映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェーン・ウィントン

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1930年 まで合計19映画作品)

1930年

地獄の天使(1930)

  • 1930年公開
  • 出演(Baroness_von_Kranz 役)

ルパート・ヒューズの甥で百万長者の相続者たるハワードン・ヒューズが設立したカッド・プロダクション社で製作された映画である「尖端足化粧」「タキシー十三号」の監督者たるマーシャル・ニーランとジョーゼフ・モンキュア・マーチが共同で組み立てたストーリーから「四枚の羽根」「店曝しの天使」のハワード・エスタブルックと「ビッグ・パレード」のハリー・ベーンが脚色し、ヒューズ自身が監督に当たったもので、主なる出演者は「恋の走馬灯」「これぞ天国」のジェームズ・ホール、「青春の夢(1929)」「空中軍団」のベン・ライオン、「鉄青年」のジーン・ハーロウ、「娘乱暴記」「某重大事件」のジョン・ダーロウ、ルシアン・プリヴァル、ジェーン・ウィントン、ウィンダムン・スタンディング・エヴェリン・ホールなどでカメラは「彼女は戦にゆく」「クラック将軍」のガエタノ・ゴーディオ、「空の王者」のエルマー・ダイヤー、ハリー・ヴェリー、バートン・スティーン、ハリー・ゼッヒ、デウイー・リグレーの6人の担任。ちなみにこれはその投資額と撮影日数の長さに於いて米国記録を破れる作品として知られている。

監督
ハワード・ヒューズ
出演キャスト
ベン・ライオン ジェームズ・ホール ジーン・ハーロウ ジョン・ダーロウ
1929年

うわさ

  • 1929年公開
  • 出演(Vera 役)

「娘一人に婿百人」「最後の警告」のローラ・ラ・プラント嬢が主演した映画。原作はアデラ・ロジャース・セント・ジョン女史がコスモポリタン誌上に発表した小説で、それをポール・ショーフィールド氏が潤色、あわせて撮影台本を執筆し、「娘一人に婿百人」「法螺吹き靴屋大当たり」と同じくウェズリー・ラッグルズ氏が監督したものである。「他言は御無用」のハントリー・ゴードン氏、「最後の警告」のジョン・ポールス氏、「港々の女難想」のジェーン・ウィントン嬢、等が助演する。キャメラは「都会の哀愁」「笑う男」のギルバート・ウォーレントン氏。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ハントリー・ゴードン ジョン・ボールズ ジェーン・ウィントン

港々の女難想

  • 1929年公開
  • 出演(Babe 役)

「港々に女あり」「大河の奇賊」等と同じくヴィクター・マクラグレン氏主演の映画で「母ぞよく知る」と同じくジョン・G・ブライストーン氏の監督したものである。原作はダニエル・トムリンスン氏とローラ・ハース女史とが書卸したもので、ジョン・ストーン氏とアンドリュー・ベニソン氏とが脚色の任に当った。相手役として「長恨悲歌」のクレア・ウィンザー嬢が出演するほか、「ニューヨークの波止場」のクライド・クック氏、「太平洋横断」のジェーン・ウィントン嬢、アルバート・コンティ氏、アーサー・ストーン氏、等が助演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン クレア・ウィンザー アーサー・ストーン アルバート・コンティ
1928年

サンライズ

  • 1928年公開
  • 出演(The_Manicure_Girl 役)

「最後の人」「タルテュフ」「ファウスト」の監督者F・W・ムルナウ氏がフォックス入社第一回作品で、ドイツの劇作家ヘルマン・ズーデルマン氏の小説に基づき、「除夜の悲劇」「最後の人」等の脚色者として知名のカール・マイヤー氏が脚色したものである。主演者は「三人水兵恋行脚」「雲晴れて愛は輝く」等出演のジョージ・オブライエン氏と「第七天国(1927)」「明け行く魂」等出演のジャネット・ゲイナー嬢との二人で、「アメリカ美人」「モガ地獄」等出演のマーガレット・リヴィングストン嬢も主要な役を努めている。その他、ジェー・ファレル・マクドナルド氏、アーサー・ハウスマン氏、ジェーン・ウィントン嬢などの人々が助演している。空前の芸術映画としてアメリカ批評家の絶賛を博したものである。

監督
F・W・ムルナウ
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ジャネット・ゲイナー マーガレット・リヴィングストン ボディル・ロージング

姫百合の花

  • 1928年公開
  • 出演(Lona 役)

