TOP > 人物を探す > 阿久根裕子

年代別 映画作品( 2001年 ~ 2009年 まで合計8映画作品)

2009年

桃まつり presents kiss! 壱のkiss!「たまゆら」

  • 2009年3月14日(土)
  • 出演(リン 役)

9人の女性監督たちによるショートストーリー。監督は『サドンチョイス』の篠原悦子、『地獄の門』の別府裕美子、「あしたのむこうがわ」の竹本直美、『さらば、愛しき女よ』の長島良江、『犬情』の粟津慶子、『さくら』の山崎都世子、「オムニバス夕映え少女-イタリアの歌」の山田咲、「オムニバス夕映え少女-むすめごころ」の瀬田なつきなど。

監督
山崎都世子
出演キャスト
阿久根裕子 安藤匡史 佐々木嘉子 やまおきあや
2007年

プラスワン幻影シャッフル

  • 2007年3月10日(土)
  • 出演

監督が用意したオリジナルのテキストを元に、プロアマを問わずオープンに参加した俳優達が、3日間かけて演技を練り上げていくという、アプレが2003年から主催している俳優のワークショップから発足されたオムニバス映画。監督は、「地下鉄(メトロ)に乗って」の篠原哲雄、「発狂する唇」の佐々木浩久、「ユメ十夜」の豊島圭介、「クロエ」の利重剛。

監督
佐々木浩久
出演キャスト
阿久根裕子 鴨下佳昌 五十嵐有砂 福原拓也

ホッテントットエプロン-スケッチ

  • 2007年12月8日(土)
  • 出演(リカ 役)

異才・七里圭監督が、愛知芸術文化センターの委嘱で製作した台詞のない映像詩。幻想的な世界に迷い込んだ少女の姿を、ハープやクラリネットなど、さまざまな楽器の音色とともにつづる。

監督
七里圭
出演キャスト
阿久根裕子 ただてっぺい 大川高広 井川耕一郎

東京小説 乙桜学園祭 人魚姫と王子

  • 2007年6月2日(土)
  • 出演(亜由美 役)

愛にも安らぎにも飢えている少女が、ある男との出会いをきっかけに、自らを取り戻していく過程をビビッドな色彩と共に描き出すラブストーリー。代表作『イノセント・ワールド』で若い世代に支持を持つ小説家、桜井亜美が監督・脚本。出演は少女役に「フリージア」のつぐみ、少女に焦がれるクリーニング店の店員を「出口のない海」の柏原収史。

監督
桜井亜美
出演キャスト
つぐみ 柏原収史 東風万智子 高良健吾
2004年

ココロとカラダ

  • 2004年12月11日(土)
  • 出演(三原知美 役)

愛、友情、エロスを題材に6人の監督が取り組んだ企画<ラブコレクション>。「ココロ~」は「blue」の安藤尋監督が実話をもとに、女性2人のホロ苦い再会とそのてん末を描く衝撃作。

監督
安藤尋
出演キャスト
阿久根裕子 未向 池内万作 今泉野乃香
2005年

アニムスアニマ

  • 2005年2月5日(土)
  • 出演(ユリネ 役)

理想の相手を探し求める姉弟の姿を耽美的かつポップな映像でつづる、新鋭・斉藤玲子監督によるラブ・ストーリー。お互いが好きなのに正直になれない姉弟に扮するのは椎名英姫と忍成修吾。

監督
斉藤玲子
出演キャスト
忍成修吾 しいなえいひ 阿久根裕子 目黒真希
2002年

おぎゃあ。

  • 2002年7月6日(土)
  • 出演

テレビドラマ「オードリー」で脚光を浴びた岡本綾の映画初主演作。沖縄を舞台に、若くして望まれない妊娠をしてしまったヒロインの葛藤と成長を描く。

監督
光石富士朗
出演キャスト
岡本綾 余貴美子 萩原聖人 三浦涼介
2001年

まぶだち

  • 2001年11月17日(土)
  • 出演(矢野ユリ子 役)

ロッテルダム映画祭でグランプリを受賞した青春映画の秀作。劣等生のレッテルをはられた中学生たちの心の成長を描く。気取らない素朴な語り口が共感を引き寄せる。

監督
古厩智之
出演キャスト
沖津和 高橋涼輔 中島裕太 清水幹生

阿久根裕子の関連人物

光石研  JUN  やまおきあや  佐々木嘉子  大川高広 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 阿久根裕子

ムービーウォーカー 上へ戻る