映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・E・ホプキンス

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1937年 まで合計12映画作品)

1937年

サラトガ

  • 1937年当年公開
  • 原作、脚本

「空駆ける恋」「サンフランシスコ」のクラーク・ゲーブルと「座り込み結婚」「結婚クーデター」のジーン・ハーロウが主演する映画で「サンフランシスコ」のアニタ・ルースと「豚児売り出す」のロバート・E・ホプキンスとが協力して脚本を書き卸ろしし「結婚クーデター」「嵐の三色旗」のジャック・コンウェイが撮影した。主役二人を助けて「我は海の子」「椿姫(1937)」のライオネル・バリモア、「踊る海賊(1936)」「逢瀬いま一度」のフランク・モーガン、「呪われた女」のウォルター・ビジョン、「港に異常なし」のユウナ・マーケル、「海の魂」のジョージ・ザッコ、「ジョージ・ホワイツ 1935年スキャンダルス」のクリフ・エドワーズ等が出演してい。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ジーン・ハーロウ クラーク・ゲーブル ライオネル・バリモア フランク・モーガン
1936年

桑港

  • 1936年当年公開
  • 原作

「妻と女秘書」「支那海」のクラーク・ゲーブルと「ローズ・マリイ(1936)」「浮かれ姫君」のジャネット・マクドナルドが主演する映画で、「港に異常なし」のスペンサー・トレイシーと「征空重爆撃」のジャック・ホルトが共演する。原作はロバート・E・ホプキンスが書き下ろし、「港に異常なし」に参興したアニタ・ルースが脚色し、「ローズ・マリイ(1936)」「私の行状記」のW・S・ヴァン・ダイクが監督に当たり、「巨星ジーグフェルド」のオリヴァ・マーシュが撮影した。助演は「海は桃色」のジェシー・ラルフ、「高飛び成層圏」のテッド・ヒーリーおよびアル・シーン、新顔のシャーリー・ロス、「断固戦うべし」のマーガレット・アーヴィング等の面々である。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
クラーク・ゲーブル ジャネット・マクドナルド スペンサー・トレイシー ジャック・ホルト
1933年

豚児売り出す

  • 1933年当年公開
  • 脚色

かつて喜劇俳優として、最近はラジオ界に人気あるエド・ウィンが主演する映画で、放送でも好評の「消防隊長」をトーキー化したもの。脚色には「劇場王ブラウン」のアーサー・シーザーがロバート・E・ホプキンスと共同してあたり、監督は「僕の自叙伝」「進め女性軍」のチャールズ・F・ライズナーで、撮影はエドワード・ポールの担当。助演者は「心の青空」のドロシー・マッケール、「僕の武勇伝」のチャールズ・チック・セール、「地方検事」のウィリアム・ボイド、「胡蝶となるまで」のC・ヘンリー・ゴードン、「ニューヨーク・ハリウッド」のミッキー・ルーニー、エフィー・エルスラー等。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
エド・ウィン ドロシー・マッケール チャールズ・チック・セール ウィリアム・ボイド

キートンの麦酒王

  • 1933年12月31日(日)公開
  • 脚本

「キートンの決闘狂」「キートンの歌劇王」と同じくバスター・キートン、ジミー・デューラント共演喜劇で、例によってエドワード・セジウィクが監督に当たったもの。ロバート・E・ホプキンスが書き下ろしたストーリーを、「アルセーヌ・ルパン」「地獄のサーカス」のケイリー・ウィルソンが脚色している。撮影は「キートンの歌劇王」「快走艇」のハロルド・ウェンストロムの担任である。助演者は「シナラ」のフィリス・バリー、「チャンプ(1931)」「怪物団」のロスコー・エイツ、「肉体」「カンターの闘牛師」のジョン・ミルジャン、「若き血に燃ゆる頃」のヘンリー・アーメッタ、「肉体」のエドワード・ブロフィー等である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
バスター・キートン ジミー・デューラント ロスコー・エイツ フィリス・バリー
1932年

ゴルフ狂時代

  • 1932年4月14日(木)公開
  • 台詞

アル・ウッズ演出のもとのニューヨークに上演された映画劇を映画化したもので、脚色は「ブロードウェイ・メロディー」のサラ・Y・メイソン、台詞はジョー・ファーナムとロバート・E・ホプキンスが受け持ち、「俺は渡り鳥」「ホリウッド・レビュー」のチャールズ・ライズナーが監督にあたった。主なる出演者は「ビッグ・ハウス」のロバート・モンゴメリー、「月光の曲」のドロシー・ジョーダン、「歓楽の孤児」のベニー・ルービン、「エロチック艦隊」のJ・C・ニュージェント、ドロシー・マクナルティ等でカメラは「スピードウェイ」「鉄路の王者」のヘンリー・シャープ担任。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー ドロシー・ジョーダン ベニー・ルービン J・C・ニュージェント
1931年

