映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・ダドリー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1937年 まで合計6映画作品)

1937年

富豪一代

  • 1937年公開
  • 出演(Janitor 役)

[街は春風」「大自然の凱歌」のエドワード・アーノルド「報道戦」「大自然の凱歌」のフランセス・ファーマー、「天国漫歩」「男装」のケイリイー・グラント、「世界の歌姫」「テキサス決死隊(1936)」のジャック・オーキーが主演する映画で、ブック・ホワイト作の「ダニエル・ドルウ伝」およびマッシュウ・ジョゼフストン作の「強盗資本家」を素材として「男の敵」「十字軍」のダドリー・ニコルズが、「海の巨人(1937)」のジョン・ツウィスト、「愛の弾丸」のジョエル・セイヤーと協同脚色し、「血に笑う男」「三銃士(1935)」のロウランド・V・リーが監督に当たり、「愛の花篭」「目撃者(1936)」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演者は「空駆ける恋」「特ダネ戦線」のドナルド・ミーク、ラジオやナイトクラブの歌手で短篇映画に出ていたセルマ・リーズ、新顔のクラレンス・コルブ、「オーケストラの少女」のビリー・ギルバート、「テンプルの灯台守」のジョージ・アーヴィング「人生は四十二から」のジョイス・コンプトン、フランク・M・トーマス等の面々である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
エドワード・アーノルド ケーリー・グラント フランセス・ファーマー ジャック・オーキー
1928年

熱車輪

  • 1928年公開
  • 出演(Freddy 役)

「戦艦くろかね号」「駅馬車(1925)」の監督者ジェームズ・クルーズ氏の製作した映画で、「メリケン波止場」「空の鍛冶屋」のウィリアム・ボイド氏が主演し、「我等のサリー」のウォルター・ラング氏が監督したものである。クルーズ氏の良き協力者ウォルター・ウッズ氏がフランク・H・スペアマン氏の小説を改作し、併せてそれによって台本を作成した。ボイド氏の対手役は「つばさ」「飛脚カンター」のジョビナ・ラルストン嬢で、そのほか「野球王」のフィロ・マッカロー氏、デウィット・ジェニングス氏、アン・シェファー嬢も出演している。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ジョビナ・ラルストン フィロ・マッカロー アン・シェファー
1923年

巨人大望

  • 1923年公開
  • 出演(Store_Keeper 役)

ウォルター・ハイアーの第2回主演映画で、フランク・コンドンの原作を、グラント・カーペンターが脚色、「悪魔の眠る時」「男になる迄」等と同じくジョセフ・ヘナベリーが監督した。対手役は「剣劇の響」「干潮」等のジャクリーン・ローガン。その他リカルド・コルテス、チャールズ・オーグル等も共演する。痛快な喜活劇である。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ウォルター・ハイアース ジャクリーヌ・ローガン リカルド・コルテス チャールズ・オーグル

我れ死すとも

  • 1923年公開
  • 出演(Morris 役)

1922年6月からコリアー誌に連載されたアーサー・ソマーズ・ローシェ氏原作の小説を、ジューン・メイシス女史とキャサリン・カヴァノー女史が脚色し、「法の外(1921)」「妖雲渦巻く」「スタムブールの處女」等を監督したトッド・ブラウニング氏がゴールドウィンにおける第一回作品である。主役は「売られて行く魂」「愛欲の渦」等出演のエリナー・ボードマン嬢、「足音」「激怒(1923)」等出演のタイロン・パワー氏、「ホワイト・タイガー」「ミニー」等出演のレイモンド・グリフィス氏、「愛国の喇叭」「爆弾児」等出演のウォーレス・マクドナルド氏で、その他なかなかによい顔ぶれであった。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
エリナー・ボードマン タイロン・パワー レイモンド・グリフィス ウォーレス・マクドナルド
1922年

死の救援列車

  • 1922年公開
  • 出演(Abner_Blake 役)

ラムゼイ・モーリス氏原作の舞台劇に基づき、グレアム・ベイカー氏が脚色したもので監督は「汚れぬ花」「大丈夫ケリガン」等と同じくデイヴィッド・スミス氏である。主役は「男子怒れば」「冬の蝴蝶」等主演のコリーン・ムーア嬢と、「パリは懲り懲り」出演のウォーナー・バクスター氏。劇中炎の森林を突破する汽関車のシーンが呼物である。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
コリーン・ムーア ワーナー・バクスター ガートルード・アスター ロイド・ウィトロック
1920年

十三番目の次の男

  • 1920年公開
  • 出演(Tidmarsh 役)

「俺は男だ」「成金風」等同様にパ社ロバート・ワーウィック氏主演映画でアンスティ・ガスリー氏の有名な舞台喜劇 The Man from Blanskey's をウォルター・ウッズ氏が脚色し、「ダグラス大王」等監督後当時パ社へ入社したばかりのジョセフ・ヘナベリー氏が監督した。相手役はビービー・ダニエルス嬢で「何故妻を代へる」で好評を得た常時の事。その他お馴染み連中が多数出演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ロバート・ワーウィック ビービー・ダニエルス ウォルター・ハイアース Robert Milasch
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・ダドリー