映画-Movie Walker > 人物を探す > ドゥニ・ヴィルヌーヴ

年代別 映画作品( 2001年 ~ 2017年 まで合計8映画作品)

2017年

ブレードランナー 2049

フィリップ・K・ディックの小説を元に、レプリカントと呼ばれる人造人間と彼らによる犯罪を追う捜査官の戦いを描いた傑作SFアクションの続編。前作から30年後となる2049年の世界を舞台にした物語がつづられる。ライアン・ゴズリングが主演を務め、前作で主人公を演じたハリソン・フォードも引き続き出演する。

監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演キャスト
ハリソン・フォード ライアン・ゴズリング ロビン・ライト アナ・デ・アルマス

メッセージ

  • 2017年5月19日(金)公開
  • 監督

SFファンから絶大な支持を受けるテッド・チャンの短編小説を映画化し、第89回アカデミー賞で8部門にノミネートされ、音響編集賞に輝いたSFドラマ。突然、地球に襲来した異星人との交流を通して言語学者が娘の喪失から立ち直っていく姿が描かれる。主人公の言語学者をアカデミー賞では常連の演技派エイミー・アダムスが演じる。

監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演キャスト
エイミー・アダムス ジェレミー・レナー フォレスト・ウィテカー マイケル・スタールバーグ

静かなる叫び

  • 2017年1月14日(土)公開
  • 監督、脚本

ドゥニ・ヴィルヌーヴがモントリオールの大学で起きた銃乱射事件を映画化したドラマ。1989年12月6日、大学構内で銃乱射事件が発生。重傷を負った女子学生ヴァレリーと、負傷者を救った男子学生ジャン=フランソワは、心に深い傷を抱えることに……。出演は「ターニング・タイド 希望の海」のカリーヌ・ヴァナッス、「灼熱の魂」のマキシム・ゴーデッド。ヴィルヌーヴがアカデミー賞外国語映画賞候補となった「灼熱の魂」に先駆けて手掛けた作品。

監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演キャスト
カリーヌ・ヴァナッス セバスチャン・ウベルドー マキシム・ゴーデット
2016年

ボーダーライン

  • 2016年4月9日(土)公開
  • 監督

麻薬カルテル壊滅のため、アメリカとメキシコ国境の町に送り込まれた女性エージェントが、常軌を逸した現場に直面し変わっていく姿を描くサスペンスアクション。ヒロインをエミリー・ブラントが演じ、ベニチオ・デル・トロやジョシュ・ブローリンといった実力派が脇を固める。監督は『複製された男』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。

監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演キャスト
エミリー・ブラント ベニチオ・デル・トロ ジョシュ・ブローリン ヴィクター・ガーバー
2014年

複製された男

  • 2014年7月18日(金)公開
  • 監督

ノーベル文学賞受賞のポルトガル人作家、ジョゼ・サラマーゴの同名小説をジェイク・ギレンホール主演で映画化したミステリー。ある日見た映画の中に自分とそっくりな俳優を見つけた歴史教師が体験する、悪夢のような出来事が描かれる。監督はアカデミー賞外国語映画賞候補にもなった『灼熱の魂』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。

監督
ドゥニ・ビルヌーブ
出演キャスト
ジェイク・ギレンホール メラニー・ロラン サラ・ガドン イザベラ・ロッセリーニ

プリズナーズ

  • 2014年5月3日(土)公開
  • 監督

ヒュー・ジャックマンが愛する娘を誘拐され、危険を顧みずに自ら救出に挑む父親に扮するクライム・サスペンス。母親の遺言に従い、その故郷へ向かう双子の姉弟の姿を描いた『灼熱の魂』がアカデミー賞外国語映画賞候補に選ばれたカナダ人監督、ドゥニ・ヴィルヌーヴが、再び家族をテーマにしたハリウッドデビュー作だ。

監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演キャスト
ヒュー・ジャックマン ジェイク・ギレンホール ヴィオラ・デイヴィス マリア・ベロ
2011年

灼熱の魂

  • 2011年12月17日(土)公開
  • 監督、脚本

カナダでもっとも権威あるジニー賞8部門を独占、ヴェネチア国際映画祭最優秀作品賞を受賞したヒューマン・ミステリー。アラブ系の母が残した謎の遺言に従って中東の地を訪れた双子の姉弟が、知られざる母の壮絶な過去を紐解いていく。緊迫感あふれるストーリー展開、壮大な映像と情感豊かな演技が圧倒的な印象を残す。

監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演キャスト
ルブナ・アザバル メリッサ・デゾルモー=プーラン マキシム・ゴーデット レミー・ジラール
2001年

  • 2001年7月28日(土)公開
  • 監督、脚本

罪を犯したヒロインの心の再生を描くサスペンス・ミステリー。カナダの新鋭デニ・ビルヌーブが“水”を巧みに用いた幻想的な映像美で、国内外の各賞を独占した1本だ。

監督
デニ・ヴィルヌーヴ
出演キャスト
マリ・ジョゼ・クローズ ジャン・ニコラス・ヴェロー ステファニー・モーゲンスターン ピエール・ルボー

関連ニュース

『メッセージ』から『ブレードランナー』へ。奇才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の挑戦に迫る
『メッセージ』から『ブレードランナー』へ。奇才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の挑戦に迫る(2017年5月18日)

テッド・チャンの短編小説を奇才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化し、第89回アカデミー賞で8部門にノミネートされたSFドラマ『メッセージ』(5月19日公開)。エイ…

得体の知れない吸引力を持つ『複製された男』。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督本人が、その仕掛けを明かす
得体の知れない吸引力を持つ『複製された男』。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督本人が、その仕掛けを明かす(2014年7月18日)

ハリウッドのエンタテインメント作品から、骨太のヒューマンドラマ、アートフィルム寄りの実験的な作品まで。どんなタイプの作品を撮っても一貫した作家性と極上のサスペン…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドゥニ・ヴィルヌーヴ

ムービーウォーカー 上へ戻る