映画-Movie Walker > 人物を探す > レイモンド・ターナー

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1936年 まで合計6映画作品)

1936年

ジャングルに踊る怪物

  • 1936年当年公開
  • 出演(Hambone 役)

「ロスト・ジャングル」「ビッグ・ケージ」のクライド・ビーティーが主演する映画で、15編30巻の連続映画を短縮してフィーチャアとしたものである。原作はマスコット連続映画に経験あるジョン・ラスメルが書き、バーネー・サレッキー及びテッド・パーソンスと協力して脚色し、「神馬レックスの復讐」に参与したリーブス・イースンがジョセフ・ケインと協力監督にあたり、「神馬レックスの復讐」のウィリアム・ノーブルスがエドカー・ライオンスと共同撮影した。助演者はダンサーだったエレーン・シェパード、少年俳優マヌエル・キング、「チャンドウの復讐」のルシアン・プリヴァル、「ロスト・ジャングル」のウィーラー・オークマン、エドモンド・コッブその他の面々である。

監督
リーヴス・イースン ジョセフ・ケイン
出演キャスト
クライド・ビーティー マヌエル・キング エレン・シェパード ルシアン・プリヴァル
1935年

ジャバの東

  • 1935年当年公開
  • 出演(Messnger 役)

「可愛いマーカちゃん」「新世紀」のチャールズ・ピックフォードが主演する映画で、ガヴァナー・モリス作の冒険小説をポール・ペレスとジェームズ・アシュモア・クリールマンが協力して改作し、「アダムと踊り子」と同じくクリールマンが脚色し、「ボルネオの東」「強力犯」のジョージ・メルフォードが監督に当たり、「世界大洪水」のノーバート・プロディンが撮影した。助演は「青春の頬杖」のエリザベス・ヤング、「怪特急列車」のフランク・アルバートソン、「深夜の星」のレスリー・フェントン及び「結婚の夜」のシグ・ルーマンである。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
チャールス・ビックフォード エリザベス・ヤング フランク・アルバートソン レスリー・フェントン
1929年

再生の彼

  • 1929年当年公開
  • 出演(The_Elevator_Boy 役)

「愛欲の絆」「真紅の海」に次ぐリチャード・バーセルメス氏主演の映画で氏の最初の発声映画として製作されたものである。コートニー・ライリー・クーパー氏の原作を「真紅の海」のブラッドリー・キング女史が脚色し、「情炎の美姫」「あこがれ」のフランク・ロイド氏が監督した。助演者は「真紅の海」「煩悩」のベティー・カンプソン嬢を筆頭に、新顔のルイ・ナトー氏・ジョージ・E・ストーン氏、ウィリアム・ホールデン氏等で、「愛欲の絆」「高速度娘蕾の巻」のアーネスト・ホーラー氏が撮影している。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ベティー・カンプソン ルイ・ナトー ジョージ・E・ストーン
1928年

キット・カーソン

  • 1928年当年公開
  • 出演(Smoky 役)

「ジェス・ジェームス」「先駆者時代」「黒衣の騎士」に次ぐフレッド・トムソン氏主演西部劇で、右三映画と同じく原作者はフランク・M・クリフトン氏、監督者はロイド・イングレアム氏とアルフレッド・ワーカー氏である。助演者は、「先駆の時代」「ジェス・ジェームス」「一夜の秘密」のノラ・レーン嬢を始め、ラウール・パオリ氏、ドロシー・ジャニス嬢、ウィリアム・コートライト氏等で白銀王が活躍すること例の通り。

監督
ロイド・イングレアム アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
フレッド・トムソン ノラ・レーン ラウール・パオリ ドロシー・ジャニス
1927年

断想悲曲

  • 1927年当年公開
  • 出演(Poupet 役)

「感傷の秋」「僧房に咲く花」に次ぐジョージ・フィッツモーリス氏監督作品で、エドワード・チャイルズ・カーペンター氏作の物語をベンジャミン・グレイザー氏が脚色したもの。主演者は「感傷の秋」「鴛鴦の歌」等出演のビリー・ダヴ嬢と「椿姫(1927)」「僧房に咲く花」出演のギルバート・ローランド氏で、「ボー・サブルウ」「決死隊」等のノア・ビアリー氏を始め、アーマンド・カリス氏、エミール・ショータール氏、ボリス・カーロフ氏、レイモンド・ターナー氏等が助演している。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ビリー・ダヴ ギルバート・ローランド ノア・ビアリー アーマンド・カリス

熱血拳闘手

  • 1927年当年公開
  • 出演(Molasses 役)

「乗合馬車」以来プログラム・ピクチュアに主演するのみで余り振わなかったリチャード・バーセルメス氏が久々で主演した特作映画で、原作はルパート・ヒューズ氏が執筆し、アデラ・ロジャース・セントジョン女史が修訂。ウイニフレッド・ダン女史が脚色したものを「想い叶いって」「地下鉄サディー」等と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督した。バーセルメス氏の相手役はモリー・オデイ嬢が抜擢されて勤め、アーサー・ストーン氏、ロウフォード・デイヴィッドソン氏、マシュー・ベッツ氏等が助演している。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
リチャード・バーセルメス モリー・オディ ローフォード・デイヴィッドソン マシュー・ベッツ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レイモンド・ターナー