「断想悲曲」「鴛蔦の歌」の主演者ビリー・ダヴ嬢が「暗黒街」「鉄條網」に名技を示した。クライヴ・ブルック氏を相手役に選んで製作したもので、ラヨス・ビロ氏原作の舞台劇を「ベン・ハー(1926)」「ドン・ファン(1926)」のベス・メレディス女史が脚色し、「トロイ情史」「鴛鴛の歌」をものしたアレクサンダー・コルダ氏が監督した。助演者はニコラス・スーサニン氏、ジェーン・ウィントン嬢、グスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、マーク・マクダーモット氏等の腕利きを網羅している。

監督
アレクサンダー・コルダ
出演キャスト
ビリー・ダヴ クライヴ・ブルック ニコラス・スーサニン ジェーン・ウィントン

モダン新世帯

  • 1928年公開
  • 出演(Jane_Twitchell 役)

「大学生活」「法螺吹き靴屋大当り」等出演のジョージ・ルイス氏と「大学生活」「珍サーカス王」等出演のドロシー・ガリヴァー嬢との共演する映画で、アール・ディア・ビッガース氏の原作によったものである。脚色したのはモートン・ブルーメンストック氏で、それを「海の野獣」「紅草紙」「最後の一蹴」等と同じくミラード・ウェッブ氏が監督した。「我等のサリー」出演のカスリン・ウィリアムス嬢「法螺吹き靴屋大当り」出演のエディ・フィリップス氏、「太平洋横断」出演のジェーン・ウィントン嬢、古顔のブライアント・ウォッシュバーン氏、ワード・クレーン氏などが助演している。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
ジョージ・ルイス ドロシー・ガリヴァー キャスリン・ウィリアムス ワード・クレーン

我侭女房

  • 1928年公開
  • 出演(Irene_Hawley 役)

「キング・オブ・キングス(1927)」「プラッド・シップ」主演のジャクリーン・ローガン嬢が主演する映画で、ピーター・ミルン氏の原作並びに脚色したものにより、「浮気は御法度」「グリフィスの婚礼屋」と同じくアール・C・ケントン氏が監督したものである。「海のロマンス」「略奪軍」のセオドア・フォン・エルツ氏、「モダン新世帯」で共演したブライアント・ウォッシュバーン氏並びにジェーン・ウィントン嬢がローガン嬢を助けて出演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ジャクリーヌ・ローガン セオドア・フォン・エルツ ブライアント・ウォッシュバーン ジェーン・ウィントン
1927年

悪魔の宿り木

  • 1927年公開
  • 出演(Ora_Blake 役)

ガードルード・エーザートン女史作の小説に基づいてメアリー・オハラ女史が脚色し、「職業婦人」「曠野の志士」等と同じくキング・バゴット氏が監督したもので、「細君御注意」「深夜の太陽」等出演のパット・オマリー氏と「迷路の乙女」「輝く一路」等出演のメイ・ブッシュ嬢とが主演し、ジェーン・ウィントン嬢,セオドア・フォン・エルツ氏、チャールズトン・スティヴンソン氏等が助演している。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
パット・オマリー メイ・ブッシュ ジェーン・ウィントン セオドア・フォン・エルツ

混線夫婦騒動記

  • 1927年公開
  • 出演(Mrs._Angus_Brown 役)

「速成恋愛術」「凸凹サーカスの巻」出演のルイズ・ファゼンダ嬢が主演するものでバージニア・デール女史作の物語により「人生サーカス」「昼閑夫人」のグレアム・ベイカー氏が脚本を書き「速成恋愛術」「砂金地獄」のハーマン・シー・レイメイカー氏が監督し、「女相場ドル相場」「ギャング・ワー」のバージル・ミラー氏が撮影した。助演者はエド・ケネディ氏、ジェーン・ウイントン嬢である。

監督
ハーマン・C・レイメイカー
出演キャスト
ルイズ・ファゼンダ エド・ケネディ ジョン・T・マレイ ジェーン・ウィントン

猿は語る

  • 1927年公開
  • 出演(Musette 役)

ルネ・フォーショア氏作のブウルヴァルの独り狂言「物言う猿」を映画化したもので、L・G・リグビー氏が脚色し、「カルメン(1927)」「栄光」と同じくラウール・ウォルシュ氏が監督した。主役は舞台で賞讃を博したジャック・レルネル氏が演じ、「憧憬の彼方へ」「無花果の葉」等出演のオリーヴ・ボーデン嬢と「カルメン」「極光に吼ゆ」等出演のドン・アルヴァラド氏が共演し、ジェーン・ウィントン嬢、マルコーム・ワェイト氏、レイモンド・ヒッチコック氏等が助演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン ドン・アルヴァラド ジャック・レルネル マルコム・ウエイト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェーン・ウィントン