映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ロスコー

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1932年 まで合計13映画作品)

1932年

単騎突進(1932)

  • 1932年公開
  • 出演(Gregg 役)

「西部の荒武者」「爆弾ジョーンズ」と同じくランバート・ヒルヤーが監督したバック・ジョーンズ主演映画で、リナ・バスケット、ラッセル・シンプソン、ウォーレス・マクドナルド等が助演する。撮影はベンジャミン・H・クラインの担当。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
バック・ジョーンズ リナ・バスケット ラッセル・シンプソン オットー・ホフマン
1931年

太平洋爆撃隊

  • 1931年公開
  • 出演(Captain_U._S._S._Saratoga 役)

「大飛行艦隊」「大飛行船」と同じくアメリカ海軍少佐フランク・ウィードが書卸したストーリーを、ハーヴェイ・ゲイツとマルコム・スチュアート・ボイランが共同脚色し、「秘密の6」「大飛行艦隊」のジョージ・ヒルが監督し、「秘密の6」「惨劇の波止場」のハロルド・ウェンストロムが撮影したものである。主役は「チャンプ(1931)」「秘密の6」のウォーレス・ビアリーと「秘密の6」「暗黒街に踊る」のクラーク・ゲーブルで、「ニューヨークの歩道」「燃ゆる海原」のクリフ・エドワーズ、「印度の寵児」のコンラッド・ネーゲル、「假染の唇」のマージョリー・ラムボー、「ゴルフ狂時代」のドロシー・ジョーダン、「暴露戦術」のマリイ・ブレヴォー等が助演している。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー クラーク・ゲーブル コンラッド・ネーゲル ドロシー・ジョーダン

地下鉄殺人事件

  • 1931年公開
  • 出演(Tracy 役)

エヴァ・ケイ・フリント及びマーサ・マディスン合作の舞台劇から「飛び入り婿君」のアール・スネルが脚色し、台詞を書き、「喧嘩商会」「当って砕けろ」のフレッド・ニューメイヤーが監督し、「希望の星」「空の王者」のジョセフ・ウォーカーが撮影に当たったもので、主なる出演者は「大飛行船」「空の王者」のジャック・ホルト、「目覚めよ感激」のアイリーン・ブリングル、「大飛行船」のアラン・ロスコー、フレッド・ケルシー、「怪探偵張氏」のジェイソン・ロバーズ、シドニー・ブレイシー、セルマー・ジャクソン等である。

監督
フレッド・ニューメイヤー
出演キャスト
ジャック・ホルト アイリーン・プリングル フレッド・ケルシー アラン・ロスコー
1930年

爆笑隊従軍記

  • 1930年公開
  • 出演(Capt._Jones 役)

「リオ・リタ」に三枚目として共演したバート・ウイーラーとロバート・ウールジーが主演する喜劇で、「ディキシー歌舞曲」のポール・H・スローンが監督に当たったもの。原作はジェームズ・A・クリールマン・ジュニアで、アン・コールドウェルとラルフ・スペンスが詞をつけ、「リオ・リタ」と同じくハリー・ディアニーが作曲した。撮影は「導火線」のニコラス・ミュスラカが担当である。助演者は「選手の後に娘あり」「リオ・リタ」のドロシー・リー、「踊る曲線美」「燃ゆる人魚」のヒュー・トレヴァー、「シマロン(1931)」「王様ごっこ」のエドナ・メイ・オリヴァー、「春ひらく(1931)」のレニ・ステンゲル、新進のロバータ・ロビンソン、ジョージ・マクファーレーン等である。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
バート・ウイーラー ロバート・ウールジー ジョン・ルーサーフォード ジョージ・マクファーレーン
1929年

空の王者

  • 1929年公開
  • 出演(zmajor 役)

サブマリンと同じくコノンビア会社の特作品で本映画に出演の俳優ラルフ・グレイヴス氏の原作を元に「サブマリン」「闇を行く」のフランク・キャプラ氏が監督し並びに会話をつけたもので、主演者は「サブマリン」「ドノヴァン」のジャック・ホルト氏、「大飛行艦隊」「サブマリン」のラルフ・グレイヴス氏「愛の曳綱」のライラ・リー嬢の3人で、他にアラン・ロスコー氏、ハロルド・グッドウィン氏、ジミー・デ・ラ・クルーヅ氏が助演している。キャメラはジョー・ウォーカー、エルマー・ダイヤー、ジョー・ノヴァックの3氏が担任。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ジャック・ホルト ライラ・リー ラルフ・グレイヴス アラン・ロスコー

