映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・マガイヤー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1928年 まで合計3映画作品)

1928年

曲馬天国

  • 1928年当年公開
  • 出演(Danny_Dawson 役)

「姿は偽らず」「魔の家(1928)」「脚光の影」等と同じくエスター・ラルストンの主演する映画で、ジョージ・マンカー・ウォッタース氏の原作の映画化である。「乱暴ロージー」「人間力」と同じくルイズ・ロング女史が脚色し、「鳥なき里のお姫様」「上海目指して」の監督者ルーサー・リード氏が監督の任に当たった。ラルストン嬢の相手役は「乱暴ロージー」出演のリード・ハウス氏と「ブラッド・シップ」「支那の鸚鵡」のホバート・ボスウォース氏の二人で、そのほか「コーラス・ガール」のアラン・ロスコー氏や、トム・マガイヤー氏、ジョージ・フレンチ氏、メアリー・アルデン嬢等が助演する。

監督
ルーサー・リード
出演キャスト
エスター・ロールストン リード・ハウス ホバート・ボスウォース トム・マガイヤー

特製運動服

  • 1928年当年公開
  • 出演(Cyril 役)

「飛入ボクシング大勝利」「上海目指して」などと同じくリチャード・ディックス氏主演喜劇でジェームズ・フォーブス氏作の舞台劇に基いてロイド喜劇專属のギャグマンのトム・クライザー氏がレイ・ハリス氏と共同して台本を執筆し、「恋のかけひき」「飛入ボクシング大勝利」等をものしたマルコム・セント・クレア氏が監督したものである。助演者は「イバニエズの激流」「愉快な嘘吐き」等出演のガートルード・オルムステッド嬢、「駄法螺大当り」「弥次喜多野球の巻」等のフォード・スターリング氏、フィリップ・ストレンジ氏、マートル・ステッドマン嬢等である。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
リチャード・ディックス ガートルード・オルムステッド フォード・スターリング フィリップ・ストレンジ
1920年

半分の機会

  • 1920年当年公開
  • 出演(Judge_Wray 役)

ジェッス・ハムプトン氏がロバート・ソーンビー氏を監督として1年2本の特作品を撮させることになった。その第1回の作品がこれである。フレデリック・S・アイシャム氏の有名な小説をフレッド・マイトン氏が脚色せるもので、全篇壮快な活劇である。主役マーロン・ハミルトン氏は「情熱の審」その他で快男子振りを発揮せる人、相手のリリアン・リッチ嬢は「暁の前1時間」にも出演していたが、英国生れの喜歌劇の花形で、1917年ポーツマスで興行中、飛行家ニコルスン大尉と恋仲となり結婚したというロマンスを持った人。大尉が除隊になってから米国へ来て映画界の人となったのである。

監督
ロバート・ソーンビー
出演キャスト
マーロン・ハミルトン メアリー・マカリスター リリアン・リッチ シドニー・エインスウォース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・マガイヤー