TOP > 映画監督・俳優を探す > デイヴィッド・カービー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1928年 まで合計14映画作品)

1928年

高原の騎士

  • 1928年
  • 出演(Red 役)

「任侠の勇士」に次ぐケン・メイナード氏主演西部劇で、マリオン・ジャクソン女史が書き下ろした台本により「任侠の勇士」「黎明の丘(1928)」等と同じくアルバート・S・ロージェル氏が監督したもの。メイナード氏の相手役は「曲馬王」「黎明の丘(1928)」出演のマリオン・ダグラス嬢が勤め、名馬ターザンが例のごとく活躍する。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ケン・メイナード マリオン・ダグラス レイフ・マッキー シドニー・ジャーヴィス
1927年

赤陽に鞭うって

  • 1927年
  • 出演(Mike_Sweeney 役)

ウィリアム・ダッドリー・ベリー氏作の短編をカーティム・メンテイオン氏が脚色し「単騎突進」「大陸大王」等と同じくアルバート・S・ロージェル氏が監督したもので、主役は「最後の栄冠」「決死隊」等出演のメアリー・アスター嬢と「舷々相摩す」「雨製造者」等出演の小ウィリアム・コリアー・ジュニア氏が演じ、ラルフ・ルイス氏を始め、ライオネル・ベルモア氏、デイヴィッド・カービー氏等が助演している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
メアリー・アスター ウィリアム・コリアー・ジュニア ラルフ・ルイス デイヴィッド・カービー

正義の楯

  • 1927年
  • 出演(Red 役)

「メイル・マン」「第四の戒律」等と同じくエモリー・ジョンソン氏の監督作品で、原作はいつもと同様に氏の母堂エミリー・ジョンソン夫人が書いている。脚色はレイ・ジャコブソン氏とグラディス・レーマン女史との二人。主演するのは「ボー・ジェスト(1927)」「マザー・マクリー」出演のニール・ハミルトン氏と斯うしたジョンソン物には常に主役を演ずるラルフ・ルイス氏とで、「大学生活」出演のドロシー・ガリヴァー嬢を始めとして、久振りのナイジェル・バリー氏、クレア・マクドウェル嬢、ハリー・ノースラップ氏、セルマ・トッド嬢、ジョセフ・W・ジラード氏等が助演する。

監督
エモリー・ジョンソン
出演キャスト
ニール・ハミルトン ドロシー・ガリヴァー ラルフ・ルイス ナイジェル・バリー
1926年

疾風武者

  • 1926年
  • 出演(Gillette 役)

ウィリアム・マクレオド・レイン氏作の小説に基づいてエドワード・T・ロウ・ジュニア氏とジャック・ワグナー氏とが脚色し、「荒れ狂う猛将」等と同じくヘンリー・レーアマン氏が監督したもので、「断髪恥ずかし」「肉弾王」等主演のケネス・ハーラン氏と「陽気なパリっ子」「鉄拳旅行」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢とが主役を演じ、デイヴィット・カービー氏、ヘイニー・コンクリン氏、パット・ハーティガン氏等が助演している。

監督
ヘンリー・レーアマン
出演キャスト
ケネス・ハーラン パッシー・ルス・ミラー デイヴィッド・カービー ヘイニー・コンクリン

お洒落豪傑

  • 1926年
  • 出演(Taxi_Dan 役)

「爆発男児」「鉄蹄万里」等と同じくリード・ハウス氏主演活劇で同じくハリー・J・ブラウン氏が監督製作したもの。相手役はドロシー・ドワン嬢とブルース・ゴードン氏でヘンリー・バロウズ氏、ジョセフ・ジェラード氏、デイヴィッド・カービー氏等が助演する。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
リード・ハウス ドロシー・ドゥワン Richard Graves ヘンリー・バロウズ
1925年

5万ドル大事件

  • 1925年
  • 出演(Red_Moran 役)

「メイル・マン」「アメリカ魂」等と同じくエモリー・ジョンソン氏監督作品で例のごとくエミリー・ジョンソン夫人が台本を執筆したものである。主役は「メイル・マン」「危険信号」等出演のラルフ・ルイス氏で、フランセス・ティーグ嬢、レイ・ホーラー氏、レックス・リーズ氏等が助演している。

監督
エモリー・ジョンソン
出演キャスト
ラルフ・ルイス Lila Leslie レイ・ホーラー フランセス・ティーグ

風に乗る騎士

  • 1925年
  • 出演(Sheriff_Lacy 役)

「愛馬の功名」「白馬疾風」「猛牛魔境」等と同時代に製作されたフレッド・トムソン氏主演西部劇で、右記3映画と同じくマリオン・ジャクソン女史原作脚色、デル・アンドリュース氏監督、ロス・フィッシャー氏撮影になるものである。助演者は「赤い髪」「あれ」のジャクリーン・ガズドン嬢、デイヴィッド・ダンバー氏、ルイス・サージェント氏、デイヴィッド・カービー氏及びシルヴァー・キングである。

監督
デル・アンドリュース
出演キャスト
フレッド・トムソン ジャクリーン・ガズドン ルイス・サージェント デイヴィッド・ダンバー

愛馬の功名

  • 1925年
  • 出演(Bill_Henry 役)

リート・レニック・ブラウン氏の原作をマリオン・ジャクソン氏が脚色し、「激怒震天」「巨弾霹靂」等と同じくジェームズ・P・ホーガン氏が監督したもので、主役は近来米国で西部劇のスターとしての多大の人気を博している新進のフレッド・トムソン氏で相手役も新進のヘレン・フォスター嬢が勤めハリー・ウッズ氏が共演するほかトムソン氏の愛馬シルバー・キング及び子役のメアリー・ルイズ・ミラー嬢が重要な役割を演じている。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
フレッド・トムソン ヘレン・フォスター ハリー・ウッズ メアリー・ルイス・ミラー
1924年

殺人必勝

  • 1924年
  • 出演(Red_O'Hara 役)

マリオン・ジャクソン女史が書き下ろした台本により「侠勇トムソン」「紅顔の侠児」等と同じくアルバート・S・ロージェル氏が監督したもので、主役は「白馬疾風」「侠勇トムソン」等主演のフレッド・トムソン氏が演じ、ヘイゼル・キーナー嬢、フランク・ハグニー氏、デイヴィッド・カービー氏等が助演している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
フレッド・トムソン ヘイゼル・キーナー フランク・ハグニー Lillian Adrian

猿公万歳

  • 1924年
  • 出演(The_Crook 役)

エドワード・モーラン氏が書き卸したものをリイズ・サイラー氏が監督製作した動物喜劇で、フォックス社インピリアル・コメディでお馴染みのマックス,モリッツ、ペップの猿優連が主演し「争闘の熱血」「ニューヨークの十字街」のジョージ・オハラ氏が特に出演している。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
ジョージ・オハラ Nell Brantley スタンリー・ブライストン ダン・メーソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > デイヴィッド・カービー

ムービーウォーカー 上へ戻る