禁断の華

  • 1931年当年公開
  • 原作

「壁の中の声」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、エディス・フィッツジェラルド及びロバート・E・ホプキンス両人の合作になるストーリーから「激流恋をのせて」「ハリウッド盛衰記」のハーヴェイ・シュウが脚色し「悪魔スヴェンガリ」「地獄の一丁目」のアーチー・L・メイヨがメガフォンをとり、「海の巨人(1930)」「氷原の彼方」のロバート・カールが撮影を担任した。助演者は「狼火」のジェームズ・レニー、「近代エロ双紙」のジョーン・ブロンデル、チャールズ・バターウォーズ、「マルタの鷹(1931)」のリカルド・コルテス、ナタリー・ムーアヘッド等々。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ジェームズ・レニー チャールズ・バターウォース ジョーン・ブロンデル

進め女性軍

  • 1931年当年公開
  • 台詞

「花嫁選手権」「ウォール街の女将」と同じくチャールズ・F・ライズナーが監督したマリー・ドレッスラー、ポリー・モーラン共演喜劇で、ゼルダ・シアース及びマルコム・スチュアート・ポイランが執筆した物語にウェルズ・ルートが潤色を加え、ロバート・E・フォプキンスが台詞をつけた。カメラは「類人猿ターザン」「南の誘惑」のクライド・デ・ヴィナの担当である。助演者は「チャンプ(1931)」のロスコー・エイツ、「マタ・ハリ」のカレン・モーリー、「琉球大学」のウィリアム・ベイクウェル、「太平洋爆撃隊」のジョン・ミルジャン某他ジョーン・マーシュ、トム・マッグァイヤー、ケイン・リッチモンド等である。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
マリー・ドレッスラー ポリー・モーラン ロスコー・エイツ カレン・モーリー

紐育の歩道

  • 1931年12月31日(木)公開
  • 台詞

「決死隊」「恋愛指南番」に次ぐバスター・キートン主演喜劇で、ジョージ・ランディーとポール・ジェラルド・スミスとが共同して書き下ろした台本により、短編喜劇の監督のジュールス・ホワイトとザイオン・マイヤースとが共同監督したもの。助演者は「決死隊」「有頂天時代(1930)」のクリフ・エドワーズ、「エロチック艦隊」「キートンのエキストラ」のアニタ・ペイジ、ノーマン・フィリップス・ジュニア、フランク・ロワーン、オスカー・アッフェル等である。キャメラは「エキストラ」以来のキートン喜劇全部と同じくレナード・スミスの擔任である。

監督
ジュールス・ホワイト ザイオン・マイヤース
出演キャスト
バスター・キートン アニタ・ペイジ クリフ・エドワーズ フランク・ローワン
1930年

虹を追って

  • 1930年当年公開
  • 台詞

「ブロードウェイ・メロディー」と同じくベシー・ラヴとチャールズ・キングの共演映画で原作は「女の秘密」「恋多き女」の脚色者ベス・メレディス、それを「嵐」のウェルズ・ルートが脚色し、「ホリウッド・レビュー」「俺は渡り鳥」のチャールズ・F・ライズナーが監督した。助演者は「ホリウッド・レビュー」のジャック・ベニー、「俺は渡り鳥」のジョージ・K・アーサー、ポリー・モーラン、グウェン・リー、ニタ・マルタン、エディ・フィリップス等で、カメラは「グレイト・ガッポ」「海魔」等のアイラ・モーガンが担任。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
ベッシー・ラブ チャールズ・キング ジャック・ベニー ジョージ・K・アーサー

恋愛古典風景

  • 1930年当年公開
  • 台詞

「恋愛戦線」「活動役者」と同じくマリオン・デイヴィース主演映画で「恋愛行進曲」の原作者たるジーン・マーキーが原作脚色台詞を書き、「歓楽の孤児」「ブロードウェイ・メロディー」のハリー・ボーモンが監督し、「月光の曲」「恋愛戦線」のオリヴァー・マーシュ氏た撮影した。助演者は「恋愛戦線」「歓楽の孤児」のローレンス・グレイを筆頭に、「ハッピイ・デイス」のウォルター・カトレット、「アイスクリーム艦隊」のサム・ハーディ、ルイス・ジョン・バーテルズ、イルカ・チェイス、ジェッド・プラウティー、ナンス・オニール等である。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ローレンス・グレイ ウォルター・カトレット ルイス・ジョン・バーテルズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・E・ホプキンス