TOP > 人物を探す > マリック・ジディ

年代別 映画作品( 2001年 ~ 2020年 まで合計10映画作品)

2020年

PLAY 25年分のラストシーン

  • 11月6日(金)
  • 出演

25年に渡る主人公の成長を、ホームビデオの映像で振り返る試みの斬新さで話題を集めたフランス映画。1993年。13歳のマックスは、両親から贈られたビデオカメラで、家族や友人たちとの日々を撮影し始める。やがてそれは、彼のライフワークとなり……。主演のマックス・ブーブリル(「ピッチの上の女たち」)は、監督のアントニー・マルシアーノと共同で脚本も手掛けている。2020年6月5日から公開延期。

監督
アントニー・マルシアーノ
出演キャスト
マックス・ブーブリル アリス・イザーズ マリック・ジディ アルチュール・ペリエ
2018年

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

  • 2018年1月27日(土)
  • 出演(Henri Vallin 役)

フランスの後期印象派の画家として、ゴッホやセザンヌらと並び、絶大な人気を誇る画家、ポール・ゴーギャン。40代の頃、制作の場としてフランス領タヒチを訪れたゴーギャンと、そこで出会った女性との愛の物語をつづる人間ドラマ。ヴァンサン・カッセルがゴーギャンを演じ、芸術家の愛と苦悩を体現する。

監督
エドゥアルド・デルック
出演キャスト
ヴァンサン・カッセル マリック・ジディ ツイー・アダムス プア・タウ・ヒクティニ
2016年

ダゲレオタイプの女

  • 2016年10月15日(土)
  • 出演(トマ 役)

黒沢清監督が、オールフランスロケ、全編フランス語で撮り上げた人間ドラマ。ダゲレオタイプという世界最古の写真撮影方法に固執する中年写真家と、そのモデルを務める娘、そして彼女に恋心を抱く助手との悲劇的な愛の物語がつづられる。タハール・ラヒム、オリヴィエ・グルメ、マチュー・アマルリックら実力派が多数共演する。

監督
黒沢清
出演キャスト
タハール・ラヒム コンスタンス・ルソー オリヴィエ・グルメ マチュー・アマルリック
2015年

画家モリゾ、マネの描いた美女〜名画に隠された秘密

  • 2015年6月13日(土)
  • 出演(エドゥアール・マネ 役)

印象派創生期に参加し、マネの絵のモデルを務めた女性画家ベルト・モリゾとマネとの関係を描くドラマ。グザビエ・ヴォーヴォワ監督の「神々と男たち」でセザール賞撮影賞を受賞したカロリーヌ・シャンプティエによる長編監督第1作。出演は、「ココ・シャネル」のマリーヌ・デルテリム、「焼け石に水」のマリック・ジディ。

監督
カロリーヌ・シャンプティエ
出演キャスト
マリーヌ・デルテルム マリック・ジディ アリス・バトード ベランジェール・ボンヴォワザン
2013年

皇帝と公爵

  • 2013年12月28日(土)
  • 出演(オクターブ・ド・セギュール 役)

ナポレオン皇帝が生涯に4度戦い、1度も勝つ事ができなかったイギリス軍のウェリントン将軍。フランス軍のポルトガル征服と彼らに立ち向かうイギリス・ポルトガル連合軍が激突したブサコの戦いを描く歴史ドラマ。前線で戦う兵士だけでなく、女性や戦火に巻き込まれる市井の人々の視線も交え、動乱の時代が浮き彫りにされる。

監督
バレリア・サルミエント
出演キャスト
ジョン・マルコヴィッチ メルヴィル・プポー マチュー・アマルリック ヌヌ・ロプス

恋するローマ 元カレ元カノ

  • 2013年1月12日(土)
  • 出演(マルク 役)

ローマを舞台に、様々な境遇の6組のカップルが織りなす恋愛模様を描いたラブコメディ。出演は「人生、ここにあり」のクラウディオ・ビジオ、「ボローニャの夕暮れ」でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞したシルビオ・オルランド、「副王家の一族」のクリスティーナ・カポトンディ、「題名のない子守唄」のクラウディア・ジェリーニ。

監督
ファウスト・ブリッツィ
出演キャスト
クラウディオ・ビジオ シルヴィオ・オルランド クラウディア・ジェリーニ クリスティーナ・カポトンディ
2012年

裏切りの戦場 葬られた誓い

  • 2012年11月24日(土)
  • 出演(JP 役)

フランスの歴史の汚点ともいわれる1988年のウベア島事件を「クリムゾン・リバー」のマチュー・カソヴィッツが自ら製作、監督、脚本、編集、主演を務め映画化。フランス領ニューカレドニアのウベア島で起きた独立運動の交渉役として派遣された国家憲兵治安部隊大尉の苦悩を描く。共演は「クララ・シューマン 愛の協奏曲」のマリク・ジディ。

監督
マチュー・カソヴィッツ
出演キャスト
マチュー・カソヴィッツ イアベ・ラパカ マリック・ジディ アレクサンドル・ステイガー

ミステリーズ 運命のリスボン

  • 2012年10月13日(土)
  • 特別出演(アルマニャク子爵 役)

ポルトガルの文豪カミロ・カステロ・ブランコの小説を、「見出された時 『失われた時を求めて』より」のラウル・ルイスが映画化。19世紀前半のヨーロッパを舞台に、複雑に絡み合う男女の人生を描く。出演は、「トラフィコ」のアドリアヌ・ルーシュ。ルイ・デリュック賞、米国サテライト賞最優秀外国語映画賞受賞。

監督
ラウール・ルイス
出演キャスト
アドリアヌ・ルーシュ マリア・ジュアン・バストゥシュ リカルド・ペレイラ クロティルド・エスム
2009年

クララ・シューマン 愛の協奏曲

  • 2009年7月25日(土)
  • 出演(ヨハネス・ブラームス 役)

作曲家ロベルト・シューマンの妻クララの生涯を描いたドラマ。シューマンと並ぶ、天才作曲家ヨハネス・ブラームスのミューズでもあった彼女の愛と、真実の姿を音楽と共につづる。

監督
ヘルマ・サンダース・ブラームス
出演キャスト
マルティナ・ケデック パスカル・グレゴリー マリック・ジディ アリーネ・アネシー
2001年

焼け石に水

  • 2001年7月21日(土)
  • 出演(Franz 役)

ドイツの鬼才・故ファスビンダーの未発表の戯曲を仏の気鋭フランソワ・オゾンが映画化。男女4人の奇妙で複雑な恋愛模様をブラックな笑いを交えて描く異色ラブ・サスペンス。

監督
フランソワ・オゾン
出演キャスト
ベルナール・ジロドー マリック・ジディ リュディヴィーヌ・サニエ アンナ・レヴィン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > マリック・ジディ

ムービーウォーカー 上へ戻る