七つの鍵

  • 1929年公開
  • 出演(Bland 役)

パラマウントを去ってR・K・Oに入社したリチャード・ディックス氏の第1回主演映画で、アール・ディア・ビッガース氏の原作小説とジョージ・M・コーハン氏がアダプトした舞台劇とを基として「ストリート・ガール」と同じくジェーン・マーフィン女史が台本を執筆し、「虹晴」「炭坑」のレジナルド・バーカー氏が監督、「コンサート」「愛の医者」のエドワード・クロンジェガー氏が撮影したもの。助演者は「愛の医者」「コンサート」のミリアム・シーガー嬢を始め、「愛の曳綱」のルシアン・リトルフィールド氏、「闇を行く」のマーガレット・リヴィングストン嬢、カールトン・メイシー氏、クロフォード・ケント氏、デヴィット・ジェニングス氏、ネラ・ウォーカー嬢、ジョセフ・アレン氏等である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
リチャード・ディックス ミリアム・シーガー クロフォード・ケント ネラ・ウォーカー

ハリケン(1929)

  • 1929年公開
  • 出演(Captain_Blook 役)

「プラット・シップ」と同じくホバート・ボスウォーズ氏が主演する海上活劇で、イヴリン・キャンベル女史とノーマン・ストリンガー氏とが合作した物語をアーネスト・ヒバード氏が脚色し、「大洋の娘」「恐怖街」のラルア・インス氏が監督、「ドノヴァン」「青春の夢(1929)」のテッド・テズラフ氏が撮影したもの。助演者は「遥かなる叫び」「バウラー」のリーラ・ハイアムス嬢、「コケット」「気まぐれ娘」のジョン・マック・ブラウン氏を始め、アラン・ロスコー氏、トム・オブライエン氏、リーラ・マッキンタイア嬢等である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ホバート・ボスウォース リーラ・ハイアムス ジョン・マック・ブラウン アラン・ロスコー
1928年

曲馬天国

  • 1928年公開
  • 出演(Biff_Ward 役)

「姿は偽らず」「魔の家(1928)」「脚光の影」等と同じくエスター・ラルストンの主演する映画で、ジョージ・マンカー・ウォッタース氏の原作の映画化である。「乱暴ロージー」「人間力」と同じくルイズ・ロング女史が脚色し、「鳥なき里のお姫様」「上海目指して」の監督者ルーサー・リード氏が監督の任に当たった。ラルストン嬢の相手役は「乱暴ロージー」出演のリード・ハウス氏と「ブラッド・シップ」「支那の鸚鵡」のホバート・ボスウォース氏の二人で、そのほか「コーラス・ガール」のアラン・ロスコー氏や、トム・マガイヤー氏、ジョージ・フレンチ氏、メアリー・アルデン嬢等が助演する。

監督
ルーサー・リード
出演キャスト
エスター・ロールストン リード・ハウス ホバート・ボスウォース トム・マガイヤー

友の呼び声

  • 1928年公開
  • 出演(Lon_Henderson 役)

トーマス・ミーアン氏がカッド社に入ってから「暴力団(1928)」に次いで主演した映画で、「ミシガン小僧」「心の合鍵」等の原作者レックス・ピーチ氏の近作を映画化したもの。監督は「戦艦くろがね号」「親心子心」等をものしたジェームズ・クルーズ氏で、脚色は永年クルーズ氏の協力者たるウォルター・ウッズ氏が担当した。ミーアン氏を助けて「非常線(1928)」「ショウ・ダウン」のイヴリン・ブレント嬢と「神ぞ知る」「ビッグ・パレイド」のルネ・アドレー嬢を始め、アラン・ロスコー氏、ガードナー・ジェームズ氏、ヘレン・フォスター嬢等出演。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
トーマス・ミーアン イヴリン・ブレント ルネ・アドレー アラン・ロスコー

桃色曲芸団

  • 1928年公開
  • 出演(Ghandi 役)

「浮気は御法度」「我侭女房」と同じくアール・C・ケントン氏の監督作品で、ハワード・J・グリーン氏の原作並脚色したものによった映画である。主役は「ラッシュ・アワー」のマリー・プレヴォー嬢と「サブマリン」のラルフ・グレイヴス氏との2人で、これを助けて小男のリトル・ピリー氏、「熱血ボクシング手」のアラン・ロスコー氏、パット・ハーモン氏、等の人々が出演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
マリー・プレヴォー ラルフ・グレイヴス リトル・ビリー アラン・ロスコー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・ロスコー