スティーヴンス ラルフ・フォーブス

水兵がんばれ

  • 1934年
  • 撮影

「歓呼の夜」と同じくカート・ニューマンが監督し、チャールズ・ステューマーが撮影に当たったチェスター・モリス主演映画で、ドア・シャーリーとルイス・R・フォスターが共作し、「胡蝶となるまで」のジョン・ミーハンが脚色している。助演者は「宿命の窓」「スター悩殺」のメイ・クラーク、舞台俳優兼劇作家たるフランク・クレイヴィンを始め、「土曜日の大観衆」のアンディ・デヴァイン、「妾の弱点」のアイリーン・ウェーア、ラス・ブラウン、ジョン・ウォーバートン等である。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
チェスター・モリス メイ・クラーク フランク・クレイヴン ジョン・ウォーバートン

自殺合戦

  • 1934年
  • 撮影

「歓呼の夜」「麦畑を荒らす者」のチェスター・モリスが主役を勤める映画で、ウィリアム・A.マクガイアが原作し、「幻の合唱」のグラディス・アンガーがチャールズ・ローグと共同脚色し、「テキサス無頼漢」のエドワード・レムルが監督し、「倫敦の人狼」のチャールズ・ステューマーが撮影した。助演者は「友情の曲線」のマリアン・ニクソン、「女難アパート」のウォルター・ウルフ、「虚栄の市(1935)」のアラン・モーブレイ、ジョン・レイ、ヘンリー・アーメッタ等である。

監督
エドワード・レムル
出演キャスト
チェスター・モリス マリアン・ニクソン ウォルター・ウルフ ジョン・レイ

君と唱へば

  • 1934年
  • 撮影

「青い部屋」「透明人間」のグローリア・スチュアートが主演する映画で、ハリー・ソーバーの原作をチャンドラー・スプレイグとジョセフ・サントリーが脚色し「流れる青空」のハリー・ラックマンが監督にあたり、「歓呼の夜」のチャールズ・ステューマーが撮影した。助演者は「スポーツ・パレード」のマリアン・マーシュ、「男の一頁」のシャーリー・グレイ、「海の荒鷲(1933)」のノエル・マディソン、「令女学」のルシル・グリーソン、マーナ・ケネディー、ミッキー・ルーニーその他である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
グロリア・スチュアート ロジャー・プライア マリアン・マーシュ シャーリー・グレイ
1933年

肉弾の男

  • 1933年
  • 撮影

「明日は晴れ」「青空恋をのせて」のチェスター・モリスが主演する映画で、ウィリアム・アンソニー・マクガイアの原作を作者自らジャック・ソネドル及びスコット・ペンブロークと共同して脚色し、「ビック・ケージ」のカート・ニューマンが監督にあたり、撮影には「鉄血士官校」のチャールズ・ステューマーが任じている。相手役は「青春罪あり」「地方検事」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、「駄々っこキャグニー」「豪華船」のアリス・ホワイトが勤め、「肉体」のジョン・ミルジャン、「四十二番街」のジョージ・E・ストーン、「裏町」のジョージ・ミーカー、「心の青空」のグランド・ミッチェル、「怪特急列車」のフランク・アルバートソン、「一千万ドルの醜聞」のウォーレン・ハイマーなどが助演している。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
チェスター・モリス ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ アリス・ホワイト ジョン・ミルジャン

土曜日の試合

  • 1933年
  • 撮影

「キートンの麦酒王」「キートンの歌劇王」等を監督したスポーツ映画で、「今日限りの命」「カンターの闘牛師」のロバート・ヤングが「ラジオは笑う」「パリの魔人」のリーチ・ハイアムスは相手とて主演するもの。ルシアン・ケイルーの原作を「大空の闘士」「北海の漁火」のデール・ヴァン・エヴァリーが脚色し、カメラは「鉄血士官校」「ミイラ再生」のチャールズ・ステューマーが担任した。助演者は「響け応援歌」「黄金の唄女」のメエリイ・カーライル、「全米軍」「監視装甲車」のアンディー・ディヴァイン、「笑う罪人」「七万人の目撃者」のジョン・マック・ブラウン、「女探偵長」「ルンペン紳士」のメエリイ・ドーラン、「響け応援歌」のジョセフ・ソーアス、「心の青空」のグラント・ミッチェル、新人ルシル・ランド、ポール・ボーカジ、ポール・ハースト等である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ロバート・ヤング リーラ・ハイアムス ジョン・マック・ブラウン グラント・ミッチェル

戦う米兵

  • 1933年
  • 撮影

「米国の暴露」「ロシア探訪飛脚」のリー・トレイシーが主演する映画で、「ミイラ再生」「全米軍」と同じくリチャード・スカイヤーが書き下ろし、プレスコット・チャップリンとウィリアム・N・ロブスンが脚色し、「死の航空路」「全米軍」のラッセル・マックが監督に当たり、「ミイラ再生」「鉄血士官校」のチャールズ・テューマーが撮影した。助演者は「大空の闘士」「魔の家(1932)」のグロリア・スチュアート、「ジェニイの一生」「街の狼」のドナルド・クックを始め、「競馬天国」のシャーリー・グレイ、「強力犯」のラッセル・グリースン、「雨」のウォルター・カトレット、「肉の蝋人形(1933)」のフランク・マクヒュー、エマ・ダン、アル・ヒル等である。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
リー・トレイシー ドナルド・クック グロリア・スチュアート シャーリー・グレイ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/2更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > チャールズ・ステューマー